ビジネス指さし

高卒転職の「厳しい現実」とそれを打破する超有効な方法!

転職で重視されるのは経験・実績・スキルであって、学歴は関係がない!

転職はこのように語られることが多く、事実これは間違っていません。しかし、これはあくまでも「大卒」を前提とした話であって、「高卒には当てはまらない」というのが実際のところです。

要するに、転職においては「出身大学は採用の決め手にはならず、これまでの経験・実績・スキルを重視します」という話であって、最終学歴「高卒」は転職(就職)において大きな足枷となります。

<高卒転職の厳しい現実>

  • 高卒が故に選択肢が極端に狭くなる
  • 高校卒業後の歩みによって状況はさらに厳しいものに

ここでは、高卒転職の「厳しい現実」をお伝えするとともに、この現状を踏まえてどう転職(就職)を実現していくべきかについて言及しています。

厳しい現実を勝ち抜くための参考になりましたら幸いです。

 


 

高卒が故に選択肢が極端に狭くなる!

全ての「高卒者」に当てはまる厳しい現実、それは「とにかく需要が少ない」ということ。実は、高卒の転職が厳しいものとなる”最大の理由”がここにあります。

日本の社会は、「まぁ、大学まで進学するのは当たり前だろう」といった考えに支配されています。そして、実際にこの選択をする人が圧倒的に多いです。

そのため、企業は「大卒 = 普通」「高卒 = 普通じゃない」という認識に侵され、求人の応募条件に「4大卒以上」「短大・専門卒以上」を懸念を抱くことなく設定します。

実際に転職(就職)活動している人なら、この「条件の壁」に何度もぶち当たったことかと思います。私自身は大学中退・専門卒ですが、「4大卒以上」の壁に何度も阻まれて苦虫を嚙み潰したことは今でも鮮明に記憶しています。

<高卒需要の問題から誘発されるデメリット>

  • 応募条件が大きな壁となって選択肢が制限される
  • 学歴不問を掲げる会社・業界・職種を選択せざるを得ない

ここに高卒者全員に共通する「厳しい現実」が存在します。「高卒だから仕事ができない」という理由ではなく、「社会の風潮」や「過去から続く理由なき条件設定」が原因なんですね。

企業側も「高卒の中にも仕事ができる優秀な人がいる」なんてことは理解しています。しかし、「圧倒的大多数である大卒の中にも優秀な人がいるので、その中から選べばいい」という感覚なんですね。

何とも悔しいところですが、応募条件を設定する権限は企業にあるので、ここに憤りを覚えても何も解決しません。

高校卒業後の歩みによって状況はさらに厳しいものに!

ここまでは「高卒者」を一括りにしてお話ししてきましたが、単に「高卒」とは言っても、これまでの歩みからも厳しさは大きく異なります。

  1. 高校卒業後、正社員として就職してこれまでずっと働いてきた人
  2. 高校卒業後、正社員として就職したが退職し、その後は定職に就かずに過ごしてきた人
  3. 高校卒業後、一度も定職に就くことなく、フリーターとして過ごしてきた人

同じ「高卒」とは言っても、どの道を歩んできたかで「市場価値」は大きく異なります。もちろん「1」に該当する高卒者の市場価値が最も高く、「3」に該当する人が最も低くなります。

「1」に該当する人であれば転職のチャンスが多いのはもちろん、これまでの経験・スキルによっては「応募条件」の壁を超えての転職も実現可能です。

逆に、「2」「3」に該当する人は更に厳しさが増すのが実際です。これは何も「高卒」だからというわけではなく、「大卒」であってもこの状況であれば同じです。

基本的に企業というのは「現在働いている人(正社員として)」を評価します。そして、中途採用においては「社会人経験の有無」が重要になってきます。

そのため、「2」「3」に該当する人は、学歴云々を抜きにしても厳しい状況に追い込まれます。前述した「需要の少なさ」を含め、高卒の「厳しい現実」がここにあります。

 


 

高卒でも転職(就職)のチャンスは広がっている!

高卒者にとっては非常に厳しい内容だったかもしれませんが、全く諦める必要もなければ、悲観的になる必要もありません

昨今は、働き方が多様化している影響で「学業終了 ⇒ 会社に属する」ということが必ずしもお金を得る手段ではなくなってきました。また、学歴においても「大学進学」だけが道ではないことも徐々に行動として表れ出しています。

そして、これらの状況に更に拍車を掛けているのが、超高齢化・少子化の波です。そのため、企業は「人を雇いたくても雇えない」といった状況に陥っており、慢性的な人手不足が続いているんですね。

今、企業は「学歴」だとかで応募者を絞っている場合ではなく、広く応募を募る必要に迫られています。つまり、高卒であっても十分にチャンスがあるということ。

気付き

高卒の転職(就職)には厳しい現実が存在するが、チャンスは拡大している!

このチャンスを活かすために何をやるべきか、これがここでの本題なんですが、それは「一度でいいからプロに頼れ!」ということです。

昨今は転職ビジネスが多様化しており、「高卒」を含む社会的弱者を支援してくれる会社(エージェント)がたくさん登場しています。これらを是非とも有効活用して欲しいんですね。

何故かというと、厳しい状況を「独力」で突破するのは至難の業だからです

  • 履歴書・職務経歴書の完成度が低い
  • 高卒のハンデを克服するアピール方法が分かっていない
  • 企業選びの視点が定まっていない

ただでさえ「厳しい現実」があるにも関わらず、このような状態で競争を勝ち抜けるわけはありませんよね。だから、一度はプロに頼って、活動の進め方を学んで欲しいのです。

あなたと同じような厳しい立場にいる人たちを専門に支援してきた会社なので、適切なやり方やアピール方法が学べるはずです。

また、高卒の受け入れに寛容な会社とのパイプを持っているので、転職(就職)が実現しやすいのは言うまでもありません。

最終学歴が「高卒」だと、一般的な転職エージェントだと相手にされなかったり、後回し的な対応を受ける可能性が高いです。特に上記で「2」「3」に該当する人なら尚更です。だから、専門の会社に頼るのが得策です。

まずは、転職(就職)を実現する!
その会社で経験やスキルを積み上げる!

そうすれば、新たな可能性が広がります。逆に、これをやらないと年齢を重ねるほどにさらに厳しい状況に追い込まれ、どうにも立ち行かなくなって後悔します。

今のチャンスをものにするためにも、一度プロを頼ることを検討して下さい。

プロに頼ることで道は開ける!
当サイトでも「高卒」の支援に強みを持つ会社をいくつかご紹介しています。
 
⇒「高卒におすすめの就職(転職)エージェント!
 
最適な会社選びの参考としてご利用下さい。

 


 


関連記事


有益な転職サイト