リクルートエージェント

リクルートエージェントで経歴詐称するとバレてしまうのか?

リクルートエージェントの利用において「経歴」に悩んでいる人もいるようですね。

  • 短期の職歴がいくつかある!
  • 転職回数が多い!
  • 長期間のブランクがある!

この手の経歴があるとやっぱり市場価値は低下しますし、企業からの印象も良くありません。転職エージェントに限って言えば、「サービスの利用を断られる」「紹介される求人に影響が出る」などの不利益を被る可能性もゼロではありません。

だからこその「経歴詐称」なんだと思いますが、言葉にするほど実際に詐称するのは簡単ではありません。バレた場合のリスクやデメリットにも目を向ける必要があります。

リクルートエージェントに対する「経歴詐称」について考えていきましょう。

 


 

リクルートエージェントで経歴詐称するとバレてしまうのか?

ここは先に結論をお伝えします。

あなたがボロを出さない限りバレることはない!

この認識でまず間違いないでしょう。リクルートエージェントに限らず、転職エージェントが求職者の経歴を調査することはありません。だから、あなたが面談などを通してボロを出さない限りバレることはありません。

但し、バレないからといって「経歴詐称する」というのは早計です。何故なら、経歴詐称には一定のリスクが伴うからです。このリスクをしっかりと把握した上でどうするかを判断して下さい。

 

リクルートエージェント経由で応募した際のリスク

リクルートエージェントに経歴を偽って登録した場合、当たり前ですがリクルートエージェント経由で応募した企業にも経歴を偽らなくてはなりません。

今の時代、個人情報云々に関しては厳しい目が向けられるので、信用第一の銀行、証券、保険、警備などの業種を除くと、経歴を調査する会社というのはほぼ存在しません。そのため、企業にも経歴詐称は基本バレません。

ただ、面接などの採用過程で「経歴(職歴)」を突っ込まれてボロが出てしまう可能性もありますし、経歴を調査する会社が無いとも言えません。

もし仮に詐称がバレてしまうと…

  • 応募した企業は100%不採用
  • リクルートエージェントは今後一生使えない

このリスクが表面化する可能性があることを理解しておく必要があります。

 

内定獲得後・入社後に経歴詐称がバレた時のリスク

内定獲得後・入社後に経歴詐称がバレた場合も不利益を被ります。

  • 内定獲得後に発覚した場合は内定取消
  • 入社後に発覚した場合は解雇
  • コンサル料金の問題が表面化

入社後、一定期間働いた段階で経歴詐称が発覚したとしても、あなたが会社に必要な人材となっていれば許される可能性はあります。しかし、会社に解雇理由を与えることには変わりありません。

また、万一解雇された場合は退職理由が「不当行為による解雇」となるので、今後の人生に負の影響を与えることは言うまでもありません。

リクルートエージェント経由で転職した場合、企業からエージェントにコンサルフィが支払われています。最悪のケース「企業からリクルートエージェントに料金返還請求 ⇒ リクルートエージェントからあなたに何らかの責任追及」なんてことが起こらないとも言えません。

このリスクを背負う覚悟があるのか?
このリスクを背負う価値があるのか?

これを自分自身に問うて欲しいと思います。

 


 

経歴詐称せず登録してみるのもアリ!

転職エージェントは求職者の市場価値から「紹介できる求人があるか」をシビアに評価します。つまり、経歴詐称せずに登録して利用を断られなかったとするならば、「あなたの経歴でも紹介できる求人がある」ということです。

この特性を利用して「自分の市場価値」を計ってみるのも一つの手ではないでしょうか。

また、エージェンントは内定獲得に向けてサポートしてくれるので、「応募企業にどう経歴を説明すれば適切か」をアドバイスしてくれるはずです。つまり、内定を取れる可能性は十分にあるわけで、ここで受けたアドバイスはエージェント以外の活動にも応用できます。

そう考えると、経歴詐称せずに利用するからこそのメリットもあるんですね。

また、経歴詐称して採用過程に臨むと、様々なものを隠す必要があるので結構しんどいです。相当に綿密に作り込まないと、詐称がバレなかったとしても信憑性に疑問を抱かれます。結果、上手くいかないことが多いです。

この点も含めて「経歴詐称」することの価値を考えてみて下さい。

登録は「リクルートエージェント」公式サイトよりどうぞ!

 


関連記事


転職サイトランキング