最終

転職の最終面接で落ちる!これを防ぐための対策と考え方

最終面接まで進んだのに不採用・・・この精神的ショックは計り知れません。

志望度の高い会社であるほどにそれは大きくなり、最悪、転職活動そのもののやる気さえも失わせてしまいます。最終まで進んだのならば、是非とも内定を勝ち取りたいですよね。この気持ちを少しでも持っているのならば、油断せず、きっちりと対策する必要があります。

何故かと言うと、転職の最終面接は普通に落ちるからです。

当然の如く、あなたと同じ様に採用過程を勝ち抜いてきたライバルがいるわけで、単なる「顔合わせ」と油断すると不採用を招きます。最終面接は「顔合わせ程度の位置付け」と捉えられるケースもありますが、こと転職に関してそれは当てはまりません。

ここでは、最終面接で落ちる理由としてよくあるケースをご紹介します。その事例を参考に、対策を怠ることなく面接に臨んで下さい。それがあなたを内定へと導きます。

入社意欲や将来的ビジョンが重視される

最終面接の担当である経営幹部(社長、役員)は、「将来に渡って会社の成長を支えてくれる人物かどうか」に注目しています。応募条件となる経験やスキルを満たされているからこそ最終面接まで進んだわけで、現状には問題ありません。

今の現状に問題がないからこそ、後は「未来」に注目されるのです。

ですから、その会社に入って何をしたいのか(WILL)を伝えることが大切で、それが曖昧だと入社意欲が低いと見なされ不採用になります。最終面接では、「ビジョンが感じられない」「意欲が低い」という理由で採用が見送られることが多々あります。

これを面接の質問で言うならば「志望動機」と「今後のキャリア」が重要になるということです。

先の面接との一貫性が重要

転職理由や志望動機に「一貫性があるか」も注目されています。それまでの面接で話してきた内容と最終面接の内容が異なると、同席している採用担当者が不信感を抱きます。採用担当者が同席していない場合も、これまでの面接でのやり取りや人柄は伝えられているので、一貫性のある答えを示すことを意識しておきましょう。

また、面接では「同じ意図の質問を前回とは異なる聞き方で問うてくる」ということがよくあります。それでも答えがブレることがないよう、自分にとっての「軸」をしっかりと認識しておくことが必要です。

この点についての対策としては、面接が終了する度に「何を聞かれて、どう答えたか」をメモしておくことです。そして、次の面接の前にそのメモを読み返して振り返りをしておきましょう。特に、面接の日時が離れていたり、複数の会社を同時進行で進めている場合には注意です。

 


 

内定を確信しての強気な態度は注意

先の面接で高い評価を得たことで、「内定を確信して強気の態度に出る」といった態度の変化は、印象を大幅に悪化させる原因となります。

例えば、給与や待遇面などで上乗せを求めるようなことをすると、「歓迎モード」が一瞬で「警戒モード」に変わります。その結果、ほぼ内定が確定していた人が不採用となることもあります。この事例に限らず、態度の変化は人間性を疑われて印象を悪化させる原因となるので、充分に注意しましょう。

内定を勝ち取るまでは、謙虚の姿勢を絶対に崩さない!!

前述した内容と同じで、態度にも一貫性を保つよう心掛けましょう。

経営に関わる意見は慎重に

経営幹部(社長、役員)にアピールしたいが故に、経営戦略や事業計画に対して意見を述べる際は注意しましょう。的を得た相手を唸らせるレベルであれば評価されるかもしれませんが、会社の実状を知らない立場での意見には危険性が伴います。

その意見が「的外れ」「自社と合わない」と判断されると、それだけで不採用となる危険性があります。経営戦略や事業計画に対することは、聞かれた場合にだけ回答する方が無難でしょう。

最後の逆質問は慎重に

最終面接の担当である経営幹部(社長、役員)相手に、「細かな仕事内容」「仕事の進め方」などは聞かないようにしましょう。細かな部分は把握していない可能性がありますし、それまでの面接で解決しておくべきことです。

経営幹部(社長、役員)には経営戦略や将来ビジョンにまつわることを聞くことがベストです。

 
これらのことを頭に入れて最終面接に臨みましょう。
何よりも大切なのは「油断しないこと」です。

私は、最終面接で4連敗した経験がありますが、今その当時を振り返ると「大丈夫だろう」と高を括って油断していましたね。最後の逆質問で「一次面接で聞きたいことを聞いたので、特に何もありません」と答えたり、会社に入ってからの「キャリアビジョン」を答えられなかったりと、とにかく準備不足でした。

最終面接まで進んでの不採用は非常に辛いですし、もったいないことでもあります。それでいて、その原因が「自分の準備不足」だとするならば最悪ですよね。

後悔することだけは避けなければなりませんから、しっかりと対策して最終面接に臨みましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング