油断大敵

最終面接の感触が良くても、書面で内定を貰うまでは気を抜くな!

転職活動をしていると、最終面接での感触や面接官とのやり取りから「内定間違いなし」という手応えを得られることもあるかと思います。また、内定方向というニュアンスで、内定確定のような言葉を掛けられることもあります。

でも、そんな場合でも絶対に気を抜かないで下さい。

口頭での”内定”に法的な拘束力はない!

これが採用過程の事実であり、会社からすると面接後に「やっぱり不採用」と結果を覆すことは法的に許されているからです。電話で内定を告げられた場合はほぼ大丈夫でしょうが、面接でのやり取りや感触から”内定”と高を括ることは止めましょう。

オーナー系企業の場合、社長の一声で「中途採用は全てストップ」ということはありますし、外資系企業の場合、日本の現場面接官は採用したくても、本国の決済がおりないなんてケースもあります。

あくまでも内定の定義は書面で「内定通知書」を貰うことで、これは法的にも取り消せません。ですから、内定通知書を貰うことがゴールであり、ゴールを決めるまで気を抜いてはいけません。

他の会社に対する返事の期限が迫っていて、はっきりと早急に内定を出して欲しい時には、正式な書類でなくても、メールの文面やPDFで送ってもらって、ログを残しておくという方法もあります。

不採用となる可能性を捨てず、転職活動を継続しておくことが何よりも大切です。ここで、気を抜いて活動を辞めてしまうと、万一の時にショックが大きく「活動そのもののやる気を削がれてしまう」可能性があります。また、大きな遅れが発生してしまいますからね。

転職活動は油断禁物です。
本当に何が起こるか分かりません。

最悪を想定して動き続けることが大切です!

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  2. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  3. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  4. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  5. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  6. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  7. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  8. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)