転職数打ちゃ当たる危険

転職で数打ちゃ当たるはある意味正解だが、相当危険な考え方

転職において「数打ちゃ当たる作戦」はある意味正解だと思います。

ただ、これはあくまで「内定さえ取れれば良い」という考えの下での条件付きです。取りあえず「どんな業界や職種でも良いので働かないとヤバい」というのならこの作戦を使えば割とすぐに決まるのではないでしょうか。

でも、そうでない人にとっては何の意味もない危険な考え方です。例えば、転職に対してあまり自信は無いが「数多く応募すればどこか採用してくれるだろう」という様な考えの人は気を付けた方が良いでしょう。

まず、この様な考えに至る人は転職に対して「明確な目的」を持っていないのではないでしょうか。例えば「転職することである不満を絶対に改善したい」、「この望みを実現したい」、「転職することであるキャリアを積んでいきたい」などです。何となく今の会社に不満があるから転職して会社を変えたい。こんなニュアンスで転職を考えていないでしょうか。
通常、明確な目的を持っていれば、その目的を達成できる企業を徹底的に探します。そうした場合、その様な企業は数多く存在しませんから、数打ちゃ当たるという発想自体が出てきません。

次に、「数打ちゃ当たる作戦」は数をこなす訳ですから、一つの企業に対する活動全般が疎かになってしまう可能性があります。例えば、履歴書や職務経歴書は同じ内容で使いまわす。企業研究はHPを軽く確認するだけ。面接対策も疎か。はっきり言ってこれでは他のライバルに勝てませんから、数を打っても全て不採用。こんなことにもなり兼ねません。また、手抜きの活動は企業にも簡単に見抜かれてしまいます。

しっかりと企業研究を行い、その結果として数が多くなるのであれば問題ありません。また、複数の候補を同時に進めることは普通ですから。ただ、転職するという目的だけを達成する為に数を打つことは危険です。それで運良く内定を勝ち取れたとしても、入社後にミスマッチとなる可能性が高まりますよね。そうなった場合、それを受け入れることができますか。もっと真剣に企業を選べば良かったと後悔しませんか。

もしこれが原因で再転職となった場合、この転職は職歴を汚しただけの転職となってしまいます。そんな職歴は転職市場で評価されませんから、次の活動に悪影響を及ぼすことは間違いありません。結果、再転職時に真剣に活動しても、望みの企業に入れる可能性は下がっているわけです。残念ながら、今の日本の社会は転職回数が多いことのメリットは何一つありませんから。

つまり「1回の転職のチャンスを絶対に疎かにしてはいけない」ということです。

もちろん「数打ちゃ当たる作戦」で多くの企業に応募しても、一つ一つに最善の活動ができるのであれば何も問題はありません。そうであればその「数」は採用への近道となるでしょう。
逆に「数」が増えることで一つ一つの活動が疎かになるのなら、それは何の意味もなく、あなたの望む企業への採用確率を下げる行為でしかないということです。

もし、明確な目的もなく、数をこなせば何とかなるだろう的な甘い考えで転職を考えているのなら、それは危険な考えだということです。転職で重要なのは内定を取ることではなく、会社に入ってからです。内定の喜びなんてのはほんの一時的な要素にすぎず、これから人生を共にしていくだろう会社や仕事こそが重要なんです。それを適当に選ぶことは、後に後悔する行為でしかありませんから注意しましょう。


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  2. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  3. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  4. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  5. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  6. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  7. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  8. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!