リクルートエージェント

リクルートエージェントの内定率の高低を探る!

リクルートエージェントの利用を検討している人にとって「内定率」は気になりますよね。

「利用者の内、何%の人が内定を獲得しているのか?」

当エージェントの「内定率」を探ってみました。

リクルートエージェントの内定率!

リクルートエージェントは「内定率」を公表していないので、「正確な数値は分からない!」というのが実情なんですが、転職実績データから大まかに推測することが可能です。

<リクルートエージェントの転職実績データ>
 
リクルートエージェント実績

 
このデータから概算で「内定率」を算出します。

転職決定者数3万2千 / 登録者数50万6千 = 内定率6.3%

リクルートエージェントを100人が利用したと仮定すると、転職先が決定するのは6.3人だということを意味しています。(内定を獲得しても辞退する人がいるので、本当の意味での内定獲得率はもう少し高いことが考えられます。)

どうでしょう?
内定率は6.3%です。

高いと感じたでしょうか?
低いと感じたでしょうか?

恐らく、大半の人が「低い」と感じたのではないかと思います。
リクルートエージェントを利用しても、100人中6.3人しか転職先が決まらない・・・。

こんな風に考えると「低い」と感じるのが普通ですが、実はこの内定率は決して低くはありません。利用者がとてつもなく多い大手転職サイトは「5%」にも満たないのが実情だからです。つまり、リクルートエージェントの内定率は決して低くはない!という認識で間違いないんですね。

*他のエージェントに関しても、多少の前後はあるものの「ほぼ変わらない」というのが実情です!

 

内定率は気にするべからず!

リクルートエージェントの利用を検討しているのなら「内定率」は気にしないことです。

リクルートエージェントを使っても、100人中6.3人しか内定を獲得できない・・・。
こんな風に考えて利用を躊躇ってはいけません。
 
リクルートエージェントを使えば、内定率が6.3%UPする!
自分が100人中の6.3人に該当するかもしれない!
こんな風に考えて利用を前向きに検討すべきです。

転職活動とは、各媒体の内定率を足して100%に近づけ、可能性を高めていくものです。

だから、内定率(6.3%)は簡単に捨てるべき数値ではないんですね。

  • 転職サイトA
  • 転職サイトB
  • 転職サイトC
  • 転職サイトD
  • リクルートエージェント
  • 転職エージェントB
  • 求人誌
  • ハローワーク

転職サイトの内定率は5%にも満たないのが実情なので、大多数の人が多くの転職サイトを併用して可能性を高めているわけです。これが転職市場の実状ですから、内定率6.3%のエージェントを加えることが正しい選択であることに間違いはありませんよね。

正しい選択があなたの内定率を高めます!

リクルートエージェントを利用して可能性を追い求めましょう!

<ご利用の申込み>
可能性を追い求める行為にマイナスはありません。
登録は「リクルートエージェント」公式サイトよりどうぞ!

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 落ちる

    30代の転職

    30代後半の転職で「未経験」を志すのはNGなのか否か!?
  2. 何故の理由

    転職の考え方, 面接

    面接で転職理由として「人間関係」を語るのが絶対にNGな理由!
  3. OK

    エージェント

    転職エージェント土日対応一覧表!
  4. マイナビ転職

    転職サイト

    マイナビ転職のスカウト「王冠(特典)」の数に対する期待値を考える!
  5. マイナビジョブ20s

    エージェント

    マイナビジョブ20’sの個別カウンセリングが受けられる場所
  6. ビジネス握手

    面接

    転職面接の「採用基準」は親和性の高いアピールにあり!
  7. 二つの選択肢

    エージェント

    転職エージェントからの「内定後の食事の誘い」に隠された3つの意図
  8. 転職難易度業種職種

    転職の考え方

    転職難易度を業種と職種を絡めた4パターンから考えよう