油断大敵

最終面接の感触が良くても、書面で内定を貰うまでは気を抜くな!

転職活動をしていると、最終面接での感触や面接官とのやり取りから「内定間違いなし」という手応えを得られることがあります。また、内定方向というニュアンスで、内定確定のような言葉を掛けられることもあります。ただ、如何なる場合も絶対に気を抜かないことです。

口頭での”内定”に法的な拘束力はありません!

企業側は面接後に「やっぱり不採用」と結果を覆すことを法的に認められているのです。電話で内定を告げられた場合は問題ないでしょうが、面接上の口頭でのやり取りや感触から”内定”と高を括ることは止めましょう。

オーナー系企業の場合、社長の一声で「中途採用は全てストップ」ということはありますし、外資系企業の場合、日本の現場面接官は採用したくても、本国の決済がおりないといったケースもあります。

あくまでも内定の定義は書面で「内定通知書」を貰うことで、これは法的にも取り消せません。転職活動は「内定通知書」を貰うことで完結するものであり、最後まで絶対に気を緩めないようにしましょう。

他の会社に対する返事の期限が迫っていて、はっきりと早急に内定を出して欲しい時には、正式な書類でなくても、メールの文面やPDFで送ってもらって、ログを残しておくという方法もあります。

不採用となる可能性を捨てず、転職活動を継続しておくことが何よりも大切です。ここで、気を抜いて活動を辞めてしまうと、万一の時にショックが大きく「活動そのもののやる気を削がれてしまう」可能性があります。また、大きな遅れが発生してしまいますからね。

転職活動は油断禁物です。
本当に何が起こるか分かりません。

最悪を想定して動き続けることが大切です!

 

 


関連記事


転職サイトランキング