転職実力主義

転職して実力主義を望むなら離職率は気にする必要なし

転職を機に実力主義の会社に入り、成果に応じた給料を獲得したい!

あなたはこの種の考えをお持ちの方なのかもしれません。仕事の根本的な目的(お金を稼ぐ)から、この発想に至るのは自然なことですし、高い志を持っているとも言えるので素晴らしいと思います。

ここでは、そんなあなたに企業選びのヒントとなる考え方(実力主義の会社は離職率が高くて当たり前)をお伝えしたいのです。

昨今は「ブラック企業」なる言葉が蔓延しているが為に、企業選びの一つの要素として「離職率」が注目されています。その影響で「離職率が高い=ブラック」なんて言われることがありますが、実力主義の会社は決してそうではありません。

実力主義の会社は、ブラックだから離職率が高いのではなく、真に実力主義だから離職率が高いのです!

事実、ブラックと呼ばれる企業には「超一流企業(一部上場の有名企業)」が数多く存在し、それらの企業には、一流であるが故の厳しさがあります。要するに、ブラックという言葉は「一流が故の厳しさについていけずに辞めた人のいい訳」に使われているだけなんですね。

あの会社はブラックだから辞めて当然だ…と自分の転職を正当化したいがための言い訳です。

今の転職市場は安定感を求めて「大企業」に入りたいと願う人が多いにも関わらず、離職率が高いという理由だけで敬遠される優良企業が多々あります。だからこそ、実力主義で勝負したいと考えているのであれば、離職率云々で会社を決めず、広い視野を持って会社を選んで欲しいのです。

 


 

実力主義の会社の「離職率」が高い理由とは?

真に実力主義の会社は、その名の通り「年齢」や「職歴」に関係なく昇進・昇格が行われます。つまり、仕事ができる人、高い成果を出せる人は昇進・昇給していき、逆にそうでない人は一生横這いが続くことを意味します。

この一生横這い状態(入社時と同じ給料や地位が続く)に陥ってしまうと、今後の人生を設計できません。だから、残念ながらこちら側に入ってしまった人は、辞めざるを得ない状況に追い込まれ、転職の道に進むことになります。

つまり、この原因(実力主義に敗れて)で辞める人が一定数いるので、自ずと「離職率」が高くなるんですね。逆に、実力主義でない会社の場合は、この原因で辞める人がいないので、ある程度の離職率で収まるのです。

この実態が良いのか悪いのかは別として、これが実力主義の世界です。

これをブラックなんて言う人もいますが、「会社にさえ入れば一生安泰」「長く働き続ければ勝手に給料が上がっていく」「会社が自分を守ってくれる」と勘違いしているだけです。

実力主義であることが多い「営業職」や、数値で評価されることが多い「販売職」なんかは、離職率が高いですよね。ここに一つの原因があるんです。

兎にも角にも、あなたが実力主義の会社で勝負したいのなら、「離職率」を選択条件の上位にはしないことです。何故なら、真に実力主義の会社は、間違いなく「離職率」が高いからです。

 

実力主義の会社はブラックと呼ばれることも

実力主義は「成果(頑張り)がダイレクトに評価される」という良面を持っているわけですが、逆に、実力主義が故の厳しさは絶対に存在します。常に激しい競争の中にいるため、長くいるとだんだん疲弊してきます。

だから、そこそこの成果が出せる人であったとしても、未来を見据えた時に、「年齢を重ねてもこの厳しい環境でやっていけるのだろうか?」と考えてしまうんですね。実は、この将来性に不安を覚えて辞めていく人が多いのも実力主義の特徴です。

私自身も「実力主義」の超有名企業で働いていた経験がありますが、要求されるレベルが非常に高く、緊張状態がずっと続く環境であったことを覚えています。結果、次第に色々なものが限界を向かえ、辞めざるを得ない状況に陥りました。

だから、私も「実力主義(一流が故の厳しさ)」についていけずに辞めた人間の一人です。

そして、私が働いていたこの会社も「ブラック」と呼ばれることがあります。でも、他の大手有名企業に引けを取らないくらいの「給料」を貰っていましたし、会社の「福利厚生」も全てきちんと整備されていました。

つまり、実態は全くブラックではなく、真に実力主義の優良企業だったわけです。

この通り、実力主義は本当に厳しい面を持っているのは事実であり、ブラックなんて呼ばれたりする場合もありますが、内実は優良企業であることも多いにあります。世間の風評や離職率に流されず、自分の目でしっかりと企業を見極めましょう。

私の経験談から実力主義の会社で働くメリットを挙げさせてもらうと、「厳しい環境に身を置くことで、自分のスキルや能力が短期間で圧倒的に向上する」という点です。だから、たとえその会社を辞めることになったとしても、その経験が今後の人生に大いに役立つのです。

あなたが実力主義への転職を考えているのなら、その道に挑戦することは決してマイナスにはならないはずです!

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 給料下がる

    転職の考え方

    給料が下がる転職はより若い内に行うのがベスト!
  2. コピーライター

    職業

    コピーライターとは?実態(道筋・仕事内容・年収・フリーランス)に迫る!
  3. 成功

    転職事例集

    転職成功事例!未経験者が経験者に勝利して内定GET!
  4. 有利な年齢

    転職の考え方

    転職に有利な年齢は25~28歳!その理由とその他の年齢の現実
  5. 申告

    面接

    面接での病気について!申告の必要性、嘘(隠す)、不採用の可能性に迫る!
  6. 要注意

    エージェント

    大量の求人を紹介してくる転職エージェントには要注意!
  7. 矢印幼稚園

    職業

    社会人から「幼稚園の先生」になるには? 5つのルートをご紹介!
  8. はてな

    転職サイト

    企業の口コミサイトは信用できるのか?【信用度調査-転職編】