未経験OK

転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!

転職サイトには「未経験OK」を掲げた求人が数多く見られます。

未経験職への転職を考えている人にとっては嬉しい要素であり、採用の可能性があることを意味します。
この認識で間違いではなんですが、この文言を素直に受け取り過ぎるのは危険です。

普通に考えると、企業は「高い利益を挙げられる経験者」を採用したいはずです。
それにも関わらず「未経験OK」という条件を掲げています。

何故なんでしょう?
矛盾しますよね。

つまり、そこには必ず未経験OKとしている理由が存在するんですね。
だからこそ、求職者側は「見極める目」を持っておくことが求められるんです。

<未経験OK求人のパターン>
 
1.転職サイト側の都合
2.不人気企業が応募者を多く募るため
3.経験は問わず、優秀な人材を募るため
4.意図して未経験者を求めている
 
*求人の内訳は「1+2(80%)」「3(15%)」「4(5%)」の割合となります。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

1.転職サイト側の都合

まず、転職サイトは「求職者」よりも、どちらかというと「お金を出してくれる企業」の味方です。

ある企業が「A」という転職サイトに求人を依頼したとします。
もしそれで応募が全く集まらなかったとしたらどう感じるでしょう?
掲載企業は「A」は使えないと判断しますよね。

これ、転職サイトとして最も避けなければならないことなんですね。
「掲載してもらえない = 売上が立たない」を意味するからです。

じゃ、それを防ぐ為に転職サイトの営業マンはどうするか。
そう、企業に「未経験OKと出した方が応募が多く集まりますし、未経験でも優秀な人はいるかもしれません」と、未経験OKでの掲載を勧めるんですね。

採用側の企業が未経験者を採用する気がほとんどないにも関わらず・・・です。

つまり、求職者側から考えると「採用の見込みが著しく低い求人」ということになりますよね。
でも、未経験OKの求人には、このような求職者の意向を無視した求人が普通に存在します。

2.不人気企業が応募者を多く募るため

離職率が高い企業や評判の良くない不人気企業が、取り敢えず多くの応募者を集めるために「未経験OK」を使用しているパターンです。例えば、「50人くらいを一気に採用して、10人残ればいいや」と考えている企業などです。

このパターンの場合は、本当に未経験であってもあっさりと内定を貰えたりします。
応募してどんな会社を探ることは問題ありませんが、面接で転職理由、志望動機、前職での経験などを深く探られることなく、「あっさり内定」となった未経験OK求人は注意が必要です。

内定を得て疑問に感じることがあれば、それは「不人気企業の求人」である可能性がありますから、じっくりと検討することをおすすめします。通年で求人を掲載している企業はこの可能性が高いですし、採用過程が雑(すぐ終わる)なことが多いので、違和感を感じたら一旦立ち止まって考えましょう。

ただし、この場合の「未経験OK」は文言的には間違いがないので、チャンスではあります。

3.経験は問わず、優秀な人材を募るため

誰もが知っている大手優良企業であっても、「未経験OK」として優秀な人材を募っているケースもあります。
ただし、経験は問わないが、その他の要素については「非常に高いハードルが設定されている」と認識しておきましょう。

このパターンは、総合商社や有名コンサルティング会社などの人気企業でも時折見られます。
ただ、「業界経験者ですら選考に通らないくらい人物面のポテンシャルが深く探られる」と覚悟しておくことですね。つまり、未経験者でも応募は可能だが、「内定獲得への道は極めて険しい」というパターンですね。

また、業績が急激に伸びてとにかく人手が足りないケースもあります。
この場合は、通常よりも採用基準が低くなっていますから、未経験でも大手優良企業に入社できるチャンスと言えます。

ただし、急成長中の企業ですから業務過多で忙しく、未経験者のあなたは相当なスピードでの戦力化が求められます。更に、短期間で大きな職務を与えられる可能性もありますから、それ相応の覚悟を持って入社する必要があります。

4.意図して未経験者を求めている

既存社員には望めない経験やスキルを欲して、意図して未経験者を求めているケースもあります。
新規事業への進出や社内改革を考えている企業などに見られるパターンですね。

異職種出身者であるからこその視点や経験が求められていますから、期待度は大きくて大変な面はありますが、非常に有意義な求人と言えます。

但し、内訳的には5%程度しかないので狭き門となります。

まとめ

未経験OK求人の4パターンを解説してきましたが、以下の現実が存在することを理解しておきましょう。

未経験OKと掲載されていても採用する気がない企業が存在する!
未経験OKだからこそ注意すべき求人がある!
未経験OKだからと言って簡単に内定は獲得できない!

こんな現実が存在しますから、大切なのは「なぜ、未経験OKなんだろう?」とその背景を推測することです。

そこには必ず理由があります。
背景を推測したとしても、どのパターンに該当するのか見分けられないこともあります。
ただ、その理由を求めながら企業研究することで、いつも以上にその企業が見えてくるはずです。

しっかりとあなたの目で見極めましょう。

ただ、全ての「未経験OK」がこのパターンに当てはまるとも限りません。
1のような求人であっても、採用過程で評価が高まって未経験者が採用されることはあります。
2のような求人は「避けなければならない求人」というわけでもありません。

2に該当する会社でも超一流企業は存在しますし、完全実力主義であるが故に、それについていけずに辞める人が多く、離職率が高いというケースも多々あるからです。

つまり、未経験OKの理由を推測して、それを理解した上で応募することが大切なんですね。

要は、あなたに合った(あなたが求めている)未経験OKなのかを見極めるということです!

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  2. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  3. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  4. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  5. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  6. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  7. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  8. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!