業績不振

面接で退職理由に「業績不振(悪化)」を持ち出すとマイナスに!

「業績不振の会社に居続けても将来がない」
「業績が悪化して給料(ボーナス)にも影響が・・・」
「今の会社で骨を埋めるつもりだったが、業績が・・・」

転職市場には、会社の業績不振(悪化)を理由に転職に踏み切る人が多くいらっしゃいます。将来を見越して迅速に見切りを付け、「転職できる内にしておく」という判断は間違ってはいません。ただ、業績不振を「退職(転職)理由」として面接で語るのは一考の余地があります。

何故なら、この退職理由を聞いた採用側の企業は、「それなら仕方がない」とは判断せず、「会社の業績不振や不祥事の際に真っ先に逃げ出す人」と判断するからです。つまり、「採用したとしても、不都合なことがあるとすぐに辞めるのだろう」と評価されるんですね。

この点をしっかりと理解しておく必要があります。

求職者からすると、業績不振(悪化)は正当な理由に感じるかもしれませんが、受け入れる側の企業からすると全く正当性はありません。だから、この退職理由を語る人は、極めて高い確率で不採用となります。つまり、業績不振(悪化)を理由として語るのは、自ら「不採用にして下さい」と言っているようなものなんです。

どんな会社にも、業績好調で上昇カーブを描く時もあれば、業績不振で下降線をたどる時もあります。で、会社からすると、「業績が不振の時にこそ、マイナスからの脱却に力を振り絞ってくれる社員」を求めています。それ故に、真っ先に逃げ出す人というイメージを与えるこの理由は語るべきでないんです。

  • 業績不振(悪化)で転職するのは間違ってはいない!
  • 業績不振(悪化)を退職理由として語るのは間違っている!

これが最もお伝えしたいことです。

 

最後まで見届ける人が高評価を受けることも

業績不振が長く続くと企業は倒産に向かいますが、いよいよ危ないという雰囲気が漂うと、多くの人が会社に見切りを付けて去っていきます。この行動に間違いはないですし、会社が倒産するまで居続けることが正しいわけでもありません。

ただ、去っていく人とは反対に、最後まで残務整理をしてから退職する人も存在します。転職市場においていは、多くの従業員が会社を去る中で、最後まで責任を全うした人は、「逆境の中でも最後まで責任を果たせる人」と高い評価を得ることが多いのです。

これも一つの事実として認識しておいて下さい。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  2. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  3. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  4. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  5. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  6. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  7. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  8. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。