1年以内に退職

就職して1年以内に退職!これは絶対におすすめできない!

就活が上手くいって希望の会社に入社できた。でも、いざ働いてみると、自分の想像とは全く違う現実が見えてきた。仕事はきついし、給料も安い。こんなところではやってられない。

結果、就職して1年にも満たないのに辞表を提出!

今の時代、こういうパターンは結構あります。(統計上、大卒新入社員の約12%、毎年5万人が入社後1年以内に退職しています。)

でも、これは絶対におすすめできません。何故なら、1社目で逃げてしまった人は、負け癖、逃げ癖がついてしまうからです。更に転職においても相当に不利な戦いを強いられることになります。

詳しく見ていきましょう!

転職成功の秘訣は「勝ち逃げ」にある!

就職して1年以内に退職した場合、次に待っているのは「転職」ということになるかと思います。

この転職ですが、成功させるための一つの秘訣として「負けた時に逃げ出さなかった」というものがあります。要は、同じ逃げるにしても「勝ち逃げすること」が重要だということなんです。

シビアなことを言うようですが、しんどい会社に入ってしまった場合も、会社に文句を言うだけで辞めてしまうと、転職市場では全く評価してもらえません。そのため、どんな仕事(会社)であったとしても、自分が決めた目標を達成し、一定の成果を収めるまでやり抜くことが大切なんです。

ブラック企業だろうが、仕事が合わなかろうが、人間関係が劣悪だろうが、何とかして結果を出す。そして、「お、結構やるね!」という評価をもらってから辞めるんです。

たとえ酷い環境であっても、そうして巻き返した経験を持っている人は、その後も逃げ癖とは無縁で、戦っても勝ち続けることができます。

これは心理的な問題なので、「全社で1位」のような高レベルな結果が必要なわけではありません。「とにかく〇〇だけは達成しよう」と自分で決めたことで構いません。なんなら、「成績を一つ上げる」「1ヶ月だけ同期で1位を取る」といったものでもOKです。

このような瞬発的に出した結果でも、何かしらの「成功体験」があって辞めるとやっぱり違います。人生、時には逃げても構いませんが、逃げるなら「勝ち逃げ」して下さい。結果を出して「勝ち逃げ」した経験は、転職活動時に必ず有利に働きます。

逆に、これが無い状態で逃げると、後述している「厳しい現実」が待っています。

 

逃げた場合はその現実を受け止めよう

それでも、どうしても耐えきれずに1年以内に退職することもあるかと思います。その時、最も避けるべきなのは、完全にお手上げ状態で「逃げた」にも関わらず、自分の負けを認めないことです。

  • 本来、自分は優秀なはずなんだ!
  • 辞めることになったのは会社が悪いんだ!
  • 仕事が合わなかっただけ!

このように、1年以内で辞めた原因を他者に添加し、自分の「逃げ」を認めず、自分の退職を正当化して転職に臨むことです。

これ、転職市場では全く通用しません!
何故なら、「本当は優秀」「本当は能力がある」という本人の主張を裏付ける証拠がないからです。

転職は、新卒就活時のように可能性だけでは内定は勝ち取れません。即戦力を求める企業が多いので、即戦力となれることを裏付ける「証拠(経験・実績・スキル)」を提示しなければならないからです。

つまり、何の結果も出さずに逃げるように辞めると、「あなたを評価する指標がない状態で転職に臨むこと」を意味するわけです。

これは、武器を持たずに戦場に突撃するのと同じです。で、当然、戦場には強力な武器を持ったライバルがいるわけで、生身のあなたが勝てるはずがありませんよね。

また、採用側に「この人は、きついこと、気に入らないことがあると逃げる」「自社で雇ってもすぐに辞める可能性がある」と見られてしまいます。企業はリスクのある人を雇うことを避けるので、内定を取ることも難しくなるのです。

厳しいですが、これが転職市場の現実です。

何の結果も残さず、1年も満たない短い期間で辞めるとはこういうことです。結果、転職活動でも苦労し、内定重視の活動に陥り、誰でも雇って使い倒す悪徳企業や不人気企業に落ち着くのです。

この事実を踏まえた上で、どうしても耐えられずに1年以内に辞めるのなら、「自分は負けて逃げる」ということを自覚し、「自分の能力・忍耐力が足りていなかった」と謙虚に受け止めて下さい。それができた人は、失敗から這い上がるための努力を始めることができます。

そして、次の就職先は意地でも長く勤めあげ、意地でも結果を出す…という心意気で臨んで下さい。たとえそれがどんな会社であったとしてもです。

仮に、次も短期間で辞めるようなことがあれば、とてつもなく暗い現実が待っています。

 

 

最後に!

少し脅しのような内容になってしまいましたが、これが「社会の現実」です。

何とかなるだろう…。
転職を数回繰り返すくらい問題ないだろう…。

こんな安易な考えで社会を甘くみないことです。転職を当たり前とする風潮や、「転職すれば今よりも事態が好転する」といった人材紹介会社などの広告に騙されないことです。

転職することは「悪」ではありません。でも、望み通りの結果を手にできるのは、「年齢相応、またはそれ以上の市場価値を持った人」であり、武器を持たない人は負けるのが常です。

会社を短期間で辞めようと、転職を何度繰り返そうと、転職することはできます。何故なら、世の中には「職歴の長短」や「転職回数」を気にしない(気にしてられない)業界や会社がいくらでもあるからです。ただ、そんな業界や会社がどんな場所なのか、ここであえて語る必要はありませんよね。

転職は何回でもできるが、望み通りの転職を実現できるチャンスは少ない!

これが真実です。
だから、武器を手にする前に辞めることは非常にもったいないことなんです。

  • 就職してすぐに辞め、何の武器(経験・実績・スキル)も手にできなかった人
  • 就職してある程度の期間勤め上げ、何らかの武器(経験・実績・スキル)を手に入れた人

転職市場で強いのはどちらでしょうか?
企業に選ばれるのはどちらでしょうか?
あなたが雇う側だとしたら、どちらを採用しますか?

言わんとしていることは分かりますよね。

転職することを前提にでも構わないので、1社目では結果が出るまで頑張って働く。そうして3年前後働けば、転職市場で引く手あまたの存在である「第二新卒」になれます。

そうなれば、望み通りの転職を実現しやすいのは言うまでもありません。今だけの感情に流されず、未来を見据えて決断して下さい。それが将来的な「後悔」を防いでくれるはずです。

 

 


関連記事


有益な転職サイト