転職面接嘘真実

転職の面接で話を”盛る”と誰も幸せになれない!?

ここでお伝えすることは、面接において「話を盛ってはいけない」ということではありません!

自分をより良く見せるために”話を盛る”のは普通のことですし、内定獲得においては「必要なこと」だとも言えます。

面接なんてのは「本音と建前が入り混じった探り合いの場」ですから、実際に体験した仕事上のエピソードや実績値を”盛る”のは許容範囲内です。

例えば「営業成績が社内で5位だった」という事実があったとして、それを「3位」と盛ることで「ベスト3に入れました」と伝える方が印象は良くなりますよね。つまり、実際に挙げた実績を盛ることは問題がないわけです。

では、どんな”盛り”がいけないのか? というのがここでの本題です。

 


 

面接には盛ってはいけない話も存在する!

面接に臨むにあたって知っておくべきことは、「盛るべきでない(盛ってはいけない)話」というのも存在するということです。

それが、出来ない事・未経験の事に対して盛るということです。もっと分かり易く言うと「本当は出来ないのに、出来る(経験有)と嘘を付くこと」を指します。

転職では「即戦力性」が重視されるので、「企業が求める経験・スキル(must)」と「あなたが持つ経験・スキル(can)」がマッチしてはじめて採用へと繋がります。

そのため、面接で「出来ますか?」と聞かれると「出来ないと答えると不採用になってしまう」と考え、つい「出来る!」と嘘を付いてしまうんですね。

この気持ちは非常に良く分かります。
でも、よく考えてみましょう。

それで採用となった場合、あなたは「出来る貞」で現場に配属されることになります。当然、現場も「出来る人が配属される」と知らされているので、あなたに期待しています。そこで、逆の結果となった場合どうなるでしょうか。

現場はあなたに幻滅するかもしれません。「仕事が出来ない人」というレッテルを貼られる可能性もあります。会社にとっても期待外れの人材となり、あなたに対する評価は著しく低下するでしょう。

あなたはこんな状態で気持ち良く働き続けることができますか?

恐らく、気持ち良く働くことは難しいでしょう。そして、盛ってはいけないことを盛ってしまったと後悔します。結果、その現実から逃げたくなり、再転職の道に進むことになるのです。

大袈裟だと思うかもしれませんが、実際によくある事例の一つです。

これでは、あなたと企業双方が不幸になってしまいます。つまり、出来ることに対して盛るのは問題ないが、出来ないことに対して盛る(嘘を付く)のは絶対に避けるべきだということですね。

なぜなら、それは「誰も幸せにならない”盛り”」だからです。

内定目的の嘘の”盛り”には気を付けよう!

面接で話を盛る際は、以下3つの”盛り”は避けるようにしましょう。

  • 出来ない(経験がない)のに、出来る(経験有り)と嘘を付く
  • 企業が求める人物像(自分の能力・経験を越えた人物像)を演じる
  • 求められる役割やミッションを安易に引き受ける

面接において「業務に直結するスキルや経験を盛る(嘘を付く)」ことは、あなたに「内定という一時的な幸せ」をもたらしてくれるかもしれません。

でも、あなたの転職の目的は「内定を得ること」ではないはずです。そんな一時的な幸せよりも、今後も長く続いていく社会人人生の充実を望んでいるはずです。

この転職の目的だけは絶対に見失ってはいけません。

面接には「盛って良い話」と「盛るべきでない話」があることを理解して臨みましょう。それが、あなたに幸せの転職を実現させるはずです。

 

 


関連記事


有益な転職サイト