退職理由

転職面接「退職理由」の回答例と盛り込むべき重要ポイント

転職の面接で聞かれることが多く、答えにくさも最上級の質問が「退職理由」ではないでしょうか。

この「退職理由」にはご法度とされる回答が存在し、それを素直に語ってしまうと不採用に直結する危険な質問です。そのため、「ある程度の作り込みが必要な質問」と言えますから、難しくもあり、対策しているかが諸に出てしまいます。

その為、企業側からすると「不採用者を炙り出す質問」として最適なんですね。

ここで一つ理解しておくべきことは、「退職理由は良い人を選ぶための質問ではない」ということです。重要なのは「不採用に繋がる回答をしないこと」の一点ですから、高評価を獲得しようと考える必要はありません。

ここでは、転職面接において最重要項目の一つである「退職理由」について、企業の質問意図、NG・OK回答例を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

適切な回答を準備する為、企業の質問意図を把握しておきましょう。

  • 同じような理由で退職しないかを自社に当てはめて判断したい
  • ネガティブ要素を排除し、どれだけ納得させてくれるのかを確認している
  • 前職の悪口や愚痴のような退職理由は聞きたくない
  • 劣悪な職場環境や仕事内容が原因ならば正直に語ってくれても構わない

まず、前職の退職理由が自社でも起こり得ないかを探っています。つまり、どの会社でも起こり得ることを素直に語ることは避けなければなりません。これがご法度とされる回答であり、「人間関係」「仕事が辛い(残業が多い、体力的にきつい)」「やりたい仕事ができない」「会社の将来性が不安」などに代表されるものです。

もちろん、これらを言い回しを変えて伝えれば問題ありませんが、下手するとマイナス評価に直結するので細心の注意が必要です。自らリスクを背負う必要はないので、他に語れる内容があればそちらを採用しましょう。

ただ、退職理由は何かしらの不満やネガティブ要素があることは企業も理解しています。ですから、結局は「ネガティブ要素を排除し、どれだけ納得させられるか」が重要なんですね。その能力を見る為の質問とも言えます。よく、「不満を前向きなことに換えて話せ」と言われますが、そういうことです。

次に、悪口や愚痴をいくら熱心に語っても意味はありません。例えば「前の会社はこんな悪いところがある。だから辞めて当然ですよね!?」といった流れで話を進めるのはご法度です。面接はそんなことを語る場ではありませんし、人のなりを疑われてしまうだけです。

ただ、コンプライアンス違反が横行している、常識に逸脱した行為を強制される、セクハラ、パワハラなどに代表される「劣悪な職場環境」が原因で、誰が聞いても客観的に納得できる内容であれば素直に語っても問題はないでしょう。

 

退職理由のNG回答例

面接でよくありがちなNG回答についても挙げておきます。

「残業が多く、仕事があまりにもきついので~」
 
「上司が細かいところまで口を出してきて~、上司と考え方が合わず~」
 
「私は〇〇の仕事がしたいのですが、やらせてもらえず~、今の仕事をやっている意味が見い出せず~」
 
「会社の将来性が不安で~、会社の業績が悪く、倒産しないか心配で~」

これらの回答を素直に語ることは、「仕事に対する認識が甘い!」「あなたの人間性の問題では?」「同じことが起こったらまた辞める!?」と負の連想を相手に抱かせます。客観的に見て納得できる内容ではないため、本当の理由であっても語るべきではありません。

退職理由のOK回答例

退職理由のOK例文から回答のポイントを探りましょう。

【〇〇職へのキャリアプランを実現したい場合】
 
私の思い描くキャリアプランと会社の方向性が大きく異なっていたために退職致しました。
私が前職を選んだ理由は、一定期間営業経験を積むと〇〇職へのキャリアパスがあると採用時に説明いただいたからです。ただ、内実は〇〇職への異動は非常に困難で、社内公募制度で異動願いを出しましたが聞き入れられませんでした。更に、営業上がりの社員の異動実績は皆無という実態もありました。
もちろん、会社に対して異動願いを出し続け、退職せずにそのチャンスを探る選択肢があったのは確かです。ただ、本意でない営業職でいたずらに時間を過ごすことが正解とは思えず、退職を決意致しました。
 
 
【会社・上司と考え方が合わないケースの言い回しを換えて伝える場合】
 
前職は保守的で、新しい提案やチャレンジが受け入れられない体質の会社でしたので、その体質改善を実現することが退職を決意した理由です。
私は〇〇の手法を取り入れてみたいと考え、何度か上司に提案したんですが、考え方の違いから受け入れられることはありませんでした。前職はどちらかと言うと、新しいことにチャレンジするよりも、既に確立された手法を愚直にこなすことが求められる職場だったことが理由です。
もちろん、それはそれで素晴らしいことなんですが、私は将来的に提案力を活かして企画の仕事をしたいと考えています。ですから、提案が受け入れられる環境で提案力を磨きたいと考え、転職するに至りました。

 
2つの回答例には共通点があります。

  1. 明確なキャリアプランを持っている
  2. キャリアプランを実現する為に行動したが実現できなかった
  3. だから転職を決意した
  4. 応募先企業にはそれを実現できる環境がある(志望動機との連動)

この例文にしても、裏を返せば「やりたい仕事ができない」「会社・上司と合わない」というどの会社でも起こり得る事例です。ただ、客観性のあるストーリーが存在し、話に説得力があることが分かると思います。そして、この説得力を生み出しているポイントが「改善の為に行動した事実」と「志望動機との連動」なんですね。

ここに「改善する為の行動」がなければ、ただ単に転職に逃げてきた自分勝手な行動と受け取られます。また、退職理由を満たす環境が応募先企業に存在しなければ、話の辻褄が合いません。

以上を踏まえて考えると、ある意味「退職理由は志望動機とイコールである」ということなんですね。つまり、退職理由を考える際は「応募先企業に入りたい理由(志望動機)が、前職では実現できないから退職した(退職理由)」と考えると簡単なんですね。

更に、「改善する為に行動したけど、実現できなかった」を加えることで、相手を納得させられる回答が出来上がります。

あなたも、このポイントを重視して退職理由を準備してみて下さい。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. キャリアアップ

    転職の考え方

    営業・販売系職種のキャリアアップを階層構造で分かりやすく解説!
  2. 会社を辞めて転職活動

    転職の現実

    会社を辞めてから転職活動する前に知っておいて欲しい10のこと
  3. 英語

    転職の現実

    転職市場では「英語力の高い理系」が企業から求められている!
  4. リクルートエージェント

    エージェント

    リクルートエージェントに年齢制限はあるのか?
  5. サイト

    職務経歴書

    職務経歴書の書き方が分からない時に、めっちゃ使える転職サイト!
  6. 転職エージェント

    エージェント

    転職エージェントとは?メリット・デメリットにも迫る
  7. 出世

    転職の悩み

    今の会社で出世できるか不安です。転職すべきなんでしょうか?
  8. 幼稚園

    職業

    幼稚園の先生の「休日・有給休暇」の実態に迫る!