エン転職

エン(en)転職の求人倍率を知る!高い・低いどっち?

転職の求人媒体の一つとして「エン(en)転職」を利用する人も多いかと思います。リクナビNEXTやマイナビ転職と並び立つサイトで、求人の豊富さや情報量の多さを考えると利用価値も高いです。

そんなエン転職ですが、「求人倍率」はどうなんでしょうか?
高いのか、それとも低いのか、利用する側からすると非常に気になる部分ですよね。

エン転職の「求人倍率」について考えてみましょう。

 

エン転職の求人倍率を考察!

転職者にとって求人倍率は内定獲得への難易度を示す数値で、低いに越したことはなく、高いと激しい競争を勝ち抜く必要があることを意味します。

ここは、先に結論をお伝えします。
エン転職は求人倍率が高いサイトである!
この認識で間違いないでしょう。

その理由は、利用者(ライバル)がとてつもなく多いからです。
エン転職は転職を考える人の約7~8割が利用するモンスターサイトの一つです。

会員数は約500万人!
新規登録者は毎月7万人以上!
応募総数は毎週約3万件以上!
平均掲載企業数は約3,000社!

エン転職会員

リクナビNEXTやマイナビ転職に引けを取らない凄まじい実績です。

「応募総数は毎週約3万件」
「平均掲載企業数は約3,000社」

この数値から概算で競争率を算出してみましょう。

まず、全ての求人に対して均等に応募があったと仮定すると、「30,000/3,000 = 1企業に10人/週」の応募があることになります。つまり、1ヶ月求人掲載している企業には40人以上が応募することになります。

後は企業の採用人数よって倍率が決定します。

  • 採用人数が1人なら倍率40倍
  • 採用人数が2人なら倍率20倍
  • 採用人数が3人なら倍率14倍

決して低くはない数値です。
これだけでも競争が激しいことが分かります。

そして、これはあくまでも「全ての企業に均等に応募があった」と仮定した場合で、普通はこのような分布になることはありません。

通年で求人を掲載している企業、評判の悪い企業、不人気の業界・職種は平均よりも応募数は少なくなります。逆に、人気企業、新着求人、魅力的な企業には応募が殺到しますから、50倍、100倍、150倍なんてこともザラにあります。その為、非常に厳しい戦いが行われているのが実際のところです。

 

 

もちろん、内定を獲得したライバルは競争から去っていきますが、それ以上に新たなライバルの流入が後を絶ちません。なにせ、毎月7万人以上の新規登録がありますからね。

何となく見えてきましたか?

常に利用者(ライバル)が多い!
常に高い倍率の競争が繰り広げられている!

これが、エン転職の実態です。

やっぱり、利用者(ライバル)が多く、流入者も後を絶たない大手転職サイトはこの傾向が強いです。その結果、どうしても倍率は高くなってしまうんですね。それ故に、大手転職サイトだけに限定した活動は「長期化を招く原因」となることもあります。

市場価値が低い、転職活動に手を抜く、これではエンの高い倍率は勝ち抜けません。

この事実をしっかりと認識し、万全の体制で採用過程に臨みましょう。

当サイトでは、大手以外の「有益な転職サイト」もご紹介しています。
媒体拡大に向けて競争率が低いサイトも検討してみてはいかがでしょう。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  2. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  3. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  4. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  5. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  6. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  7. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  8. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!