対話

転職を妻(彼女)に相談する理想のタイミングとは?

転職のことを妻(彼女)に話すタイミングはいつが理想なんでしょうか。

  1. 転職を考え始めた時
  2. 転職する意思が固まった時
  3. 転職先が決定(内定獲得)した時?

人それぞれ考え方や価値観が異なるので、この疑問に明確な答えはありません。しかし、転職することを大前提に考えるのであれば、「3.転職先が決定した時(内定承諾前、退職届提出前)」が理想ではないでしょうか。

*転職するかどうかを迷っている段階で意見を聞いておきたい場合は、転職活動を始める前に事前相談するのがベターです。前向きな意見がもらえらば、活動がやりやすくなります。

特に結婚している男性の場合、内定先も、雇用条件も確定していない時期に「転職するつもりだ」と話すと、基本的に反対されます。「給料が減るのでは?」「生活が激変するのでは?」「ここから通えるの?」と心配になるからです。妻は家庭を守るのが仕事ですから、このリアクションは当然です。

嫁ブロック…なんて言葉があるくらい、男性よりも女性の方がシビアに現実を見つめる傾向があり、「こんな仕事がしたい」と転職活動する夫を、「お金と時間のことを考えないと駄目でしょ」と押しとどめます。「転職して本当にやっていけるの?」という妻の問いに対し、「分からないけど挑戦したい!」なんて返すと、絶対ケンカになりますからね。

 


 

相談することで見落としていた点が見つかることも

前述した理由から、転職先から全ての条件が提示され、現職に退職の意思を伝える直前が、妻(彼女)に伝える理想のタイミングではないでしょうか。

この段階までいけば、自分の転職意思は固まっていますし、条件が提示されているので「妻(彼女)」に検討材料を与えることもできます。更に、現職に退職の意思を伝えていないので、「転職せずに現職に留まる」という選択も可能です。

また、妻(彼女)からのアドバイスや意見で、これまで見えていなかった落とし穴に気付くこともあります。転職することも、現職に留まることも可能、判断材料もアリ、意見ももらえる、まさに理想のタイミングではないでしょうか。

報告の際は「説得」ではなく「対話」を心掛ける!

転職の意思があることを相談する際は、「説得してやろう!」という一方的なスタンスではなく、「対話」を心掛けて下さい。パートナーから貴重なアドバイスや新たな気付きを貰えることがあるかもしれません。あなた自身もパートナーの話に耳を傾け、柔軟に対応できるスタンスでいなければなりません。

また、何の前置きも無く「転職することにした」と話すと、さすがにびっくりさせてしまうので、じわじわと「転職の可能性」を匂わす方法もあります。

たとえば、「頑張っているのに給料が増えないんだよなぁ」「本当に残業が減らない」「俺も早く帰って家事を手伝いたいのだけど」といった情報を小出しにし、仕事で悩んでいることを匂わせておきます。そうすると、良い転職先が見つかった時に受け入れてもらいやすくなります。

 

 


関連記事


転職サイトランキング