質問回答

転職面接で「辞める必要はないのでは?」と問われた時の回答例

転職の面接で問われて焦ってしまう質問が存在します。

その退職(転職)理由なら、前職を辞める必要は無かったのでは?
高い実績があり、それなりの待遇であったのに、なぜ辞める必要があったんですか?

これは、前職でも実現可能であるだろうことを退職(転職)理由として語った場合、または自己アピールの際に高い実績などを掲げた際に問われることがあります。

企業側からすると、一見すると辞める必要のない状況にも関わらず辞めるということは、「何かそうせざるを得ない状況があったからではないか」と疑ってしまうんですね。例えば、「実は語っていない負の理由が存在する」「何か問題を起こしたんではないか」などです。

ですから、ここは焦ることなく「前向きで先を見据えた動機があること」を伝えなければなりません。ただ、想定していないと上手く答えることが難しい質問ですから、下記の回答例を参考に「あなたなりの回答」を準備しておきましょう。

 

NG回答例

実際の面接でよくありがちな「NG回答」についていくつか取りあげておきます。

「転職して環境を変えることで、更にキャリアアップを図るためです。」
 
「実績からすると、待遇が良かったとは言えませんでしたね。平等な評価基準がある会社だとは思えなかったことが理由です。」

 
キャリアアップと一見前向きな回答のようですが、この言い方だと「現実が見えていない、悪い意味で楽観的な人物」と思われかねません。キャリアアップを図るための具体的かつ説得力のあるプランを語らないと、考えが甘いと評価されます。

下の例は、「好待遇を捨ててまで~」という問いに対して、「いやいやそんなことはありませんでしたよ」とここに来ていきなり会社の不満を語り出すパターンですね。不満に基づく転職理由はNGですし、「あなたの本音はここなんですね」とマイナスのイメージで捉えられます。

OK回答例

この質問はどんな回答が適切なのか、OK回答例からそのポイントを探りましょう。

「確かに前職では一定以上の実績を残すことができました。仕事は面白かったですし、職場も良い雰囲気だったので、そのまま続ける選択肢もありました。ただ、元々志望していた〇〇の方向に進むべく、退職を決意しました。
確かに今のポジションを失うのは怖いですし、周りからももったいないと言われます。しかし、この先〇〇でキャリアを築いていくという決心は固く、1年前から周到に準備してきました。ですから、この度、退職を決意した次第です。」
 
「確かに前職ではそれなりの実績を挙げてきたつもりですし、給与も同業他社よりも多く、待遇面も良かったと思います。このことは、転職活動をすればする程、実感しております。しかし、家族が一級建築士として仕事をしている関係もあり、以前から将来的には「建築設計」に関わる仕事に就きたいという想いを抱いていました。そして、異業種へのチャレンジは30歳までと言われていますから、チャンスは30代になる前の今しかないと考え、前職を退職した次第です。
また、元来、安定志向があるわけでもなく、処遇がいいことになびく性格でもありません。むしろ、念願の仕事に就けるのであれば、条件などはゼロからスタートでも構わないと思っています。」

 
これらの例文に共通することは「謙虚に前職の実績や環境を語りつつ、自身のキャリアへの想いにシフトして退職に至る経緯を説明できているところ」です。NG例のように、前職の不満を語ることとは真逆であることが分かるかと思います。
また、「1年前から周到に準備」「以前からの想い」を交えることで、この転職が突発的でないことをアピールできており、話に信憑性を持たせることができています。

これらのポイントを押さえて語ることで、面接官も素直にこの退職理由を受け入れてくれるでしょう。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  2. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  3. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  4. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  5. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  6. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  7. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  8. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!