技術職

機械・電気系技術職の「職務経歴書」の書き方とポイント

技術職の採用においては実務経験が何よりも重要視されます。その為、採用側の企業は、職務経歴書から応募者の経験を詳細に読み解きたいと考えているのですが、「〇〇設計」といったように一言で片付けて書かれていることも多いです。これではあなたの魅力が正確に伝わりません。

ここは、どこからどこまでの範囲に携わったのか、どの程度の裁量権をもって取り組んだのかなど、経験内容を読み手がイメージしやすいよう詳細に記載することが大切です。技術や工程、役割がぱっと見で理解できるよう、表形式にして時系列に経験をまとめるのもアリです。

また、技術職とはいっても、ヒューマンスキルのアピールも欠かせません。顧客との折衝、業務プロセスに対する提案、他部署や他職種との連携、マネジメントなどの経験も漏らさず記載しておきましょう。

<機械・電気系技術職の押さえるべきポイント>

  • 要素技術の詳細
  • 関わった製品、用途
  • 開発環境・使用ツール
  • 担当工程
  • プロジェクト概要・規模(メンバー数)
  • プロジェクト内での役割・ポジション
  • 業務改善などの取り組み・成果
  • リーダー、マネジメント経験

 

機械設計

設計した製品の特徴、材質、精密度など、要素技術を明確にすることが重要です。開発の内容や用途を詳細に記載するほか、どの工程を手掛けたのかを具体的に明記しましょう。

電子回路設計

システム設計から量産、立ち上げにに至る一連の流れの中で、どの工程を担当してきたのかを明確に記載します。特に、システム全体を見渡す設計経験や、信号処理部などデジタルコンシューマー製品に応用できるような経験は大きなアピールポイントとなります。

生産技術

工程設計、設備設計、立ち上げ、保全などのうち、どの業務範囲を担当していたのかを明確に記載します。その中で、品質向上やコスト削減などを行った経験があれば、成果を示す数値も交えて伝えましょう。

サービスエンジニア

同じ機器をを扱っていても顧客によって業務内容に差があるので、前職での仕事のスタイルをしっかりと明記します。高度な専門知識を要する仕事なので、研修歴や学習歴も詳しく書くと良いでしょう。

制御ソフト

開発言語、OS、ハードウェア、システムの種類が、応募企業の業務とマッチするかどうかが選考のポイントとなります。些細なことでも省かず、詳細に記載することでマッチングポイントを漏らさないことが重要です。特に、大規模なマイコン上での設計経験があれば、漏れずにアピールしましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  2. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  3. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  4. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  5. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  6. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  7. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  8. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット