チョイス

40代の転職に最適な求人媒体とは?【優先順位ランキング】

40代に適した求人媒体で転職を成功させる!

一般的に転職の求人媒体と言えば、人材紹介会社(エージェント)、転職サイト、ハローワーク、求人誌などを思い浮かべるかと思います。しかし、これらにはそれぞれ一長一短があり、それを理解せず闇雲に活動しても上手くいきません。

仕事を選ばなければ転職先を見つけることは容易でしょうが、誰しもが自分の経験・スキルを少しでも高く買ってくれる企業に入社したいはず。それ故に、まずは各求人媒体の位置付けや特徴を理解し、複数の媒体を並行活用するのが短期で転職を成功させるコツとなります。

実際、「応募できる求人がなかなか見つからない」という悩みが頻発するのが40代ですが、自身の年代に適した求人媒体の存在を理解しておらず、自己判断で絞り込んだ求人媒体にのみ頼って活動していること原因なのです。

40代が使うべき求人媒体の優先順位

40代の向けの求人情報はどこで得るのがベストなのか?という問いですが、以下の順番で可能性を探ることをおすすめします。

  1. 人材紹介会社(エージェント)
  2. 人材銀行
  3. 転職サイト
  4. ハローワーク
  5. 求人誌・折込チラシ
  6. 企業HP

このように優先順位付けする理由は、一般的に、順位が若い求人媒体ほど労働条件が良く、かつ40代向けの求人情報を多く保有している傾向があるからです。

もちろん、人材紹介会社(エージェント)はシビアな面を持っていて、売れるキャリアがない人は、登録しても利用を断られる可能性があります。しかし、自分に合った求人を探すには、自己判断するのが最もリスキーです。売れる・売れないは先方が判断してくれるので、まずはこの順番で検討することをおすすめします。

 

媒体 概要 代表例
人材紹介会社 企業からの紹介料で成り立っているため、売れる人材しか扱わないのが特徴。キャリアを積んだ専門職・管理職が中心で、中高年向けの求人も多数保有している。但し、自身のキャリアによっては利用を断られる可能性も。 パーソル(DODA)、リクルートエージェント、アクティベイトなど
人材銀行 40歳以上の管理職・専門職経験のある方が対象。認知度が低く、利用者が少ないので、マッチすれば大きなチャンス。しかし、企業側の認知度も低いため、求人数が少ないというデメリットも。 主要都市6ヵ所(東京・埼玉・名古屋・大阪・京都・福岡)
転職サイト 一般的に、30歳、35歳までといった制限が設けられている求人が多く、若年層向けの印象が強い媒体ではあるが、40代でも応募可能な求人も掲載されている。検索機能が優れているため、年代で絞り込みをかけて利用する。複数のサイトを併用するのが基本。 リクナビNEXT、日経キャリアNET、マイナビ転職など
ハローワーク 求人保有数が圧倒的に多く、年齢や所在地で多くの求人情報を検索できるのが長所。但し、40代が求める厚遇な求人は少ない印象がある。 全国約600ヵ所
求人誌・チラシ チャンスのある媒体ではあるが、待遇面で40代に合わないものが多いため、この年代にとっては若干期待薄の印象がある。 タウンワーク・アイデムなど
企業HP 志望企業が明確であれば、対象企業のHPから直接応募するのがベスト。 企業HPの採用情報ページ

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  2. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  3. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  4. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  5. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  6. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  7. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  8. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!