履歴書写真

転職の履歴書に貼る写真の服装は、こう考えれば簡単!

履歴書に貼る写真の服装に迷うことってありますよね。

「この服装で問題ないのだろうか?」
「服装によって選考が不利になるのだろうか?」

ここでは、こんな疑問を解決すべく、履歴書に貼る写真ついてお伝えしていきます。

 

 

履歴書写真に対する基本的な考え方

まず、服装についての基本的な考え方をお伝えします。

応募企業の面接に臨む服装で撮影する!

応募先の企業から面接に呼ばれたとしましょう。
「あなたはどんな服装で面接に臨みますか?」
この疑問の答えが、履歴書に貼るべき写真の服装です。

スーツで臨むつもりならば、スーツ姿で撮影しましょう。
私服が指定されているならば、私服でも構いません。

 

迷った時の選択肢は一つだけ!

基本的には「スーツ」という選択で間違いありません。
これは性別問わず当てはまります。

写真の服装で選考が有利になることは一切ありませんが、不利になる(不採用)になることはあります。

企業は写真から「清潔感」と「社会人としての常識」を確認しています。

この2つの点をカバーできるのはやっぱりスーツです。

入社後もスーツで出勤して働く会社であれば100%スーツが正解ですし、入社後は私服で働く会社であったとしても、スーツで写真を撮り、面接にもスーツで臨むのがベストです。服装に迷うと言うことは、「服装によって不利になる可能性」を考えてのことだと思いますから、絶対に間違いを犯したくないのなら「スーツ」が正しい選択です。

ジャケットでも良いのだろうか?
インナーは何にすべきだろうか?
色は明るい方が良いのだろうか?

迷うだけ時間の無駄です。
履歴書の写真よりも、応募書類や面接対策に頭を使いましょう。

また、スーツで写真を撮影しておけば、あらゆる会社に使い回せるといった利点もあります。
この使い勝手という面から考えても「スーツ」という選択が最適です。

 

履歴書写真のポイント

履歴書写真のポイントは服装・髪型(色)・表情の3点です。

  • 服装 ~ スーツ姿、シャツは白が最大のリスクヘッジに
  • 髪型(色)~ 適度な長さ+黒髪が無難
  • 表情 ~ 柔和な表情

写真で不利になりたくない!
絶対に間違いを犯したくない!
内定を第一に考えたい!

なら、このポイントを満たした写真を貼ることです。
採用側に不採用理由を与えないためにもここに近づけましょう!

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  2. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  3. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  4. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  5. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  6. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  7. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  8. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)