リクナビNEXT

リクナビNEXTの登録方法(画像付)解説

リクナビNEXTの登録方法について解説していきます。

登録は「リクナビNEXT」公式サイトへアクセスして下記を参考に行って下さい。

リクナビNEXTの初期登録方法

ここでは、リクナビNEXTを利用するにあたって必要な初期登録の方法を解説します。

1.公式サイトの「ご登録はこちらから」ボタンをクリック
リクナビNEXT登録画面1

 
2.メールアドレスを入力後、「同意して仮登録メールを送信」ボタンをクリック
ここで登録したメールアドレスがログインする際に使用するIDとなります。メールアドレスは任意で何でも構いませんが、Yahoo!メールやG-mailなどのフリーのメールアドレスでの登録がおすすめです。
リクナビNEXT登録画面2

 
3.メール内の本登録用のURLをクリック
上記2で登録したメールアドレス宛に「会員登録手続きのお願い」という主旨のメールが送信されてきます。そこに記載されている本登録用のURLをクリックすればOKです。
リクナビNEXT登録画面3

登録用メールが届かない場合は「リクナビNEXTに登録できない時の対処法」を参照下さい。

 
4.会員情報を入力
上記URLをクリックすると会員情報入力画面へと推移します。必要箇所入力後、画面下部の「入力内容確認」をクリックすればOKです。
リクナビNEXT登録画面4

青枠内は任意入力箇所ですが、求人応募の際は入力が必要となりますから同時に入力しておきましょう(登録完了後、マイページ内の登録・設定ページからでも入力可)。
リクナビNEXT登録画面5

 
基本的にここまでの入力で初期登録は完了で、ログインや求人閲覧が可能になります。自動的にスカウト情報登録画面に推移しますが、スカウトを利用しない場合は継続して入力する必要はありません。また、スカウト情報に関しても後から登録可能ですから、利用することを決定してから設定すればOKです。

登録後から応募するまでの設定方法

初期登録完了後、求人に応募するにはレジュメの設定が必要になります。希望の求人が見つかった時に即応募できる様に早めに登録は完了させておきましょう。

1.マイページの「登録・設定情報」をクリック
リクナビNEXTレジュメ登録1

 
2.求人応募には青枠の「プロフィール」「学歴・語学・資格」「経験職務チェック」「職務経歴」の登録が必要になります。
職務経歴の主な職務内容の入力に少し時間を要しますが、企業が最も注目すべきところとなりますから記入例を参考に正確に入力しましょう。その他の項目は事実関係を打ち込んでいくだけなので短時間で完了できます。
リクナビNEXTレジュメ登録2

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  2. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  3. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  4. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  5. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  6. 2016.11.03 | 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  7. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  8. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!