40代の転職

40代の転職は目先の「内定獲得」をゴールにしてはいけない!

ビジネスマンタブレット

転職したら年収が100万円アップした!といった、人材紹介会社の広告は誰もが見たことがあるかと思います。これ、実際は極一部の優秀な人(転職者の1%未満)の達成実績であり、転職者の大部分には関係がなく、実現も困難です。

何が言いたいかというと、転職とは、そんな夢物語よりも、「次の会社で腰を据えて継続勤務できるか」ということの方が遥かに大切であるということです。特に40代ともなれば、「転職は今回で最後にして、定年まで安心して働きたい!」と考えているかと思います。

それにも関わらず、実際には、目先の内定(好条件)獲得に走ってしまい、失敗してしまう人が後を絶たないのです。

40代転職の最重要事項は、継続勤務が可能な会社を選択すること!

厳しいとされる40代であっても、正しい転職活動を愚直に実行すれば、必ず成果は出ます。しかし現実は、内定獲得よりも、転職先で継続勤務することの方が遥かに難しいのです。

事実、前職よりも好条件で転職できた人でも、今まで培ってきた経験・スキルが役に立たなかったり、想像以上に要求(ノルマ)が厳しいことで、短期で退職せざるをえない状況に追い込まれれるケースは多々あります。40代ともなれば、即戦力としての期待も非常に高いので、過去の経験により染み付いた仕事のやり方で結果が出ないと、即窮地に追い込まれること必至です。

それ故に、転職に臨むのであれば、目先の好条件よりも、自身のやり方や経験が役立ち、転職後の活躍や継続勤務が望める職場を選ぶことが最重要なのです。これはどの年代の転職にも当てはまることですが、定年を意識し始める40代は特に意識すべき事柄です。

<目先の内定(好条件)に釣られて陥る悪循環>

  1. 目先の年収アップに惹かれて転職先を選ぶ
  2. 今までの経験・スキルが全く通用せず、ノルマも非常に厳しい
  3. 会社の期待に応えられず、周りからも冷遇される
  4. その状況に耐えられず、短期間で退職する
  5. やむを得ず、転職活動を始めることに
  6. 年齢や短期職歴が足枷となり、望み通りの会社から内定を得られない
  7. 大きな妥協を伴った会社選びを強いられる
  8. 当然、満足感は得られず、再転職の道へ
  9. ジョブホッパーへと成り果てる

ご承知の通り、日本の社会で「ジョブホッパー」は全く評価されません。まして、40代という高年齢もプラスされれば、この悪循環に入ると一生抜けれないなんてことも。この悪循環は誰もが陥る可能性のあるものであり、決して他人事ではないのです。

だからこそ、会社選びの段階で「目先の内定(好条件)獲得」にこだわってはいけないんです。特に40代ともなれば、しっかりと将来を見据え、「転職後、長く働いて自分のキャリアをしっかりと形成できるか否か」を考えて会社を選ぶことが重要です。

 

20代・若年層向けの特化型エージェント!

第二新卒エージェントneo

第二新卒、既卒、フリーターの転職・就職に特化したエージェント!

一般的なエージェントでは敬遠されがちな「社会的弱者」&「学歴弱者」に強く、親身なサポート(1人あたり平均8時間)を強みにする会社です。

いい就職ドットコム

第二新卒・既卒未就職者・留学帰国者・新卒をメインターゲットとする就職(転職)支援サービスです。

取り扱い求人の「質」にこだわりを持つ会社で、一般的なエージェントとは異なり、事前にある程度の求人の閲覧も可能です。

マイナビジョブ20s

マイナビ唯一の20代専門の転職支援サービスです。

第二新卒・既卒未就職者を中心に、20代の支援に特化しており、この「専門性」にこそ大きな利用価値があります。