linkedln

Linkedlnの利用で転職を成功できるのは、超ハイスペック者のみ!?

LinkedlnはSNSとしてはフェイスブックよりも歴史が古く、当初から転職などのビジネスを目的としています。その為、ヘッドハンター等が多く回遊していており、普通なら巡り合えないようなチャンスに恵まれる可能性があります。

しかし、対象者はワールドワイドで通用するような、「超ハイスペックの経験・スキルを有する人」であると認識しておくのが無難です。例えば、一流大学卒で超大手企業に勤務、英語が堪能、米国MBAホルダー、みたいな人です。

要は、日本の人材紹介会社(エージェント)に登録し、全ての会社から最重要人物として引く手あまた、といったレベルの人でないと利用価値は低いです。低スペックの人が、「Linkedlnに登録した途端に多くの声掛けが」なんてことは絶対にありません。

もちろん、Linkedlnに登録することで「自分自身の価値を計る」という使い方は悪くありません。ただ、過度な期待は禁物で、Linkedlnの更新にばかりに勤しむような活動はおすすめできません。利用するならば、数あるツールの中の一つとして活用することです。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  2. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  3. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  4. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  5. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  6. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  7. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  8. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説