三本

転職エージェントが「食事」を誘う3つの理由と対策!

転職エージェントの担当者から「食事」に誘われた…基本的にこんなことはあるべきではないのですが、時にそうしたことがあるようですね。求職者からすると疑問を感じる部分ですし、その「意図」が気になりますよね。

この理由としては、以下の3つが有力です。

  1. 超優良人物として期待されている
  2. 転職決定のお礼と継続勤務の布石として
  3. 異性として興味を持っている

各ケースの詳細と対策(考え方)をお伝えしていきます。

 


 

1.超優良人物として期待されている

エージェントへの申し込み後すぐ(面談前 or 食事しながら面談)に誘われた場合は、「市場価値の高い人物」として期待されている可能性があります。

面談は基本的にエージェントの「支社(拠点)」に求職者が足を運んで行いますが、絶対に逃したくない人に対しては担当者が出向くこともあります。

「面談ですが、軽く食事でもしながらどうですか?」

一度も会ったことがない段階でこんな誘いがあれば、あなたはエージェントからめちゃくちゃ期待されている可能性があります。エージェントからすると、「市場価値が高い人物なので売上に繋がる可能性が高い」と判断したわけです。絶対に逃したくないので、誠意を見せ、親身に対応して恩を売ります。

このパターンに該当する場合は、特に危惧するところはないので、誘いに乗るかはあなた次第です。食事をしながらでも問題なければ素直に御馳走になればいいし、食事なんて行きたくなければ断ればOKです。

食事の誘いに乗った場合の注意点

仮に食事に行ったとしても「恩」を感じる必要はありません。というか、感じてはいけません。

何故なら、「食事を御馳走になったから、この担当者の元で転職先を決めなくては!」などの考えは、正常な判断を妨げる原因となるからです。食事に誘ってきたのは「売上に繋げたい」というエージェント側の都合なので、あなたは自分の意思を貫くことです。

2.転職決定後はお礼と今後の継続勤務を促す意図がある

転職コンサルタントからすると、自身の担当する求職者が、内定を獲得して入社を決断してくれることほど嬉しいことはありません。コンサルタントは会社から厳しい「営業ノルマ」を背負わされているので、売上獲得は何よりも嬉しい要素だからです。

そのため、本当にお礼の意味を込めて食事に誘うこともあるようです。しかし、このパターンにも、「入社後の即退職を防ぐため」という裏の意図も隠されています。

というのも、エージェント経由で転職した人が短期間で辞めてしまうと、「企業にコンサルフィの一部を返還しなければならない」という契約があるからです。これが大きな痛手なんですね。

だから、食事の席で「何か辛いことがあっでも頑張って下さい」「最初は戸惑うところがあるかもしれませんが、それは当たり前ですよ」「何か困ったことがあったら相談して下さい」などと、すぐに辞めないように念を押すんです。

転職決定後の誘いに関しても、あなたの考えで判断すればOKです。裏の意図なんてのは求職者に関係のない部分なので、食事に行っても良いと思える担当者なら行けばいいし、行きたくなければ断ればOKです。

 


 

3.異性の場合は恋愛感情も無きにしも非ず

担当者が異性の場合は、この可能性も捨てきれません。基本的にエージェントは、会社の規定で求職者と私的な関係を持つことを禁じられていますが、中には質の悪いコンサルタントがいるようです。

そのため、異性の担当者に食事に誘われた場合は注意が必要で、「求職者」と「担当者」という以上の関係を望まないのであれば、「基本的には断る」という選択が無難です。

求職者の転職目的を実現する役割を担っているにも関わらず、自分の欲望を満たすのに仕事を利用する輩は信用できません。そんな低レベルのコンサルタントに付き合う必要はないですし、はっきり言って時間の無駄です。

もし、このパターンに該当することを感じ取ったとしたら、理由込みで担当者変更を要望するか、他社の利用を検討して下さい。あなたの転職の妨げになるエージェントと付き合う必要はありません。

転職エージェントによる食事の誘いに関するまとめ

結局、転職エージェントが食事を誘うのは、全てがエージェント側の都合によるものなんですね。また、前述した3つの理由のどれに当てはまるのかを正確に測り知るのは難しいので、基本的には断るというのが最良の選択かとは思います。

私は転職エージェント利用時に食事に誘われたことはありませんが、仮に誘われたとしても絶対に行きません。何故なら、担当者と食事するためにエージェントを利用したわけではないからです。

もしかすると、「食事を断ると、今後のサポートに影響するかもしれない…」なんて心配をしている人もいるかもしれませんが、断ったことで不利益を被るようなエージェントに利用価値はありません。

転職エージェントは、自分の転職を成功させるためだけに利用すべきで、エージェントの都合に振り回されてはいけません。食事の誘いに乗るかは個人の判断ですが、転職の目的だけは見失ってはいけません。

 


 


関連記事


有益な転職サイト