サラリーマンレゴ

30代後半で転職に失敗する人が持つ「不必要なプライド」とは?

転職市場には、「ビジネス経験が豊富なゆえに、転職が決まりにくい」という逆説的なケースがあります。

30代後半の転職者もこのケースに当てはまるのですが、経験が豊富だからこそ、これまでそれなりに働いてきたというプライドが発生し、これが選択を誤らせてしまうんですね。また、「絶対に失敗できない」という考えで活動に臨んでいるため、理想を追い求め過ぎ、活動が長期化し、状況が悪化することもよくあります。

たとえば、ある企業から内定を獲得したとしましょう。そうすると欲が出てきて、「ここは前職よりも給料が安く、企業規模も小さい。30代後半であっても内定を得ることができたのだから、活動を継続すれば更に良い会社が見つかるかもしれない」と考え、安易にその内定を蹴ってしまうのです。

しかし、現実はそう甘くありません。30,40代が持つ豊富な経験に注目する企業が増えているとはいえ、転職コア年齢を過ぎた30代後半に多くのチャンスはないのです。活動を継続しても次が決まる保証もなく、実際はいたずらにブランク期間が長くなり、状況が悪化することの方が圧倒的に多いのです。

  • 前職よりも規模が小さい会社だから
  • 前職よりも無名な会社だから
  • 前職よりも給料が安いから
  • 前職よりも休みが少なくなるから
  • 前職よりも役職が下がるから

これらのケースを受け入れる度量を持たず、理想を追い求め続けると、大抵は転職が失敗に終わります。最悪、全く転職が決まらず無職になってしまったり、圧倒的に前職を下回る会社に行きつくことになるのです。「前職よりも・・・」というプライドは邪魔以外の何者でもなく、比較するのであれば転職は避けるべきです。

 

プライドが邪魔をして転職に失敗したケース

転職を失敗に導いた「プライド」の例を見ておきましょう。

大学卒業後、一部上場企業で営業畑を歩んだ38歳。
 
出世競争に遅れたのを不満に思い、自己都合退職の道を選択しました。「一部上場企業で長く働いてきたんだから、次なんてすぐに決まるだろう」と考え転職に臨むも、不採用の連続。活動を開始して半年後になんとか内定を獲得できたが、前職に比べると企業規模が小さく、給料も2割減・・・。
 
一部上場企業で働いてきた俺が、給料を下げてまで無名な会社に!?
 
エージェントから「この会社を逃したら、次はもうないですよ!」と言われていたにも関わらず、提示された条件に納得できず、内定を辞退。その後、1年半に渡って活動を継続するも次が決まらず、「あの時内定をもらった会社に入社していれば・・・」という後悔と絶望を抱えて日々を過ごす羽目に。

 
前職と比較して同等、またはそれ以上!という心情は理解できますが、時には譲歩することも必要です。そもそも、転職すると決めた時点で「一旦は条件が下がる」というのは当たり前のことで、これを受け入れられないのであれば、30代後半にもなって転職の道に進むことは避けるべきです。

30代後半で転職に臨むのであれば、「転職のチャンスは想像以上に少ないので、入社後の頑張りで不利な条件は改善していく」というくらいの気概が必要です。理想を追い求めるのであれば、今(前職)よりも状況が悪化するリスクを覚悟しておくことです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  2. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  3. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  4. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  5. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  6. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  7. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  8. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!