落とし穴

大手から大手への転職には思わぬ落とし穴が!

新卒から大手企業で働いている人は、転職でも大手を志向する傾向にあります。自分にふさわしい組織という理由が大半ですが、「転職してわざわざ会社を変える意味がどこにあるのか?」と首を傾げたくなります。

何故なら、大手から大手に転職した人の多くが「長続きせず辞めている」という現状があるからです。主な理由は「同僚と比べて正しく評価されていない」「社内でアウェー感を感じる」「仕事の領域が狭くなった」などです。でも、実はこれよく考えたら当たり前のことなんですね。それにも関わらず、ただ単に「大手出身だから、次も当然大手だ!」と漠然とした考えで転職に臨むと痛い目を見ます。

そんな大手に潜む「落とし穴」を解説していきます。

 

大手企業は「外様」に優しくない!

大手企業というのは「新卒重視」の風潮が今でも根強く残っており、その中から、将来の幹部候補が育てられます。しかも、終身雇用がほぼ確立されているので、外部からの流入者は「本流」に乗れない傾向にあります。その為、外様である転職組は組織内で地位が下がってしまうことが多いんです。

新卒採用する大手が中途採用を行う目的は、「退職者の穴埋め」という主旨が強いです。その為、評価においては他の同僚と同等、あるいはそれ以下となることが多く、地位向上を妨げます。また、大手企業は分業化が進んでいるので、職域が狭いというのも特徴です。その為、仕事の領域を広げる(新たなキャリアを積み上げる)ために転職したが、結局は仕事のレベルが下がったというのもよくある話です。

それがやがて不満となり、結局は再転職の道へ・・・。
こんな人が案外多いのが、大手から大手への転職です。

もちろん、全ての企業がそうではないですし、全ての転職者が該当するわけではありません。ただ、この傾向が強いことは疑いようのない事実です。だから、今、大手企業で働けているのであれば、同じ大手を求めることには熟考をおすすめします。(明確な理由があれば別ですが・・・)

大手に中途採用で入社し、組織の中に埋もれるような転職は、結果において意味がないケースがとても多いですから。

大手企業出身という肩書きに頼ってはいけない!

大手企業出身者は、自社が世間から注目されていると勘違いする傾向にあります。「大手出身だから、需要が高い人材である」と信じているわけですが、実は転職市場での評価は思ったほど高くありません

大手企業は組織化されているので役割分担が明確であることが多く、このことが職務領域を狭め、年齢の割には経験が積めていないという状況を生み、転職に不利な要素となることがあるからです。更に、組織に守られているため「常にこうあるべき」という凝り固まった考えに支配されており、環境適応力が低く、メンタルもあまり強くないという評価をされている実状もあります。

これらの要素が相まって、大手出身者でも転職に苦労する人は後を絶ちません。それ故に、転職を決意したのならば、大手企業出身という肩書きに頼ることなく、万全の準備を持って活動に臨んで下さい。

中途採用を行う企業は、「せっかく大手優良企業に入れたのに、何故辞めるんだろう?」「何か問題(欠陥)があるのでは?」という目線で大手出身者を見ています。だから、転職理由や志望動機がより重要になると考えておきましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 裏側

    エージェント

    転職エージェントの「裏側」を知って利用すれば失敗はなし!
  2. ソーシャルメディア

    転職活動

    転職活動で気を付けるべき注意点!あなたのSNSは見られている!
  3. ヘッドハンティング

    転職の考え方

    ヘッドハント転職とは?意味を知らずして成功は得られない!
  4. 面接

    転職面接「希望職種に就けない可能性もありますが」の質問に対する回答例
  5. 判断

    エージェント

    転職エージェントを使うべきか迷った時の判断基準!
  6. ガッツポーズ

    転職の考え方

    仕事がきつい!が転職理由の場合は「勝ち逃げ」するのが吉!
  7. 経歴職歴

    面接

    転職面接「経歴(職歴)」の回答例と重要な訴求ポイント
  8. 転職の現実

    転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!