エージェント

パーソルキャリアとdodaの違いを把握して転職活動に活かす!

解説

転職活動をしていると、同時に目にすることの多い2つの名称があります。

  • パーソルキャリア
  • doda(デューダ)

転職をスムーズに進めるためにも、しっかりと両者の違いを把握し、有効にサービスを利用したいですね。

ここでは、両社の違いと、提供するサービスについてお伝えしていきます。

 

 

パーソルキャリアとは?

パーソルキャリアというのは「会社名」です。

正式名称はパーソルキャリア株式会社で、以下の事業を生業とする会社です。

  • 人材紹介サービス
  • 求人メディアの運営
  • 転職・就職支援
  • 採用・経営支援
  • 副業・兼業・フリーランス支援サービスの提供

※旧名は「株式会社インテリジェンス」でしたが、2017年7月に「パーソルキャリア株式会社」へと商号変更している!

インテリジェンス時代を含め、相当長くこの業界で生き抜いてきた企業で、転職(経験者採用)の分野では業界TOPクラスの実績を誇ります。

表題のdodaが最たるサービスになりますが、昨今ではCMも流れて注目度が高まっている「MIIDAS(ミイダス)」なんかもパーソルキャリアが運営していますね。

 

 

doda(デューダ)とは?

doda(デューダ)というのは、パーソルキャリアが提供する転職支援サービスの名称です。

パーソルキャリアは経験者採用を強みとしているので、その強みが全て詰まったサービスと言えるかと思います。

特筆すべきは、dodaに登録するだけで一気に3つのサービスを利用できること!

  • 転職サイト
  • エージェントサービス
  • スカウトサービス

例えば、自分で求人を見つけて応募したいのなら「転職サイト」として利用すればOKですし、サポート込みで転職を支援してもらいたいのなら「エージェントサービス」を利用すれば実現できます。

もちろん、個々で使い方は決められるので、各サービスの利用を強制されることもありません。

転職に臨むのであれば、求人掲載数から見ても、まず登録しておいて間違いはありません!

dodaは、転職サイトの最大手「リクナビNEXT」と共に、多くの転職者が利用通過していくサービス!

 

最大の強みはエージェント?

今でこそ「doda」は総合的な転職支援サービスとなっていますが、私が転職に臨んでいた一昔前はエージェントとして名高かったです。

それは、今でもしっかりと「強み」として残っているので、積極的に利用していきたいサービスになりますね。

特に、私的には「転職活動初期」の利用を推奨したいです!

何故かと言うと、以下のサポートが期待できるからです。

<エージェントサービスのサポート詳細より>

1.応募書類のアドバイス

人事担当者をひきつける履歴書、職務経歴書を書くための秘訣をていねいにアドバイスします。

2)応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押し

履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募します。

3)面接前後のきめ細かいフォロー

dodaでは面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウをdodaの専門スタッフが直接アドバイスします。

エージェントサービスは営利ビジネスなので、求職者の要望と実力があまりに隔離していたり、各種状況によってはサポートが受けれないこともあります。

でも、これは実際に申し込んでみないことには分かりません!

なので、「私なんて・・・」などの遠慮は一切必要なく、積極的な行動は必ずプラスになります。

たとえdodaのエージェントサービスで転職先が決まらなくても、ここで得た知識はその後の活動に大いに役立つ!

だからこそ、転職活動初期に積極的に利用して、プロの意見を取り入れて欲しいのです。もちろん、一早く転職先を決定できる可能性もありますからね。

兎にも角にも、dodaはパーソルキャリアが運営する利用価値の高いサービスである!

この認識で良いのではないでしょうか。

利用は無料、使わない理由はありません。

転職活動にdodaを追加!

doda(デューダ)」公式サイトへ