質問回答

転職面接で「辞める必要はないのでは?」と問われた時の回答例

転職の面接において、転職理由や自己アピールに採用側が疑問を抱くと、以下のようなツッコミを受けることがあります。

  • その退職(転職)理由なら、前職を辞める必要はなかったのでは?
  • 高い実績とそれなりの待遇があったのに、なぜ辞める必要があったんですか?

これは、前職でも実現可能であるだろうことを「退職(転職)理由」として語った場合、または自己アピールの際に高い実績などを掲げた際に問われることがあります。

企業側からすると、「辞める必要のない状況にも関わらず辞めるということは、何かそうせざるを得ない状況に追い込まれたのではないか?」と疑ってしまうんですね。その結果、「実は語っていない負の理由が存在する」「何か問題を起こして辞めた可能性がある」と勘ぐるのです。

それ故に、ここでは焦ることなく「前向きで先を見据えた動機があること」を伝えなければなりません。ただ、想定していないと上手く答えることが難しい質問なので、下記の回答例を参考に「あなたなりの回答」を準備しておきましょう。

 

 

NG回答例

実際の面接でよくありがちな「NG回答」についていくつか取りあげておきます。

「転職して環境を変えることで、更にキャリアアップを図るためです。」
 
「実績からすると、待遇が良かったとは言えませんでしたね。平等な評価基準がある会社だとは思えなかったことが理由です。」

 
キャリアアップと一見前向きな回答のようですが、この言い方だと「現実が見えていない」「悪い意味で楽観的な人物」と思われかねません。キャリアアップするための具体的かつ説得力のあるプランを語らないと、考えが甘いと評価されます。

下の例は、「好待遇を捨ててまで~」という問いに対して、「いやいやそんなことはありませんでしたよ」と会社の不満を語り出すパターンです。不満に基づく転職理由は絶対にNGであり、「あなたの本音はここにあるんですね」とマイナスのイメージで捉えられます。

 

OK回答例

この質問はどんな回答が適切なのか、OK回答例からそのポイントを探りましょう。

「確かに前職では一定以上の実績を残すことができました。仕事は面白かったですし、職場も良い雰囲気だったので、そのまま続ける選択肢もありました。ただ、元々志望していた〇〇の方向に進むべく、退職を決意しました。
確かに今のポジションを失うのは怖いですし、周りからももったいないと言われます。しかし、この先〇〇でキャリアを築いていくという決心は固く、1年前から周到に準備してきました。ですから、この度、退職を決意した次第です。」
 
「確かに前職ではそれなりの実績を挙げてきたつもりですし、給与も同業他社よりも多く、待遇面も良かったと思います。このことは、転職活動をすればする程、実感しております。しかし、家族が一級建築士として仕事をしている関係もあり、以前から将来的には「建築設計」に関わる仕事に就きたいという想いを抱いていました。そして、異業種へのチャレンジは30歳までと言われていますから、チャンスは30代になる前の今しかないと考え、前職を退職した次第です。
また、元来、安定志向があるわけでもなく、処遇がいいことになびく性格でもありません。むしろ、念願の仕事に就けるのであれば、条件などはゼロからスタートでも構わないと思っています。」

 
これらのOK回答に共通することは、「謙虚に前職の実績や環境を語りつつ、自身のキャリアへの想いにシフトして退職に至る経緯を説明できているところ」です。NG例のように、前職の不満を語ることとは真逆であることが分かりますね。

また、「1年前から周到に準備」「以前からの想い」を織り交ぜることで、この転職が突発的でないこともアピールできています。これらのポイントを交えて語ることで、面接官も素直に退職理由を受け入れてくれるでしょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 会社の評判

    転職サイト

    会社の評判の「信憑性」から口コミの信用度を探る!
  2. グラフ

    転職の考え方

    転職する人の割合い(転職率)と賃金変動率を考察!
  3. パソナキャリア

    エージェント

    パソナキャリア比較!他エージェントとの明確な違いを知ろう!
  4. 写真

    履歴書

    書類選考で送付する履歴書には写真を貼るべきか否か?
  5. ハタラクティブ

    エージェント

    ハタラクティブは「高卒」でも利用可能?最終学歴を考察!
  6. 3大転職サイト

    転職サイト

    大手転職サイト(リクナビ・マイナビ・エン)特徴比較!
  7. 結果

    転職の悩み

    転職活動を半年以上しているが決まらない・・方法を見直してみませんか?
  8. 働く女性

    女性の転職

    30代女性が事務職への転職でアピールすべき「安心・安定感」とは?