aidemsmartagent

Aidem Smart Agentは「フリーター」にも使えるって本当?

人材の流動化が進んだ影響で「人材紹介ビジネス」は非常に活性化しており、就職(転職)支援サービスを提供する会社が増えています。

ただ、現フリーターのエージェント利用には厳しい側面が多く、登録してもサービスの提供を断られたり、市場価値が低いという理由で不当な扱いを受ける・・・などの不利益を被ることが多々あります。

こんな現状を打破する為にも、フリーターの方がエージェントを利用する際は、「フリーターを支援対象(ターゲット)としている会社を選ぶこと」が何よりも重要なんですね。

Aidem Smart Agentは「フリーター」を支援対象としているのでしょうか?

この実態について調査してみました。

 

Aidem Smart Agentのフリーター利用について

ここは先に結論をお伝えします。

Aidem Smart Agentはフリーターでも利用可能です!

<フリーターでも利用が可能なワケ>

  • フリーターをターゲットの一属性としている
  • 未経験可の求人を豊富に取り揃えている
  • 未経験者のイベント・セミナーを開催している

当エージェントは「フリーター」や「既卒未就職者」など、就職が難しいとされる属性の方もターゲットに設定しています。それ故、大手有名エージェントと比較すると、フリーターの利用にも適していると言えるでしょう。

また、未経験可の求人を数多く扱っていたり、登録者だけが参加できるイベント・セミナーが充実しているので、現フリーターからの就職を実現しやすい環境も整っていると言えます。

フリーターにとって最適なエージェントではない!?

前述の通り、フリーターもターゲットとして設定しているので、申し込んでみる価値はあります。

但し、当エージェントは「現社会人の転職(ハイキャリアまで)」を主の業務としていることから、登録難易度は高いと言えるでしょう。つまり、ターゲットの一部ではあるが、メインターゲットではない為、「サービスの提供を断られる」「優先順位を低く設定される」といった不利益を被る可能性が無きにしも非ずなんです。

この点を考慮すると、フリーターをメインターゲットとしているエージェント(参考ページ「フリーターにおすすめのエージェント【厳選3社】」)と比較すると、最適とは言えない…というのが結論になります。

【まとめ】
大手有名エージェント(リクルート・DODA・マイナビ・パソナ)と比較するとフリーター適正は高いが、社会的立場が弱い方をメインに支援するエージェントよりも適正値は低い!

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  2. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  3. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  4. 2016.11.03 | 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  5. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  6. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  7. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  8. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!