ビジネスマンの経歴

30代に求められる「職務経歴書」の書き方と3つの重要な要素!

職務経歴書にて、相手に正確な情報を伝えるのは簡単なことではありません。同じ内容を書いたとしても、表現1つで伝わり方は大きく変わり、その出来如何が転職の成否に影響を及ぼします。

20代の転職者であれば多少は曖昧で抽象的な表現も許されるでしょうが、ある程度の経験を積んだ30代ともなれば、それ相応の「文書力」や「表現力」を求められるのは言うまでもありません。しかし、現実には経歴書のクオリティが原因で転職活動に苦戦する方はたくさんいらっしゃいます。

ここでは、そんな重要書類である「職務経歴書」の書き方と表現方法についてお伝えしていきます。

 

30代の「職務経歴書」は3つの要素を意識して作成する!

30代の経歴書作成に必要なものは、次の3つの要素を満たした文書であることです。

  1. 定量的
  2. 客観性
  3. 具体性

まず「定量性」ですが、30代ともなればある程度のビジネス経験があるため、採用側は「一定以上の計数感覚は持っているはずだ」と考えています。その為、「とても」「大変」といった抽象的な表現を多用すると、訴求力が著しく低下することになります。

要は、抽象的な要素を入れすぎると「幼稚な文書」となってしまい、社会人としての資質を疑われるんですね。その為、経歴書作成の際には、「とても」「大変」といった抽象的な表現を「数値」に置き換えて表現する必要があるのです。

次に「客観性」についてですが、これも自身の成果や取り組みを主観でなく、客観的視点から表現することが求められます。よくありがちな「一生懸命に取り組んだ」などの表現は、自己申告に過ぎず、本当かどうかも判断できません。また、採用側はそんな主観的な心持よりも、「ビジネスマンとして成果が出せたがどうか」を知りたいのです。

最後に「具体性」ですが、これは5W3H(いつ・どこで・だれが・何を・なぜ・どのように・いくつ(数量)・いくら(金額))を意識して文書を構成します。そうすることで確実に文書の具体性は高まります。

【BAD】
部下と積極的に接することで部署をまとめ、営業部全体の売上に大きく貢献することができました。
 

  • 「積極的に接する」という取り組みを具体的に表現できないか?
  • 「大きく」という表現を数値化できないか?
  • 「貢献」を客観的に表現できないか?

【GOOD】
部下に対して、毎週月曜日の午前中にミーティングを開催し、個々の進捗確認や改善点を共有し、給与日には食事に誘うなど、コミュニケーションの質・量を高めることで部署をまとめました。その結果、第二営業部の売上を前年比40%向上させ、営業部長より「第二営業部の頑張りで営業部全体の目標を達成できた」と高く評価いただきました。

3つの要素を意識することで、読み手にあなた自身(能力・実績など)を具体的にイメージさせることができるようになります。

BAD例文では、応募者の人と成りが全くイメージできず、採用の判断材料となる情報が見えてきません。こんな状態では、採用リスクを考えると雇えません。逆に、GOODの例文では、「この人の取り組みは自社でも活用できそうだ」「40%も売上を向上させた手腕に興味がある」など、採用側に興味を抱かせることができます。結果的にこれが、書類選考の通過や採用へとつながるのです。

30代の「職務経歴書」に求められる4つの必須項目!

経歴書の書式は自由なので記載項目は個人の裁量に委ねられますが、必須項目「職務要約」「職務詳細」「貴社で活かせる経験・スキル」「自己PR」を順序立てて記載すれば効果的な経歴書を作成できます。

<各項目の狙いと役割>

項目 役割
職務要約 採用担当者が最初に目にする項目。これまでの職歴を端的にまとめたもので、書籍でいう「目次」に該当する。ここの出来次第が、それ以降を読んでもらえるかどうかを決定する重要な役割を担っている。
職務詳細 経験してきた職務内容を掘り下げて記載する。採用側は、応募者の働いてきたイメージを抱きつつ、「経歴が当社で役立つか」という視点で読み進めるため、ただ単に事実を羅列するだけでなく、メリハリを付けて書く必要がある。ある程度の経験を持つ30代だけに、見せ方にも工夫が必要で、冗長なのはNG。
貴社で活かせる経験・スキル 自身の経験やスキルの中で、応募先に対して貢献できるものをピックアップして記載する。どれだけ優れていようとも、応募先で活かせない経験・スキルには何のアピール力もない。その為、応募企業ごとに変更が必要な項目となる。
自己PR ハンデをフォローしたり、強みを強化するのに記載する。他とは異なり、自由な表現が許される項目なので、伝え切れなかった「スキル」「経験」「パーソナリティ」などを表現する。

*その他、特殊事項などをフォローする「特記事項」や、応募先に対する「志望動機」、輝かしい実績をセレクトして記載する「主な実績」といった項目を便宜追加して構成するのも効果的です。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  2. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  3. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  4. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  5. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  6. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  7. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  8. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!