確率

転職エージェントの「内定率」を検証してみた!

転職エージェントの利用を検討している人にとって「内定率」は気になりますよね。

「利用者の内、何割の人が内定を得ているのか?」

この疑問を解決する為、転職エージェントの「内定率」について考えてみたいと思います。

転職エージェントの内定率について!

エージェント各社は「内定率」を公表していないので、「正確な数値は分からない!」というのが実情なんですが、あるデータから大まかに推測することは可能です。(リクルートエージェントの実績値を利用)

<リクルートエージェントの実績>
 
リクルートエージェント実績

 
このデータから「内定率」を算出します。

転職決定者数3万2千 / 登録者数50万6千 = 内定率6.3%

リクルートエージェントを100人が利用したと仮定すると、転職先が決定するのは6.3人だということを意味しています。(内定を獲得しても辞退する人がいるので、本当の意味での内定獲得率はもう少し高いことが考えられます。)

他のエージェントもこの数値に対して大きく前後はしないでしょうから、転職エージェントの内定率は「約5~8%」の範囲内にある!と推測できます。

どうでしょう?
内定率は5~8%です。

高いと感じたでしょうか?
低いと感じたでしょうか?

恐らく、大半の人が「低い」と感じたのではないかと思います。
転職エージェントを利用しても、100人中5~8人しか転職先が決まらない・・・。

こんな風に考えると「低い」と感じるのが普通です。でも、実はこの内定率は決して低くはなく、大手転職サイトと比較すると高い数値になります。利用者がとてつもなく多い大手転職サイトは「5%」にも満たないのが実情だからです。

つまり、転職エージェントの転職決定率は決して低くはない!という認識で間違いないんですね。

内定率が5~9%で低くはない!

これが転職媒体の実態です。

 

内定率から転職活動の在り方を考えよう!

驚いたかもしれませんが、転職媒体の内定率って実はこんなものです。

ただ、これはよく考えたら当たり前のことで、「利用者の大半が内定を獲得できる媒体」なんてのはこの世に存在しないんです。あなたもそんな「素敵な媒体」の話は聞いたことがありませんよね。

だからこそ転職は「複数の媒体を併用して活動することが重要だ!」と言われているんですね。

  • 転職サイトA
  • 転職サイトB
  • 転職サイトC
  • 転職サイトD
  • 転職エージェントA
  • 転職エージェントB
  • 求人誌
  • ハローワーク

転職活動で内定を獲得するには、複数の媒体の内定率を足して100%に近づける必要がある!ということです。それ故に、限られた媒体だけに依存する人は、上手くいかなかったり、活動が長期化しやすい傾向があります。

大手の転職サイトだけ!
特定のエージェントだけ!
ハローワークの求人だけ!

これは自ら内定率を下げることを意味します。

もちろん、転職は個々のスペック(市場価値)も重要な要素なので、優秀な人は媒体を絞ってもすぐに転職先を決定できたりもします。ただ、転職活動は「複数の媒体を併用し、内定率を高めていく!」が基本です。

そして、この基本行動ができる人はやっぱり強い!
結果、早期に内定を獲得して一早く活動を終えていきます。

 

内定率は気にせずエージェントを使おう!

転職エージェントの利用を検討しているのなら、内定率は気にせず利用しましょう。

転職エージェントを使っても、100人中5~8人しか内定を取れない・・・。
こんな風に考えて利用を躊躇ってはいけません。
 
転職エージェントを使えば、内定率が5~8%上がる!
自分が100人の中の5~8人に該当するかもしれない!
こんな風に考えて利用を前向きに検討すべきです。

転職活動とは、こうして可能性を高めていくものですから、内定率(5~8%)に臆することなく、転職媒体に転職エージェントを加えて下さい。

この行動があなたに内定をもたらします!

当サイトでも有益なエージェントをご紹介しています。
⇒「エージェントランキング
あなたの内定率を高める媒体選びにご利用下さい!

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. リクルートロゴ

    エージェント

    リクルートエージェントの「面談を無視する」とどうなるのか?
  2. スキル

    転職の悩み

    転職スキル一覧!あなたは「スキルがない」と思い込んでいるだけ!
  3. 比べる

    転職の考え方

    転職に学歴・資格は関係がない?その真実に迫る!
  4. 身だしなみ

    面接

    男性の面接は髪型、ネクタイ、足元、ベルト周りに気配りを!
  5. 転職回数

    面接

    転職回数が多い人の面接対策と採用側の質問意図
  6. 年齢制限

    転職サイト, 転職活動

    転職で年齢制限を超えている求人の応募・採用可否について考える
  7. 転職サイト

    リクナビネクスト「応募歓迎」の真意と内定の得やすさを考察!
  8. 転職のリスク後悔

    転職の現実, 転職の考え方

    転職のリスクを受け入れる覚悟がないから後悔が生まれる