DODA

DODAエージェントの「フリーター(ニート)」支援の実態を探る!

フリーター状態から脱却したい!
フリーターから正社員を目指したい!

DODAのエージェントサービスは、こんな想いを抱える「フリーター(ニート)」の就職(転職)も支援してくれるのでしょうか?

この実態について調査してみました。

フリーターによるDODAの利用について

DODAの公式サイトでは以下のように回答されています。

doda既卒

転職エージェントは「利用不可」などの断定表現を避ける傾向があるので、ここは言葉を濁さず要約すると「正社員としての就業経験がないフリーター(ニート)の方を支援するのは難しい!」ということですね。

やはり、DODAのエージェントサービスは、社会人経験を持つ人の「転職」を支援するサービスですから、フリーター利用に関しては「厳しい現実が存在する!」と言わざるを得ません。実際、登録しても「今現在、紹介できる求人がないので~」といったお断りメールが届くことが多いようです。

また、仮に利用できたとしても、紹介求人数が極端に少なかったり、市場価値が低いという理由で「後回し的な対応」を受ける可能性が高いです。何故なら、転職支援サービスは営利ビジネスなので、「社会人経験を持つ人」「市場価値の高い人」を優先的に対応するからです。

結果、利用できたとしても満足度の高いサービスを受けられないことも・・・。

残念ですが、これがフリーターによるDODA利用の実態です。

フリーター(ニート)に適したエージェントを選ぼう!

昨今、就職(転職)支援サービスは非常に充実しており、フリーターをメインターゲットとして支援してくれるエージェントもいくつか登場しています。

フリーター属性に適したエージェントを選択すれば、就職(転職)をしっかりとサポートしてくれますし、扱っている求人も「未経験可」が大部分を占めるので、就職実現の可能性は比較にならないほど高くなります。

それ故に、DODAにダメ元で登録してみるのも一つの手ですが、フリーターをターゲットにしている会社を選ぶことがベストな選択かとは思います。

当サイトでもフリーターの支援に強いエージェントをご紹介しています。
就職(転職)の可能性を高める意味でもご検討下さい!
⇒「フリーターにおすすめの転職(就職)エージェント【厳選3社】

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. リクルートロゴ

    エージェント, 転職サイト

    リクルートエージェントとリクナビネクストの3つの違い!
  2. 転職したいけどできない

    転職の現実

    転職したいけど・・・を放置すると、いずれできなくなる
  3. 履歴書写真

    履歴書

    転職の履歴書に貼る写真の服装は、こう考えれば簡単!
  4. pasonacareer

    エージェント

    パソナキャリアは再利用できるのか?この疑問を探る!
  5. 悩み顔

    転職の悩み

    転職「内定ブルー」の不安を解消する方法と辞退について!
  6. 判断

    エージェント

    転職エージェントを使うべきか迷った時の判断基準!
  7. 転職サイト

    転職サイト

    転職サイトをまとめてご紹介!自分にとっての最適を探そう!
  8. ニート

    エージェント

    ニートの就職支援に強いおすすめのエージェント【厳選3社】