エン転職

エン(en)転職はフリーターでも登録利用できるのか?

フリーター生活から脱却して正社員を目指したい!
この実現を目指して求人媒体をお探しの方も多いのではないでしょうか。

そんな時に気になるのが転職サイトの利用についてではないでしょうか。
「エン転職はフリーターの自分にも利用できるのか?」

ここではこの疑問を解決すべく、フリーターでの利用について解説していきます。

 

エン(en)転職のフリーター利用について

ここは先に結論をお伝えします。
エン転職はフリーターでも利用可能です!

エン転職の「Q&A」でも利用可能なことが明示されています。
エン転職qanda

 
また、「フリーター」をキーワードに求人検索すると約300件程度の求人が抽出されますし、応募資格に「フリーター歓迎」「社会人経験不問」と記載されている求人も存在します。

<応募資格の一例>
エン転職応募資格
 
エン転職応募資格2

これが実状ですから、利用価値は十二分に存在します。

昨今の転職市場は売り手市場となっており、企業は門戸を広げないと人員を確保できない状況です。そんな状況も相まって、応募資格が軟化しており、フリーターの人にも十分にチャンスがあります。

もちろん、経験者との内定争いを勝ち抜かねばなりませんし、受け入れにも寛容な業界(職種)には若干の偏りがあります。(サービス関連業や営業職の募集が多い)

ただ、アルバイト経験しかないフリーターの方であるならば、何よりも「正社員で働くという経験を積むこと(社会人経験を積めば、今度は転職という手段で会社を変えることが可能になる)」が大切になります。

その意味も含めて考えれば、業界(職種)の偏りも気にする要素ではありません。
フリーターから脱却して正社員として働きたい!
この意思を持つ人にとっては充分な価値があります。

 

フリーターに適した転職サイトは別にも有り!

エン転職にも価値はあるのですが、よりフリーターに最適な転職サイトが存在します。
それが、転職サイトの最大手「リクナビネクスト」になります。

その理由は、圧倒的な求人数です。

リクナビネクストには「フリーターから正社員を目指す」という検索キーワードが存在し、
検索結果には3,000件弱もの求人が抽出されます。

 
リクナビフリーター

この豊富な求人数、エン転職と比較しても圧倒的ですよね。
優先順位を付けるとするならば、「まずはリクナビ!」が正しい選択ではないでしょうか。

 

まとめ

両転職サイト共にフリーターでも利用可能です!

これが昨今の転職サイトの実態ですから、フリーターでも臆することなく利用しましょう。
売り手市場の社会を考えると「今」が最大のチャンスです。

また、登録は無料であり、利用することに一切のマイナスはありません。
是非、あなたも両サイトを利用してフリーターからの脱却を目指してみてはいかがでしょうか。

フリーターに引け目を感じることなく登録利用してみる!
可能性を探る意味でも「この一歩を踏み出すこと」が何よりも重要ではないでしょうか。

このチャンスをものにしたい方は「今すぐ」行動を起こしましょう!
登録利用は以下の公式サイトよりどうぞ!
 
優先順位1位 ⇒「リクナビNEXT」公式サイトへ
 
優先順位2位 ⇒「エン転職」公式サイトへ

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  4. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  5. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  6. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  7. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  8. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!