やる気

転職面接でアピールすべき「やる気」を勘違いしてはいけない!

面接で「入社意欲」や「就業意欲」を熱く語り、「やる気」をアピールすることはもちろん大切なことです。

「やる気だけはあります!」
「とにかく頑張ります!」
「入社後はいち早くスキルを身に付け貢献します!」

確かに冷めていて暗い人よりは「好印象」でしょう。
ですが、好印象なだけで内定を勝ち取ることはできません。

何故なら、やる気がある、頑張る、これは当たり前のことだからです。会社は慈善事業ではないので、「やる気がある」という理由だけで採用することはありません。新卒採用ならまだしも、社会人経験を持つ人材を募る転職では尚更です。

まずはこの事実をしっかりと認識しておきましょう。
そして、転職面接でアピールすべき「やる気」を理解しておきましょう!

 

面接でアピールすべき「やる気」とは?

転職では「企業が求める経験・スキル = あなたの持つ経験・スキル」がマッチして初めて採用が検討されるので、面接では「応募企業の求める条件を満たした人物であること」をアピールする必要があります。

ただ、アピールするような経験やスキルが無いこともあるかと思います。特に、未経験分野への転職を考えている人は「何をアピールすべきか」で頭を悩ましますよね。

そこで「やる気」をアピールしたいと考えます。
そして、どうすれば「やる気」が伝わるかを考えます。

声の大きさでしょうか?
話し方でしょうか?
表情でしょうか?
入社後の意欲を熱く語ることでしょうか?

でも、冒頭で挙げた「やる気」はいくらアピールしても内定は貰えません。つまり、転職の面接でアピールすべき「やる気」とは、この「気持ちのやる気」ではないんですね。

転職で採用側が「やる気がある」と見なしてくれるのは以下の要素です。

その分野についてどれだけ研究しているか
自社についてどこまで研究しているか
その分野で必要とされる知識の習得に取り組んでいるのか

企業からすると、本当に「やる気」があって自社で働きたいと考えているのなら、面接では上記の3点を示して欲しいと考えています。また、本当にやる気があるのなら「当然やっているだろう」という目線で見ています。

それ故に、応募者がアピールすべきは「入社させてくれたら精一杯頑張ります!」というやる気ではなく、「どうしても入社したいので、これだけやってきました!今やっています!」というやる気なんですね。

別の言い方をすると「入社後、学ばせてもらう」という姿勢ではなく、「既に勉強を始めている」「会社や業界のことをこれだけ調べてきました」などの積極的な姿勢をアピールしなければならないということです。

このアピールすべき「やる気」を勘違いしていると、いつまでたっても内定を勝ち取ることができません。

「この分野についてよく研究しているな!」
「当社のことをよく調べているな!」
「経験者に劣る部分を埋めようと既に勉強を始めているんだな!」

採用側にこう思わせることができて初めて「この人は本当にやる気があるんだな」と感じてもらえます。ここに過去の会社での経験や実績も加味して、「この人なら当社に入っても(未経験でも)活躍してくれそうだ」となって初めて採用へと繋がります。

あなたも、面接では適切な「やる気」をアピールしましょう!

それが内定への近道です。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  4. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  5. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  6. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  7. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  8. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)