どうなるのか

仕事が嫌いで転職するとどうなるのか?どうすれば良いか?

仕事が嫌い・・・とは一言で言っても様々な理由があるかと思いますが、ここで言う「仕事が嫌い」とは以下のようなものを指します。

  • そもそも働きたくない
  • 仕事というものに疑問を感じる
  • あと何十年も働くことを考えると嫌気が指す
  • 本当はやりたいこと、達成したいことが別にある

これらの思いを根底に持って転職するとどうなると思いますか?

必ずまた転職したくなる!

これがこの疑問の明確な答えです。

なぜ、仕事が嫌いで転職すると「再転職」へと進んでしまうのかというと、仕事(お金を稼ぐ)というものは総じて楽なことではなく、例えどんな仕事であったとしても「仕事であるが故の嫌になるポイント」というものが必ず存在するからです。

つまり、「仕事が嫌い」という問題は転職して解決される問題ではないんですね。

ただ、転職すると環境が変わるので、一時的な新鮮さなどに惑わされ、それが解決できたかのような錯覚に陥ります。また、入社初期は仕事に対する責任が薄くて楽なことが多く、新たなことを覚えていく楽しさ、慣れていく快感もあります。

でも、結局は仕事なので、環境に慣れて一定期間経過すると、以前と同じような「仕事に対する嫌気」が発生します。そして、また逃げるように転職することになるのです。

転職することは悪いことではありませんが、無意味な転職を繰り返すことは避けなければなりません。何故なら、今の日本社会に転職回数が多いことを評価する土壌はなく、回数が増えるとそれだけで敬遠され、あなたの望む会社に入れなくなる可能性が各段に高まるからです。

その行く末は、誰もが避けたい業界や会社にしか相手にしてもらえなくなる、といったものです。当然、それらの会社は総じて厳しいことが多く、嫌になる可能性も更に高まります。

そして、また転職・・・。

結果、転職悪循環に陥り、どん底にたどり着いて後悔するんです、「あぁ、あの時転職せずに頑張っていれば今頃は」と。

 


 

仕事嫌いは転職で解決できる問題ではない!
仕事嫌いが理由で転職すると再転職の道に進む可能性が高い!
じゃ、どうすれば良いのか? というのが本題です。

でも、その前に一つ気になることがありませんか? そもそも「仕事が嫌なんてことは大多数の人が思っていることではないのか?」ということです。これは間違いのない事実だと思います。何を隠そう私もそうです。

でも、大多数の人は頑張って働き続けているわけですが、何故それができるのでしょうか? 仕事が嫌だと感じてもがいているのは自分だけなんだろうか?

まずはこの点について考えてみましょう。

 

何故、仕事が嫌いなのに働き続けられるのか?

安心して下さい、仕事が嫌だと感じているのは決してあなただけではありません。それでも働き続けることができるのは、以下の要素があるからではないでしょうか。

  1. 覚悟を決めて、受け入れている
  2. 状況がそうさせている

まず、生きていく為には少なからずお金が必要です。「お金は必要ない!」なんて綺麗ごとを言うつもりはありません。そして、お金を得る為には仕事を続けていくしかありません。

たとえそれが ”嫌いなものであったとしても” ということです。

ある程度の社会人経験を積むと否が応でもそれに気付いてしまうんですね。若い時は色々と考え、もがき、人生を模索します。その結果としての「転職」だと思います。

ただ、転職しようがしまいが、ある程度の社会人経験を積むと「社会の現実」や「社会の厳しさ」を身をもって体験することになり、その結果、「働き続ける覚悟を決める」「仕事することを受け入れる」ということに繋がっているんですね。

諦めの境地といったところでしょうか…

 

状況が働かざるを得ない状況に陥っている

働かざるを得ない状況だから仕方なく働いている…実際はこの理由が大半を占めます。

この状況に追い込まれる最たるものは「結婚」ですが、家族のため、子供のため・・・この想いや責任はとてつもく大きなパワーを生み、嫌いな仕事を継続させられるだけのものなのです。

仕事をしながら、平行してプライベートの人生も流れています。そのプライベートでの状況が「働かざるを得ない状況にさせている」ということですね。結局は、この状況が上記の「覚悟」や「受け入れ」を誘発しているとも言えますね。

 

 

仕事が嫌を解決したい!なら、転職をどう活かすかが重要!

仕事が嫌い・・・を何とか改善したい!
でも、それだけで安易に転職すると再転職の道へと進んでしまう。

そんなお悩みを持つあなたに一つの行動指針を紹介させて下さい。

  1. 何故、仕事が嫌だと感じてしまうのか、何が自分をそういう気持ちにさせるのかを探る
  2. 1で得た根本原因を除去する方法を探し、どう行動すべきかを考える
  3. 転職を根本原因を除去する手段として利用する

この行動指針を私のケースを例に簡単に説明させていただきます。仕事の何が嫌かは人それぞれですから、あくまでも一例として参考にして下さい。

私は、人生の7割以上が仕事という強制的なものに割かれることが嫌でした。

仕事をしていると、決まった時間・曜日に出勤しなければなりませんよね。その結果、「やりたいことができない」「会いたい人にも会えない」といったことが発生するわけですが、そんな人生がこれからも続くことに耐えられなかったんです。

つまり、仕事そのものが嫌だったわけではなく、「自由を求めていた」ということですね。この根本原因を見つけた私は、以下のように考え、行動しました。

  1. 会社組織からの解放を目指す必要がある
  2. 何らかの収入源は確保しなければならない
  3. 自由を確保しつつお金を稼ぐにはフリーランスしか道はない
  4. 自分でも出来ること(出来そうなこと)がないかを探す
  5. 早期の収益化は困難なので、会社で働きながら並行して実行する必要がある
  6. 並行して実行するには、より多くの時間を確保できる仕事に就く必要がある
  7. 給料は度外視で「残業がない(少ない)、最低週休2日」などの条件面を最優先に転職する
  8. 仕事と両立して作業を進める
  9. 会社を辞めてフリーへ

 
仕事に対して何らかの嫌な思いを抱いている。
その嫌な部分を取り除かない限り、仕事は嫌であり続けます!

何が嫌なのかを自分の心に問うて「根本原因」を探って下さい。(どんな人生を送りたいのか?と考えてもOKです。)そして、その根本原因を取り除くことに徹底的にこだわり、転職が必要なら賢く利用して下さい。

これが最も伝えたかったことです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング