二択

幼稚園教諭と保育士を比較!就職しやすいのはどっち?

何かと比較されることの多い「幼稚園教諭」と「保育士」ですが、就職のしやすさに有利・不利はあるのでしょうか。

資格(免許)を取得したにも関わらず、就職できなければ本末転倒ですから、「幼稚園教諭免許状」or「保育士資格」どちらを取得するか悩んでいる人であれば、この点は気になりますよね。

「幼稚園教諭と保育士、就職しやすいのはどちらか?」

この疑問を検証する形で「就職の有利・不利」について考えてみましょう。

 

幼稚園教諭 vs 保育士【就職の有利・不利】

ここは先に結論をお伝えします。

就職に有利なのは「保育士」です!

これは、幼稚園の先生になるのが難しいという要素よりも、「現在の社会情勢」や「保育時間の問題」が根底にあります。

<現在の社会情勢と保育時間の問題>
 
核家族化の進行・共働き世帯の増加に伴い、母親がパート・アルバイトで働いている間の保育需要が急激に増加。従来の幼稚園は14時~15時の終業であり、これだと十分な勤務時間が確保できないため、夜まで対応可能な保育所の需要が増加し、幼稚園の需要は低下傾向に…。
 
また、幼稚園は「3歳未満は非対象」、保育所は「原則ゼロ歳から小学入学前まで対象」という違いがあり、昨今は出産後1年で職場に復帰するといった女性も多いため、これも保育所需要が高まる原因となっています。

 
要は、保育所需要の急激な高まりに比例して、保育士の需要も高まっている!というわけですね。そのため、就職においては保育士が有利な状況にあります。

実際、保育所や特定地域型保育事業を行う会社は年々増加していますが、幼稚園は減少傾向にあります。また、幼稚園教諭免許の所持者が「保育士資格」を取得するケースも増えています。

ただ、近年は新制度施行に伴い、「保育所機能を持つ幼稚園型」「幼稚園機能を持つ保育所型」「幼稚園と保育所の双方施設を有する幼保連携型」の認定こども園が登場し、幅広い需要に応える動きが広まっています。

そのため、幼稚園教諭免許の所持者に対する需要も十分にあり、圧倒的に不利だというわけではありません。あくまでも、両者を比較した場合「保育士の方が就職しやすい」というお話しです。

 


 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 分析

    面接

    転職の最終面接の結果が「遅い」・「早い」がもたらす真実に迫る!
  2. ストップ

    転職の現実

    仕事内容が不満だから転職する…それ、ちょっと待った!
  3. 利益を出せる人

    転職の考え方

    転職で評価される人とは、より大きな利益を出せる人である!
  4. サラリーマン

    転職の考え方

    50代の転職成功は「後進の育成」がポイントに!
  5. ライバル

    転職活動

    ライバルが少なくて弱い!そんな有利な時期を狙って転職を成功させよう!
  6. 面接

    面接

    転職面接「前職は円満退職でしたか?」の質問意図とOK・NG回答
  7. チェックポイント

    履歴書, 職務経歴書

    転職の書類選考で落ちる!通らない!4つの見直しポイント確認を
  8. 必ず聞かれる質問

    面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)