エージェント

転職エージェントが「食事」を誘う3つの理由と対策!

三本

転職エージェントの担当者から「食事」に誘われた...。

基本、エージェント各社は求職者との私的な関係を禁止しているので、普通はあり得ないことですが、時にはあるようですね。

求職者からすると疑問を感じる部分ですし、その「意図」が気になりますよね。

この理由としては、以下の3つが有力です。

  1. 超優良人物として期待されている
  2. 転職決定のお礼と継続勤務の布石として
  3. 異性として興味を持っている

各ケースの詳細と対策(考え方)をお伝えしていきます。

 

 

超優良人物として期待されている

ワンツースリー

エージェントへの申し込み後すぐに誘われた場合は、「市場価値の高い人物」として期待されている可能性があります。

面談は基本的にエージェントの「支社(拠点)」に求職者が足を運んで行いますが、絶対に逃したくない人に対しては担当者が出向くこともあります。

面談ですが、軽く食事でもしながらどうですか?

一度も会ったことがない段階でこんな誘いがあれば、あなたはとても期待されているのかもしれません。

  • 市場価値が高い人物なので、売上に繋がる可能性が高い
  • だから、絶対に逃したくない
  • 是が非でも自分の元で転職先を決定してもらいたい

この種の思惑があり、誠意を見せ、親身に対応して恩を売るのです。

このパターンに該当する場合は、誘いに乗るかはあなた次第です。

  • 食事をしながらでも問題なければ、素直に応じればいい
  • 食事なんて行きたくなければ断ればOK

「食事を断ったら対応が悪くなるのでは?」といった心配もあるかもしれませんが、仮にそんな程度の低い担当者ならハナから期待できません。

そんな担当者と関係を続ける方が時間の無駄なので、さっさと見切りをつけて別の会社に進みましょう。

 

食事の誘いに乗った場合の注意点!

仮に食事に行ったとしても「恩」を感じる必要はありません。

というか、絶対に感じてはいけません!

何故なら、「食事を御馳走になったから、この担当者の元で転職先を決めなくては!」などの考えは、正常な判断を妨げる原因となるからです。

  • 食事に誘ってきたのは「売上に繋げたい」というエージェント側の都合である
  • 恩を感じて転職先の選択を誤っては、不幸になるのはあなたである

この事実だけはしっかりと認識しておいて下さい。

「担当者のために」という感情は、あなたの転職を失敗に導く危険な感情である!

その意味で、本当は食事なんて行かないのが正しいのかもしれませんね。

 

 

転職決定後はお礼と今後の継続勤務を促す意図がある

ビジネスマン選択

コンサルタントからすると、自身の担当する求職者が、内定を獲得して入社を決断してくれることほど嬉しいことはありません。

  • 会社から厳しい「営業ノルマ」を背負わされている
  • ゆえに、売上獲得は何よりも嬉しい要素
  • 本当にお礼の意味を込めて食事に誘う

しかし、このパターンにも、「入社後の即退職を防ぐため」という裏の意図も隠されています。

というのも、エージェント経由で転職した人が短期間で辞めてしまうと、「企業にコンサルフィの一部を返還しなければならない」といった契約が存在するからです。

ノルマに追われる担当者にとって、これが結構な痛手なんですね。

だから、食事の席で以下のように囁き、すぐに辞めないように念を押すんです。

  • 何か辛いことがあっでも頑張って下さい
  • 最初は戸惑うところがあるかもしれませんが、それは当たり前ですよ
  • 何か困ったことがあったらすぐに相談して下さい

転職先決定後の誘いに関しては、大きな悪影響は考えられないので、素直に判断すれば問題ありません。

但し、「お世話になったし誘いに応じた方が...」といった変な気遣いは一切必要ありません。

担当者はそれが仕事であり、あなたの転職先決定が何よりも嬉しい恩返しになっていますので!

 

 

異性の場合は恋愛感情も無きにしも非ず

恋愛

担当者が異性の場合は、この可能性も捨てきれません。

異性の担当者に食事に誘われた場合は、「求職者」と「担当者」という以上の関係を望まないのであれば、断るのが無難!

前述の通り、コンサルタントは求職者との私的な関係を禁じられています。大手有名エージェントであれば特にそうです。

ゆえに、断ったことで態度が変わるようなら、理由込みで担当者変更を要望するか、他社の利用を検討して下さい。

求職者の転職を実現する役割を担っているにも関わらず、自分の欲望を満たすために、その立場を利用する輩は信用できないですからね。

 

 

転職エージェントによる食事の誘いに関する総評!

ビジネス教え

結局、転職エージェントが食事を誘うのは、全てがエージェント側の都合によるものである!

これが実態なので、基本的には断るという選択が最良なのかもしれません。

前述のどの理由に該当するのか、これを正確に測り知るのも簡単ではないですしね。

  • 私はエージェント利用時に食事に誘われたことはありません
  • ですが、仮に誘われたとしても絶対に行きません
  • 何故なら、担当者と食事するためにエージェントを利用したわけではないからです

転職エージェントは、自分の転職を成功させるためだけに利用すべきで、エージェントの都合に振り回されてはいけません。

食事の誘いに乗るかは個人の判断で問題ありませんが、転職の目的だけは見失ってはいけません。

関連情報!

危険
転職エージェントは危険で怖い存在であることを認識して利用しよう!

続きを見る

決定率
参考エージェントの転職決定率ってどれくらい?を検証してみた!

続きを見る

 

20代・若年層向けの特化型エージェント!

第二新卒エージェントneo

第二新卒、既卒、フリーターの転職・就職に特化したエージェント!

一般的なエージェントでは敬遠されがちな「社会的弱者」&「学歴弱者」に強く、親身なサポート(1人あたり平均8時間)を強みにする会社です。

いい就職ドットコム

第二新卒・既卒未就職者・留学帰国者・新卒をメインターゲットとする就職(転職)支援サービスです。

取り扱い求人の「質」にこだわりを持つ会社で、一般的なエージェントとは異なり、事前にある程度の求人の閲覧も可能です。

マイナビジョブ20s

マイナビ唯一の20代専門の転職支援サービスです。

第二新卒・既卒未就職者を中心に、20代の支援に特化しており、この「専門性」にこそ大きな利用価値があります。