家族

既婚者の転職成功は事前の相談が鍵を握る!

転職に失敗した結果、離婚する羽目になってしまった・・・。

まさか!?と思われるかもしれませんが、既婚者が家族(夫・妻)に黙って転職活動を行ったことによって引き起こされるよくある事象です。

もしあなたが転職活動を家族に黙って行っているのなら、それは絶対に間違いです。何故なら、家族は運命共同体であり、あなたの転職の影響をもろに受ける存在だからです。結果だけを伝えても家族はついてきてくれません。

それ故に、既婚者の転職成功には事前の相談が欠かせないんです!

 

家族の了承を得ていない人は企業にも敬遠される!?

実際、家族(夫・妻)に黙って転職活動している人は結構いらっしゃいます。既婚者は面接で家族の了承を得ているかを聞かれますが、「内の妻(夫)は、私が決めたことであればNoとは言いません。まだ伝えていませんが、転職先が決まった時に報告すれば問題ありません」と回答する人が思いのほか多いんですね。

残念ながら、この考え方は間違っています。

また、この手の回答をする人は企業も敬遠します。何故、企業が敬遠するかというと、「内定・入社 ⇒ 家族間の問題発生 ⇒ 仕事に集中できない」などの問題が発生する可能性があること知っているからです。

これが転職市場の現実ですから、事前にしっかりと相談して「自分の想いを共有しておくこと」が大切なんですね。これを怠ると、転職活動も上手くいかないですし、転職後も夫婦間ですれ違いが発生し、最悪、離婚に至ってしまうことも・・・。

家族(特に女性)は、現状からの変化にとても強い不安感を抱きます。「何故、安定した環境を捨ててまで転職する必要があるのか」をしっかりと説明しておかないと、いつかその不満が溜まって爆発してしまいます。

転職という重要事項を、「黙って」「勝手に」「相談なしに」というのは思いのほか亀裂を生むものです。だから、転職の必要性をきっちりと説明して「家族の了承」を得ておくことは、既婚者が転職に臨むにあたって必要最低限の行いなんです。

黙っていると、いざという時の相談相手もいないことに・・・

何とか面接を突破し、企業から内定を獲得した!

もちろん喜ばしいことなんですが、内定が出た途端に現実に引き戻され、「果たして、この内定を受諾すべきか否か?」という迷いが生じることはよくあります。また、「この決断は間違っていないのか?」と急に不安になったりもします。

そんな時、家族(配偶者)に事前相談していれば、あなたはその事実を報告し、内定を受諾するかどうかの判断を一緒に検討できます。多少不安があったとしても、家族の後押しがあれば覚悟を持って飛び込むこともできるでしょう。

逆に、家族に転職を伝えていない人は自分一人で重い決断をしなければなりません。もちろん、友人や同僚には相談できますが、家族と違って運命共同体ではないですし、転職の結果がどう転ぼうが何の影響もないので、本当の意味で適切なアドバイスは得られません。

その意味でも、家族への事前相談は必須なんですね。

転職活動の判断を友人に委ねる求職者はろくな選択をしません。自分の人生は、自分で決めるものであり、責任のある家族とだけ共有するものです。これが唯一守らなければならない転職活動の基本です。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 技術職

    職務経歴書

    機械・電気系技術職の「職務経歴書」の書き方とポイント
  2. リクルートエージェント

    エージェント

    リクルートエージェントの「面接力向上セミナー」は参加すべき?
  3. 転職したいけどできない

    転職の現実

    転職したいけど・・・を放置すると、いずれできなくなる
  4. ホワイト企業

    転職サイト

    ホワイト企業が多い転職サイトは存在するのか?
  5. キャリア形成

    転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  6. なぜ?

    転職の悩み

    なぜ、30代の転職は苦労するのか?その3つの理由と対策をお伝えします!
  7. ビジネスはてな

    面接

    業績不振を「転職(退職)理由」として面接で語るのはアリなのか?
  8. 働く女性

    女性の転職

    30代女性が事務職への転職でアピールすべき「安心・安定感」とは?