DODA

DODAが「面談してくれない(面談なし)」たった一つの大きな理由!

DODAの公式サイトでは、エージェントサービスに申し込むと「面談や各種サポートと通してあなたの転職をトータルでサポートします!」といったことが明記されています。

求職者はこれに期待して申し込みを行うのですが、「面談してくれない」「電話面談オンリー」「キャリアカウンセリングを断られた」といった結果になる人が結構おられます。

求職者からすると「何故?」と憤りすら感じる事態ですが、DODAを含む転職エージェントはボランティア団体ではないので、「面談をしない(サポートしない)人もいる」というのは普通のことです。

その理由を詳しくお伝えします。

 


 

DODAが面談してくれない理由とは?

ここは先に結論をお伝えしますが、面談してくれない理由、それは「あなたをサポートしても売上に繋がらない(または、売上に繋がりにくい)」と判断されたからです。

このように判断される要因は多々ありますが、理由はこれに尽きます。

転職支援サービスは営利ビジネスです。そのため、サポートすることで内定を獲得できる可能性の高い人(市場価値の高い人材)を優先的に対応します。逆に、市場価値の低い人には「面談しない」「サポートしない」といった対応を取ることがあります。

  1. 優秀なキャリアを持つ超ハイスペックな人材(年収1,000万円)
  2. 年齢相応の経験・スキルを有するまずまずの人材(年収500万円)
  3. 低スペックで市場価値の低い人材(年収350万円)

たとえば、上記のような3人の求職者がいた場合、エージェントというのは「1 > 2 > 3」という優先順位を付けてサポートしていきます。これは全てのエージェントの共通事項です。

「1」の候補者には、腕利きの優秀な担当者を割り当て、「当社経由で何としてでも転職してもらおう」と全力でサポートします。これが「3」の候補者となると、全ての要素が反転し、最悪の場合「面談もしない(利用をお断りする)」となります。

つまり、DODAに申し込んで「面談してくれない」という結果を受け取ったということは、あなたが「3」に属している可能性が高いということを意味するのです。厳しいですが、これがエージェントサービスの実態です。

  • 市場価値が低い(経験・スキル・実績が乏しい)
  • 高年齢(年齢相応のスペックを有していない)
  • 転職回数が多い(ジョブホッパー)
  • 学歴の問題(最終学歴が高卒)
  • 自身の市場価値に見合わない高望みをしている
  • 経験職種が特殊(紹介できる求人がない)

売上に繋がらないと判断される要因は様々ですが、エージェントは「自社の保有する求人」や「企業の要望」から、求職者を見極め、サポートするかどうかを判断しています。

要するに、エージェントサービスは、全ての人に公平なサービスが提供されるものではないということです。各サイトにおいて、全員が親身なサポートが受けられるように書かれていますが、あくまでも登録を促すための宣伝です。

まして、DODAは転職支援サービスの大手ですから、申し込む人がとてつもなく多いです。そのため、求職者を選り好みできる立場にあり、これも厳しい結果となりやすい原因です。

 


 

DODAで面談を拒否された際の対応策

DODAで「面談なし」となった場合に確実に言えることは、「DODAの中であなたの優先順位は高くない」ということです。そのため、DODAを利用する価値は極めて低くなります。

この対策として有効なのは、「別のエージェントに可能性を見出す!」ということです。

他のエージェントに申し込んでみると、あっさりとサポートを受けることができた! なんて話もよく聞くので、あきらめずにトライしていくことが大切です。また、自分自身の属性や経験に即した「特化型のエージェント」を選択するのも一つの手です。

DODAと同様の結果が続くようなら、転職は厳しものになる可能性があります。自身の「市場価値」をもう一度見つめ直し(原因を探り)、転職の必要性や時期について再考するのも大切です。

【DODAと同等の大手総合型エージェント(サポート期待度はDODAと同等)】

 
【第二新卒・20代に強いエージェント(サポート期待度は高い)】

 
【社会的弱者に強いエージェント(サポート期待度は高い)】

 


関連記事


有益な転職サイト