ビジネス

転職で企画・マーケティング・広報に未経験で挑戦する人へ

転職を機に、未経験ではあるが「企画」「マーケティング」「広報」という職種に就きたいと考えている!

もちろん、この行為自体に問題はないですし、挑戦することは悪いことではありません。ただ、そんなあなたに考えて欲しいことがあります。「あなたは、企画・マーケティング・広報を志望する明確な理由を持っていますか?」ということを。ここで言う明確な理由とは、応募先の採用担当者を「なるほど!」と納得させられる理由です。

何故こんなことを言うのかというと、「納得させられる理由」がないと未経験者が採用される可能性は極めてゼロに近いからです。更に、現実には「納得させられる理由」を持って臨んでいる人がほとんどいないからです。

つまり、企画・マーケティング・広報を志望する多くの人が、「何となく」「面白そう」「華やか」「憧れ」「新卒就活時に実現できなかった」など、安易な理由で志望しているだけなんですね。ここに、人気職種である「企画」「マーケティング」「広報」の採用を勝ち取れない理由があります。

ただ、ここでお伝えしたいことは、「未経験で企画・マーケティング・広報に挑戦するのは無謀である!」ということではありません。是が非でも実現したいのならば、現実を知り、万全の準備を持って臨む必要があるということです。

 

社会の現実を理解して志望しているか?

特に未経験者に考えて欲しいことが、「社会の現実を理解しているのか?」という点です。

例えば、広報は新卒学生にも人気の職種です。また、社内公募でも、公募数第一位の人気職種であることが多いです。でも、その人気とは裏腹に、会社の中で広報職に就いている人は極少数で、大企業でなければ1名分の仕事量はなく、中小企業に於いては他の職種と兼務していることがほとんどです。

また、企業が広報を募集するのは、「担当者が辞めるから」というケースがほとんどです。つまり、採用者は短期間の引継ぎで仕事を全て覚え、会社の広報活動を全て担っていかなければなりません。ここにも、未経験者の採用ハードルが高くなる理由があります。

これが人気職種の現実なんですが、「果たしてこのような社会の実態を理解している上で志望しているのか?」ということが問いたいわけです。

新卒学生が就活段階で社会の現実が見えていないことは、ある意味仕方のないことです。だから、採用面接で「企画・マーケティング・広報がやりたい」という発言があったとしても、面接官は「またか」とうんざりはするものの、その一言が致命的な失敗になることはありません。

しかし、転職の場合はそうもいきません。どんなに若い人であっても、既に社会に出て働いている経験があるわけで、それにも関わらず「社会の現実」を理解していない発言をすると、「現状認識力に問題があるのでは」と疑念を持たれてしまうからです。だから、採用担当者を納得させられるだけの志望理由、未経験でも問題がないという実績が必要なんですね。

華やかさやイメージだけで志望していないか?

一見すると、企画・マーケティング・広報などの職種は華やかに見えます。その為、面接で的を得た明確な職種志望理由を語れないと、「ただ単に、華やかで良いイメージの仕事をしたいだけではないか」と推測されてしまいます。

また、外から見る華やかなイメージは、その職種の本質的な部分とは異なることが多いです。もちろん、企画・マーケティング・広報の仕事には、戦略立案や対外的な折衝など、華やかでやりがいに通ずる部分があることも事実です。

しかし、これらの職種が成功するかのポイントは、むしろ社内への調整業務、情報の伝達、現場の意見の拾い上げなど、地道な仕事の積み重ねであって、社内からの支援が得られるかにかかっています。

それ故に、憧れやイメージに重きを置いた志望理由を語ってしまうと、「現実を理解しようとしていない」と捉えられます。「地道なことをやらなくてすむ」「華やかなことをやって目立ちたい」このような希望動機が推測されてしまうのです。突き詰めて言えば、現実逃避型の人材ではないかと思わる可能性が高くなるということ。

だから、明確な志望理由、未経験でも大丈夫だとする過去の経験、これをしっかりと伝えないことには採用はあり得ないのです。

社内での異動にも道はないのか?

未経験の職種に全く転職のチャンスがないのかと言えば、それも真実ではありません。特に、ビジネス経験の浅い層、20代などの年齢が若い段階であれば、ポテンシャル重視で採用されることもあります。

しかし、一定のビジネス経験を積めば積むほど、過去の経験を活かした上での採用になってきます。また、転職ではキャリア採用で即戦力を求めている企業が多く、未経験というのはそれだけで大きな不利的要素となります。

それ故に、今の会社に企画・マーケティング・広報を担当する部署が存在するのならば、社内異動で道を切り開いた方が近道であることも多いです。もちろん、今の会社に存在しないのならば外に求めるしかありませんが、今の仕事でしっかりと実績を残した上で転職に臨む必要があります。

例えば、営業からマーケティングの道に進むなどは、むしろ社内にこそ大きなチャンスが存在します。会社としては、営業でも実績をあげ、マーケティングの潜在的な適正がある人なら、異動してマーケティングで活躍して欲しいと思うはずです。営業とマーケティングの部署間の壁というのは問題になりがちですが、営業経験がある人がマーケティングを担当するなら、こうした問題にも対応しやすいのです。

更にここで重要なことは、営業で実績をあげているというポイントです。会社としては、「営業で適正がないからマーケティングへ異動させる」と考えるのではなく、「営業でも成果が出ているから、マーケティングでも成果を出せるだろう」と考えます。

これは転職でも同じで、未経験職へ応募する場合も、これまでに培った異職種での実績がものを言うのです。「これだけ優秀な成果を出せる人ならば、未経験で採用しても大丈夫だろう」といったものです。だから、過去の職種での実績も、未経験職への大きな採用ポイントとなります。

 

 

まとめ

転職において、未経験で企画、マーケティング、広報などの職種を希望する場合、それらの職種の実態を深く理解した上で、明確な志望理由を持って臨まなければなりません。ここを無視すると、ただ華やかな職種を希望しているだけではないか、と思われて終わりです。

また、本当に職種転換を実現したいのならば、今の職場で実績を出すほうが実は近道かもしれません。だから、「今の職場にチャンスはないのか」ということをしっかりと吟味して転職するかどうかを判断して欲しいと思います。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  2. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  3. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  4. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  5. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  6. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  7. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  8. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!