選択

30代の転職成功は「未経験」ではなく「ショートカット」が鍵を握る!

30代は転職のラストチャンスと捉えらている節がありますが、これはあながち間違いではありません。それ故に、30代は「転職に失敗できない年齢」であるとも言えるので、転職を成功させるために「ショートカット転職」というものを考えて欲しいんですね。

ショートカット転職とは、「これまでに培ってきた経験・スキルを評価してもらえる会社に移ることで、キャリアのショートカットを図る転職」のことを指します。

30代(特に30代前半)は未経験職に転職するラストチャンスとも言えるので、未経験分野を目指す人もいるかと思います。もちろん、その行為が間違いだとは言いませんが、採用してくれる業界(職種)は限られますし、企業も30代の未経験者採用には消極的なので難易度も高いです。

また、30代で未経験職に就いて給料を減らしてしまうと「生涯年収」に大きく影響するので、収入面のリスクも大きくなります。更に、未経験分野に入って「想像と違う」なんてことに陥っても後戻りもできません。そう考えると、30代は「これまでの経験・スキルを活かした転職(ショートカット転職)」をすることが成功につながりやすいんですね。

30代で転職に臨むあなたに考えて欲しい内容です。

 

30代はショートカット転職でキャリアを積むのに最適

昨今、大企業でよく見かけるのが、既に30代に突入しているのに「年下の部下や後輩」がいない人たちです。会社として新卒採用を絞っていた時期があったり、業績が芳しくなく、若手社員を採用できなかったことが原因です。その結果、「30代にも関わらず自分が部署内で一番の若手」といった現象が発生しています。

残念なことに、このようなケースに該当している人たちは、その会社の中で明らかに割を食っています。自分よりも下が入ってこないが故に、いつまでたっても同じ仕事をせざるを得ず、マネジメント経験などが積めずにいるんですね。このような状況から脱する方法として「ショートカット転職」があります。

特に、若手が中心の企業の中には、豊富な実務経験を持つ30代を「マネージャー候補」として求めている会社が数多くあります。しかも、これらの会社は厳しい条件を設定していることが少なく、「ポテンシャルがあればマネージャー経験は問わない」といったケースも多いです。

これは、「30代だからこそ持ち得る経験・スキルに注目している企業が数多くある」ということを意味しています。つまり、30代というのは、経験・スキルを活かしたキャリアアップ転職を実現しやすい年齢なんですね。だからこそ、未経験職を目指して簡単にそれを無きものにして欲しくはないんです。

もちろん、経験・スキルを活かしたショートカット転職であっても、転職する以上は給料が下がることの方が多いです。ただ、キャリアの面で見ると、先延ばしにしていた経験を早期に積めるわけで、あなたのビジネスヒューマンとしての価値は高まります。それが、将来的な収入面に大きな影響を及ぼすことは言うまでもありません。

このように、30代と言うのは「キャリアの停滞を避けて、新たな役割に挑戦すること」が大切です。

結果的に、この行動が「転職の成功」へと繋がります。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  2. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  3. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  4. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  5. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  6. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  7. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  8. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。