リクルートエージェント

リクルートエージェントはライバルが多くレベルが高い?

転職の実現(内定獲得)においてライバルの数は無視できません。競争相手は少ないに越したことはありませんせんし、採用人数が少ない中途採用においては重要な要素でもあります。

リクルートエージェントは登録者数が多い会社です!
やはり、ライバルが多くレベルが高いのでしょうか?

この点について考察してみましょう。

 

登録者数から「ライバル」と「レベル」を考察

業界最大手で知名度の高いリクルートエージェントは登録者数が多いです。

リクルートエージェント実績

このデータが示す通り、年間で約50万人(約4.2万人/月)もの人が利用しているわけで、数あるエージェントの中で最大の規模を誇るという認識で間違いないでしょう。

なんだ、やっぱりライバルが多くレベルが高いのか・・・。
こんな風に捉えてしまうかもしれませんが、実はそうではないんですね。

何故なら、リクルートエージェントは全国に16の拠点を持ち、全国規模で求人を扱っているため、主要都市だけでなく地方都市で転職を考えている人も数多く利用しているからです。その為、登録者数が多いのは当たり前で、ライバルも日本全国に散らばっています。また、業界最大の求人数(約17万件)を抱えているので、求人総数から考えると登録者数が各段に多いわけでもありません。

つまり、リクルートエージェントにおいて「登録者数が多い = ライバルが多い = レベルが高い」は成り立たないんですね。

エージェントではライバルを意識する必要はない!?

転職エージェントは他の媒体と異なる性質を持っているので、ライバル(登録者数)の数を気にする必要はありません。

転職サイトの場合は「全ての登録者」が同じ求人を閲覧しているので、「登録者数が多い = ライバルが多い = レベルが高い」はあながち間違いではありません。大手転職サイトに掲載されている人気企業の倍率が何百倍になるのはこの為です。

一方、転職エージェントの場合は全ての求人を閲覧できないですし、個々の市場価値で紹介される求人が変化するので、ライバルやレベルはあまり関係がないんですね。もちろん、あなたと同じ応募企業にライバルがいることもありますが、転職サイトの比ではありません。

また、エージェントは企業の代わりに転職希望者を選定する役割も担っているので、大量の人を一企業に送り込むこともできません。それ故に、転職サイトのように超高倍率になることもありません。

転職エージェントはマッチングサービスであり、「あなたの市場価値で内定を取り得る企業」しか紹介されないので、ライバルの存在よりも、如何に適切なアピールができるかどうか!が内定獲得の明暗を分けます。

 

登録者の多いリクルートエージェントですが、特別にライバルが多く、レベルが高いわけではありません。

  • 知名度の高いリクルートエージェントはライバルが多そうだ・・・
  • ライバルが多いから利用しても内定を取れないだろう・・・
  • 登録者が少ないエージェントを選んだ方が得策では?

こんな認識で利用しないのは「損」なだけです。
エージェント経由で転職先を決定できるかはあなた次第です!

ライバル云々よりも、自分の可能性を信じてエージェントを利用しましょう!
ご利用の申込みは「リクルートエージェント」公式サイトよりどうぞ!

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  2. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  3. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  4. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  5. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  6. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  7. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  8. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?