すぐに辞める

新卒入社した会社をすぐに辞めて転職するのは不利なのか?

新卒で無事就職できたはいいが・・・。

会社が合わない。
仕事が合わない。
想像と違っていた。
失敗だと感じる。

入社して1年にも満たないが、すぐにでも辞めて転職したい・・・。

今の時代、こんな状況に陥っている人は多くいらっしゃるでしょう。

でも、「すぐに会社を辞めると転職できないのではないか?」「転職するにおいて不利なんではないか?」こんな疑問で頭を悩ませているのではないでしょうか。

ここは先に結論をお伝えします。

新卒入社した会社をすぐに辞めると、転職では100%不利になります

あなたに嘘の情報を与えて安心させても何も意味がありませんから、本当の事実をお伝えさせていただきました。

でも、転職はできます。何故なら、世の中には「会社をすぐに辞めようが」「転職回数が多かろうが」どんな人でも採用したい会社が存在するからです。ただ、想像はできるかとは思いますが、それは「誰もが避けたい業界や職種」であることがほとんどです。

「あなたは、そんな業界や職種に転職したいですか?」
「あなたは、そんな業界や職種でやっていく覚悟を持っていますか?」
「あなたは、1社目はすぐに辞めているわけで、次も同じことを繰り返すと最悪の結果が待っていることを理解していますか?」

これに「YES」と回答できないのであれば、新卒入社した会社をすぐに辞めることに対しては再考の余地があります。ここでは、その理由と共に、どうすれば良いのかを詳しくお伝えします。

新卒入社ですぐに辞めると不利になる理由

あなたは、どういった経緯があったにせよ「この会社で頑張ろう」と決めて新卒入社したはずです。それにも関わらず、自分で決めたことを「1年すら継続できない人」は社会的に信用されません。

転職者を募っている企業は「自社でも何かあるとすぐに辞めてしまうのでは?」と考えます。ですから、その状態で面接を受けに行くと「なぜ、前職を辞めたのか」「自社は本当に辞めないのか」を何度も何度も確認されます。そこで、企業側が納得する「退職理由」と「継続意思」を提示できないと不採用となります。あなたは、面接で企業が納得する理由を語ることができますか?

また、転職は「社会人経験を持った即戦力」を求めていることが多いです。でも、新卒入社ですぐに辞めた人が「企業が求める経験やスキル」を持っていることは稀です。それを身に付ける前に辞めたわけですから。つまり、豊富な経験やスキルを持つライバルに勝つことが相当難しくなります。

つまり、新卒入社ですぐに辞めた人は「転職に必要なものを何も持っていない状態で勝負しなければならない」ということになります。ですから、転職では100%不利になり、選択肢が限られるんですね。

今の会社でやっていける可能性を持っている場合

もし、上記の事実を知ってまだ頑張ってやっていける余地がある人は、今がどんな環境であっても辞めずに耐えて下さい。そして、その環境で3年前後頑張って、経験・スキル・ビジネスマナーを身に付けて下さい。そうすれば、あなたは「第二新卒」という位置に到達できます。

新卒採用後、社会人として3年前後勤め上げた「第二新卒」は転職市場で最も求められており、難易度の高い職種転換などを実現できる最大のチャンスでもあります。つまり、可能性や選択肢が大いに広がる「一生に一度の地位」に立つことができるんです。ですから、ここを目指して今は耐えて欲しいんですね。

また、あなたはまだ社会に出たばかりで、若気の至りで「辞めたい」と感じている可能性もあります。仕事を続けて社会(会社・仕事)を詳しく知ることで、「この会社でもやっていけそうだ」と気持ちの変化が現れる可能性もあります。そうなれば、そのまま続けていけばOKなわけです。でも、これも辞めずに続けたからこそ気付けるものです。

つまり、今すぐに辞めずに耐えて頑張れば、可能性が広がるばかりか、大きなチャンス・気付きも得られるんですね。

「絶対、今すぐ辞めない方が良いと思いませんか?」

そういうことです!

今の会社で耐えて働いていくことはできない場合

上記の事情を知ったとしても、「どう考えても耐えきれない」または「辞めざるを得ない事情を抱えている」という人もいらっしゃるでしょう。

その場合はやむなし「転職」に踏み切るしかありません。その際、一つだけ持っておくべき覚悟があります。それは「2社目は意地でも3年以上勤め、経験やスキルを積んでやる!」という覚悟です。

2社連続ですぐに辞めてしまうと、面接にたどり着く前に、書類選考で落とされてしまうようになります。本当に通りません。そんな状態でも雇ってくれる会社は・・・。

転職には「ワンミスはOK」「ツーミスはNG」という法則があり、2回ミス(すぐに辞める)をしてしまうと、完全に「すぐに辞める人」「長続きしない人」「逃げ癖のある人」と見なされてしまいます。

これが転職市場の現実ですから、この覚悟が必要なんですね。「後がない」という認識を持ち、転職活動に全力で臨んで下さい。これをしっかりと全うできれば、1社目ですぐに辞めたことはチャラにできますし、もう一度転職するチャンスを得ることもできます。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  2. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  3. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  4. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  5. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  6. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  7. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  8. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!