優秀コンサルタント

優秀なキャリアコンサルタントに担当してもらう方法!

優秀なキャリアコンサルタントに担当になってもらえるかどうか・・・。

実はこれ、転職エージェントで転職が成功するか否かを決める重要な要素です。

基本的に求職者が頭を悩ますのは「どの会社を利用するか」だと思いますが、
実はそれよりも「どんな人に担当になってもらうか」の方が遥かに重要なんですね。

あなたのキャリア設計、紹介企業の抽出、情報の提供、選考対策、企業への推薦を行うのは担当者です。
つまり、担当コンサルタントの力量があなたの転職先に大きな影響を及ぼすわけです。

だからこそ、優秀なキャリアコンサルタントを担当に望むことが大切なんですね。
ここでは、それを実現するいくつかの方法をお伝えします。

優秀なキャリアコンサルタントと出会うベストな方法

優秀なキャリアコンサルタントに出会うベストな方法は「紹介してもらうこと」です。

自分の身の回りで、転職エージェントを利用したことがある友人や先輩がいたら聞いてみましょう。もしくは、転職エージェントとして働く知り合いがいたら、優秀な先輩コンサルタントを紹介してもらうことです。

優秀そうな人が見つかったら、メールアドレスを聞いて、問い合わせてみる。
結局、これが最も確実な方法です。

 

若年層の転職希望者は紹介がより重要に!

若年層(20代前半~中盤・第二新卒)の転職者は「紹介」を第一に考えて下さい。

何故なら、優秀なコンサルタントは、年収の高い人の担当に配置されることが多いからです。例えば、年収800万円以上の人を担当するのは、スキルも経験も十分なコンサルタントです。そうでないと、ハイスペックな求職者の相談相手になれないからです。

となると、若年層(20代前半~中盤・第二新卒)の転職者には、2番手、3番手の人が担当するケースがどうしても多くなってしまいます

若年層の転職者が仕事に関する専門的なツッコミをコンサルタントにぶつけることは少ないです。だから、経験不足のコンサルタントであったとしても、「色々な企業や可能性を模索しながら一緒に考えていきましょう」などと言って何社も受けてもらい、なんとか内定を取ってもらうことくらいは可能です。

でも、その企業が転職者にとって最適な企業とは限りませんよね。
だから、優秀なコンサルタントを紹介してもらうのがベストなんです。

「〇〇さんから紹介いただいたんですが、私も担当してもらえませんか」と言えば、結構な確率でOKしてもらえます。コンサルタントとしても、指名されれば嬉しいものですし、「久々の若手だし、いっちょやってみるか」とやる気満で対応してくれることでしょう。

昨今は、若年層が流動的になった影響で、その穴埋めで同年代を求める企業も増えています。
そんな状況から若年層に特化したエージェントも登場しています。
 
若年層の転職(就職)に強いマイナビグループが運営する「マイナビジョブ20’S」です!
 
紹介を受けることが難しい場合は、年代特化型を使うことでも対処可能です。

誰でもできる優秀なコンサルタントに近づく方法

前述した「紹介」はやっぱり実現が難しいですよね。
周りにエージェント経由で転職が成功した人、関わりのある人がいないのが普通です。

そこで、誰もができる方法をいくつかご紹介します。

 

口コミサイトで評価を確認する

エージェントの口コミサイト「Callingood」を使う手があります。

Callingood(コーリングッド)は転職・キャリア相談に特化したQ&Aサイトで、
質問を投稿すると、登録しているコンサルタントが答えてくれるサービスもあります。

答えが秀逸だったり、価値観に共感できる!
そんな人を見つけて担当してもらうのもありです。

 

大手エージェントに複数登録して見極める

大手のエージェントに3社ほど登録し、担当者と面談を行って見極める方法です。

大手は実績、経験が豊富なコンサルタントが多数在籍していますし、多方面の業界出身者が集まっているので、あなたの希望業界(職種)に詳しい担当が割り振られる可能性が高いです。

複数の担当者に会うことで優劣が付けれますから、
優先順位を付けて利用していくことでベターを追求できます。

大手の転職エージェントは以下の4社がおすすめです。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  2. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  3. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  4. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  5. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  6. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  7. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  8. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!