了承

転職面接「家族の理解を得ているか?」を聞く企業側の意図と回答例

転職の面接では、家族や周りの方の理解を得ているかを尋ねられることがあります。

  • 今回の転職に際し、ご家族の方の理解(賛同)を得ていますか?
  • 転職することに家族や周りの方は了承済みですか?

結婚して家庭を持っている人はもちろんのこと、両親や恋人からの意向が強く働く「若年層の転職者」も問われることが多い質問です。「何故こんなプライベートなことを聞くんだ?」と不快に思う方もいるかもしれませんが、もちろん、この質問にも意図があります。

ここは、企業の質問意図をしっかりと理解し、適切な回答を準備しておきましょう。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

まずは、この質問を投げかけてくる企業側の質問意図を把握しておきましょう。

  • 入社直前の辞退を避けるため
  • 最低限の根回しができる人物かどうかを探るため

実は、転職者の中には「家族や大切な人に何も知らせずに活動に臨んでいる人」が結構おられます。そして、内定が出た後にその事実を伝え、強烈な反対にあって転職を断念(内定を辞退)する…といった人が一定数存在するのです。

これ、採用側の企業にとっては最悪の事態で、絶対に避けたいことなんです。これまでの選考が無駄になる可能性があり、内定後から時間が経過していると第二候補者にも断られる可能性が高いからです。だから、企業側はこの質問でそれを探ります。

もう一つ、最低限の根回しができる人物なのかを探る意図もあります。

仕事を円滑に進めていく上で「根回し力(気遣い)」は絶対に必要です。また、転職は人生の一つの分岐点であり、他者に大きな影響を与える可能性もあります。そんな重要なことにも関わらず、家族・両親・恋人に話しておらず独断で進めている…これ、根回し力が低い人と見なされ、仕事も期待できないと捉えられます。

この点に問題がない人物かどうかも企業は探っているわけです。

 

 

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答」について見ておきましょう。

「いいえ、まだ周りには今回の転職について話しておりません。」
 
「転職は自分自身のことですから、家族にも話しておりません。」
 
「もういい大人ですし、私自身のことですから、承諾を得る必要はないかと思います。」

まず、話していない(理解を得ていない・了承を得ていない)という回答自体が心証が悪いですし、仮に話していないならば、「話していないが問題ない」とするフォローがないといけません。

2つ目の回答は、自分勝手な人で周りに及ぶ影響を考えられない人と捉えられます。既婚者は特に考慮すべきですが、配偶者は転職による「経済面の変化」や「居住地域の変更」など、様々な不安や心配を抱いてるものです。これを全て無視して、「独断で転職に臨んでいる事実」は良しとされないでしょう。

最後は、正論ではありますが、悪い印象を持たれる可能性があるので避けるべきです。この種の回答を述べる場合も、「正論+絶対に大丈夫とする根拠」を一緒に語る必要があります。

OK回答例

この質問の回答としてはどんな内容が適切なんでしょうか。
OK回答例からそのポイントを探りましょう。

結婚して3年目になりますが、前々から妻には転職の件はきちんと伝えてあります。当初は、「今の安定している生活を考えれば、転職する必要はないのでは」と、どちらかというと転職には反対しておりました。ですが、転職の必要性をしっかりと話し、経済面での不安がないことを伝えることで、現在は承諾してくれています。
 
<ここから先は付け足してもOKな例文です>
この転職で給料が下がるのは覚悟していますし、妻も子供やマイホームは少し先にしようと言ってくれています。家族の応援を無駄にしないよう、御社に入社できましたら全力で仕事に励み、一日でも早く戦力として認めていただけるように頑張る決意でおります。

この回答例はでは、「キーパーソン」にきちんと根回しをしていることが伝わりますし、後半部分の決意表明から入社後の頑張りも期待できます。この回答ならば、企業側も安心して内定が出せますよね。

まとめ

この質問の回答は「理解を得ている or 得ていない」の二択です。

もちろん、回答として適切なのは「理解を得ている」の方になります。理解を得ていないという回答は、「それでも大丈夫」というフォローを付け加えたとしても、相手に不安を与えるだけです。つまり、そこにはデメリットしかないわけで、内定獲得を最優先に考えるのであれば不適切です。

また、しっかりと「キーパーソン」に根回しできているかも重要です。

既婚者は配偶者。
独身の人は両親や恋人。

あなたにとってのキーパーソンをしっかりと考えて回答に入れ込みましょう。要は、企業側に「内定を出しても大丈夫だ」という安心感を与えればOKだということですね。

こんな簡単な質問で評価を下げることだけは避けましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング