第二新卒定義

第二新卒の定義(年齢制限と活動できる期間)を暴く

昨今、転職市場で最も注目されているのが「第二新卒」ではないでしょうか。

転職サイトでも第二新卒をキーワードに検索が可能ですし、求人概要にも「第二新卒歓迎」という文字がよく見られます。つまり、第二新卒に該当すればそれだけで多くのチャンスがあることになります。

でも、そこで気になるのが「自分は第二新卒に該当するのか?」ではないでしょうか。

第二新卒はここ10年で使われるようになった言葉であり、新卒という言葉から「新卒に近くて若い年代を指す」だろうことは想像できますが、その定義がどうなっているのかはあまり知られていません。

ここでは第二新卒の年齢や期間について調査し、その定義を示そうと思います。更に、なぜ企業は第二新卒を採用するのか? についても触れていきます。

 


 

第二新卒の定義

まず、第二新卒についてですが、この言葉に明確な定義は存在しないというのが実際のところです。

第二新卒とは、学校等を卒業して一旦就職したが、短期間(主に1年未満〜3年)のうちに転職を志す者のこと。「第二新卒者」とも称す。
Wikipedia

学校を卒業し就職をした後、数年内(多くの場合、卒業後1~3年程度)に離職し転職活動を行なう若手求職者を指します。
en転職

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。
マイナビジョブ20’s

年齢に関しては25歳と定義されているものが最も多い印象ですが、それ以上と定義されていることもあります。ただ、4年生大学を卒業して就職し、3年と考えると25歳ですし、若手求職者という言葉からも25歳前後と考えていて間違いないでしょう。

また、学校卒業後に就職できずに社会人経験が無い場合は「既卒者」として扱われ、「第二新卒」とは区別されるのが一般的なようですね。

これらの情報を纏めて考えると、第二新卒の一般的な定義は「学校を卒業して就職した後、3年以内に転職を志す人のことで、年齢の制限は25、26歳まで」となります。この認識であながち間違いはないでしょう。

 

企業が第二新卒を採用する理由

次に企業が第二新卒を採用する理由について考えてみましょう。

まず、社会人経験が少ないので固定観念を持っておらず、柔軟性に優れている点がその理由としてあげられます。また、会社の風土や考え方を浸透させやすく、伸びしろの非常に大きい層としても期待されています。

また、社会人経験があるので、新卒者に比べて社会人としての常識やビジネススキルを備えていることも一つの理由です。つまりは、新卒者よりもお金や手間を掛けずに戦力として育成できるということですね。

昨今は、新卒採用者の30%が3年以内に最初の会社を退職する時代ですから、若年層の確保という側面も持っています。社会人経験を持つ第二新卒者は新卒採用に比べ、ミスマッチも少なく長く活躍してくれるだろう人材としても注目されています。

 
以上のように、現在の社会情勢からも「第二新卒」は注目されています。

また、今後の少子高齢化を考えると若年層の確保は企業の至上命題となっていくでしょうから、その需要度は増していくと考えられます。もしあなたがこの「第二新卒」に該当しているのなら、一生に一度の大チャンスを活かして望み通りの転職を実現したいですね。

実際に「第二新卒は職種を変える最大で最後のチャンス」といっても過言ではないので、未経験職種への転職を考えているのなら逃すことはできません。

 


 


関連記事


転職サイトランキング