ポイント

面接でマネジメント・部下育成の経験を伝える時の重要ポイント!

中途採用の現場では、ある程度の年齢(特に30代以上)に差し掛かった求職者に対して、「マネジメント」や「部下育成」の能力を求めるようになります。

その為、年齢を重ねるほどに面接で問われる機会が増えてくるのですが、この手の質問をされた時は、マネジメントらしい考え方を披露しながら、具体的なエピソードを交えて話すことがポイントになります。

たとえ、あなたがプレイヤーとして優秀な実績を残しており、そこを強くアピールしたいと考えていたとしても、ここでは「リーダーとしてのマネジメント経験にフォーカスして話すこと」が求められています。

というのも、「名選手は名監督になれない」という格言があるように、ビジネスの世界でも、トップ営業マンで、かつ優秀なマネージャーであるという人はほんの一握りだからです。よって、この質問がなされた時は、その面接の中で「大きな山場を迎えている」ということを認識しておく必要があります。

マネジメントらしい考え方とは?

マネジメントと聞くと、「部下を持って業務を遂行した経験」と捉えられがちですが、ただそれだけではありません。その為、適切な答えを示すためには、「マネジメントらしい考え方」というのを理解しておく必要があります。

マネジメント経験を伝えるというのは、要するに「戦略的な考え方」を示すことを言います。「部下を育成する」「チーム全体のパフォーマンスを向上させる」「部門の予算管理に責任を持つ」「ビジネスを拡張させる」などの要素があります。

つまり、この手の質問では、「チーム全体のパフォーマンスを向上させるために、私は〇〇といった計画を立て、それを遂行して成功させた」というリアルな話が求められているのです

企業からより高い評価を得られるマネジメント経験

たとえば、自分の部下にハイパフォーマーがいた場合、ついその人物の活躍を話したくなります。しかし、能力が高い人は「マネージャーの力量に左右されることなく成果を出す」ものであるため、この話だけではマネジメント能力は評価さません。

反面、企業から高い評価を得られるのは、ローパフォーマーを平均以上のレベルに育て上げたエピソードです。何故なら、これは間違いなくマネージャーの力量に左右されるからです。この類の具体的なエピソードを持っている人は、迷わずその話を展開しましょう。

また、チーム全体のパフォーマンス向上に関する話をするときは、「上司をどう動かしたか」という話と、「部下をどう動かしたか」という両方向から話すのがポイントです。というのも、中間管理職はどの会社においても大切な役割であり、この点で秀でた才能を持っている人は高く評価されるからです。

実績を数値で示してインパクトを高める

エピソードを話す際は、実績を数値で示すことも重要です。

営業部門などであれば、実績を数値化しやすく、「予算比140%達成」「前年比150%」と言えばインパクトがあります。一方で、実績を数値化しにくい部門というのもあるかと思いますが、そこは何とか工夫して実績を分かり易く伝えるよう努めて下さい。

やはり、数値化しているのとされていないのとでは、相手に与えるインパクトに大きな差が生まれます。

<マネジメント・部下育成の経験を伝える時のポイント>
 
マネージャーらしい「物の考え方」と「立ち振る舞い」を持って、具体的なエピソードを数値を交えて語ること!

ここを意識してあなたのマネジメント能力(リーダーとしての気質)を示して下さい。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. ハタラクティブ

    エージェント

    ハタラクティブの評価とターゲットを徹底調査!
  2. リクルートロゴ

    エージェント

    リクルートエージェントで「面談なし」となってしまう悲しい理由!
  3. スキル

    転職の悩み

    転職スキル一覧!あなたは「スキルがない」と思い込んでいるだけ!
  4. 転職会議

    心得, 転職の考え方

    転職会議の信憑性を知ってやってはいけないことを防ごう
  5. 転職サイト

    初めての転職, 転職サイト

    転職サイトとは?その特徴と有効な使い方
  6. テスト

    面接

    面接「あなたは弊社で何ができますか?」の答え方と模範回答例!
  7. マイナビエージェント

    エージェント

    マイナビエージェントの「特徴」は利用に値するかを検証!
  8. 二つの選択肢

    エージェント, 転職サイト

    転職サイトとエージェントの違いを知ることが成功への近道