日本

転職求人の勤務地の希望は本当に考慮されるのか?

転職先を選ぶ上で「勤務地」というのも無視できな要素かと思います。

  • 今住んでいる地域を離れたくない
  • 転職を機にUターンを考えている
  • 異動は受け入れるが遠隔地は避けたい
  • やむを得ない事情を抱えて転勤できない

人それぞれ様々な事情を抱えていることだと思いますが、求人情報を見ても「本当に自分の希望が考慮されるのか?」という疑問は拭えないですよね。また、「最初は希望が通ったとしても、その後は?」というのも気になります。

そこで、転職の求人概要に書かれた「勤務地応相談」「希望を考慮します」は何を意味するのか、「勤務地」のあれこれについて考えてみようと思います。

 

最初の勤務地は希望が考慮される可能性が高い!

転職直後、最初に配属される場所(支社・支店・店舗)は希望が考慮されると考えておいて間違いないでしょう。もちろん、「勤務地応相談」「希望を考慮します」という文言がある会社であることが前提です。

基本、雇用する側の企業も「転職者に最初から大きな負担をかけたくない!」「まずは仕事に集中して欲しい!」と考えるので、転居を伴うような配属先は言い渡しません。なので、希望を考慮した上で配属先を決定するのが一般的です。

また、転居を伴う配属を会社命令で行うと、引っ越しに伴う費用なども負担しなければなりません。その為、短期間で辞められると大きな損失となってしまうので、様子見という意味でも遠隔地には配属せず、希望を考慮する方向で動きます。

次回以降の異動はどう転ぶか分からない!

最初は希望が考慮されたとしても、次回以降の異動は遠隔地に飛ばされる可能性も十分にあります。全国に支店や支社を持つ会社、全国展開しているサービスチェーンなどは、転居を伴う異動ありきの会社が多いです。

求人を募集する際、転勤のアリ・ナシは応募数に大きな影響を与える項目です。なので、転勤のない会社、転居を伴う大きな異動のない会社は、求人概要に「転勤なし」「転居を伴う異動なし」と書くのが普通です。つまり、この文言がなく全国展開しているような会社は、転勤や大きな異動ありきだと考えておくべきでしょう。

また、昨今は転勤命令が出た際に揉めることも多いので、転勤のある企業は「転勤の可否を問う質問」を面接で行うのが一般的です。なので、転勤のアリ・ナシに関しては入社前に大方掴むことができます。もちろん、この質問がなされる企業で「転勤できません」と答えると、極めて高い確率で不採用となります。

 

地域限定社員という手もあるが・・・

昨今は、遠隔地などに異動しなくて済む「地域限定社員」という制度を取り入れる企業が増えています。どうしても大きな異動や転勤をしたくない!というのならば、活用するのも一つの手です。

但し、安易に「地域限定社員」を選ぶことは避けて下さい。
何故なら、地域限定社員は昇進・昇給が頭打ちになることが多いからです。

地域限定社員を取り入れている企業というのは、基本的に全国転勤がある企業です。で、その企業には、自分の意思とは無関係に「全国転勤を受け入れて頑張って働いている社員」も沢山いるわけです。

  • 全国転勤可の総合職
  • 地域限定社員

このように区別されるのですが、同じ扱いをしてしまうと、全国転勤可の総合職から不満が溢れてしまいます。なので、同等に扱われることはなく、地域限定社員は昇進・昇給が制限されることがあり、賞与などにも大きな影響を及ぼします。

つまり、転居を伴うような異動がないというメリットを享受する代わりに、収入面でデメリットを背負う可能性が高いということなんです。当然と言えば当然のことですね。

これが現実なので、「将来的には結婚したい」「子供も欲しい」「マイホームも立てたい」などの想いを持ち、家庭の主収入を担う予定のある人、「バリバリ仕事をして昇進・昇給も実現していきたい」という想いを持つ人は慎重に検討する必要があります。

仕事と勤務地について

仕事をする上で勤務地は重要ですし、プライベートとも関わってくる項目なので、考慮したくなる気持ちは十分に理解できます。

ただ、勤務地を優先して会社や仕事を選んでしまうと、選択肢が大幅に減ってしまいます。これが事実であることは、勤務地を気にして求人を探している方なら感じているかと思います。もちろん、勤務地も希望通りで、転勤もなく、魅力を感じる会社に出会えればベストですが、そう簡単にはいきません。

そして、転職というのは全てがプラスに働くことはありません。なので、実現できる項目は1つだと認識して臨むのが精神衛生上でも賢明です。つまり、勤務地を最優先にするなばら、他の項目を犠牲にしなければならない可能性が高まることを意味するわけです。

今後も社会人としての人生が長く続くはずです。なので、どんな会社で働き、どんな仕事をし、どれだけ給料をもらうか、というのはとてつもなく重要なことになります。それなのに、「勤務地を最優先にしても良いのか?」ということを考えて欲しいんですね。

興味を惹かれる会社を見つけた!
是非とも挑戦してみたい仕事がある!

でも、転勤があるから諦める・・・。
もったいなくないですか?

もちろん、これは一つの考え方であり、正解でもありません。ただ、「何処でも働いてやる!」という意思で転職に臨む方が選択肢や可能性が広がるのは事実であり、実際に大きな異動を経験することで、新たな出会いや価値観を見出せるのも事実です。

転勤や異動は、社会人として、人間として、大きな成長を見込める力も秘めていますから!

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  4. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  5. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  6. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  7. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  8. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!