キャリアプラン

転職面接「キャリアプラン(夢)」の回答例と重要ポイント

転職の面接を受けるにあたって、必ず対策しておくべき質問の一つに「キャリアプラン」があります。

今後のキャリアプランを聞かせて下さい!
あなたの夢は何ですか?
〇年後、どうなっていたいですか?

あなたの将来性(長期的貢献)や会社の理解度を計る重要な質問となります。

ここでは、そんな重要質問である「キャリアプラン(夢)」について、企業の質問意図、回答例を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

企業側は「キャリアプラン(夢)」の回答内容から何を探ろうとしているのでしょうか。

適切な回答を準備するため、企業側の質問意図と思いを知りましょう。

  • 当社の現状や方向性を理解した上で、実現性のあるキャリアプランを語って欲しい
  • 応募者の夢と当社の方向性にズレがないかを探っている
  • 長期的に貢献してくれる人物かどうかを探っている
  • 当社では実現不可能なプランを語られても困る
  • 仕事以外のプライベートな夢を語られても困る

この質問の回答で満たすべき要素は、「仕事で実現したいキャリアプラン(夢)」であり、かつ「応募企業で成し遂げたいキャリアプラン(夢)」であるということです。

逆に、応募企業で実現できないこと、仕事と関連のない「個人的な人生計画」や「プライべートな夢」は求められていません。会社は個人の自己実現を応援する場ではありませんし、プライベートな夢なんてどうでも良いわけです。

面接は「あなたと企業のマッチング度を計る場である!」ということを忘れないようにしましょう。

企業は「当社に入社して何を実現したいのか」を聞きたいと思っているので、志望動機と同じく「企業ごとに内容を変更する必要がある質問」に分類されます。それ故に、応募企業のことをしっかりと研究しておかないと、企業側が納得する回答を示すことはできません。

この質問の対策は志望動機と連動させることが大切で、「なぜ、その会社に入りたいのか(志望動機)、そしてその会社で何を実現したいのか(キャリアプラン)」と考えると導きやすいかもしれません。

 

キャリアプラン(夢)のNG回答例

実際の面接でありがちなNG回答をご紹介します。

「私は将来的に独立して会社を経営したいと考えており~」
 
「私は将来的に海外で勤務したいので、御社の海外支社への配属を希望しており~」
 
「〇年後には結婚して家庭を築き~」
 
「私の夢は大きく稼いで〇〇を実現することで~」

独立したいなど、自己実現の為に会社を踏み台にするようなキャリアプランは受け入れられません。また、配属や仕事内容など、自分勝手な願望も聞き入れられないでしょう。(これは、会社に入って自分の力で実現していくものです。)

3,4つ目の回答例に代表される、プライベートの計画や仕事と関係のない夢を語っても意味はありません。企業の質問意図を把握していないと、このような誤った回答を示すことになるので注意しましょう。

キャリアプラン(夢)OK回答例

キャリアプラン(夢)はどんな回答が適切なんでしょうか。
評価が高まる「OK回答例」について見ていきましょう。

<今後のキャリアプランを聞かせて下さい?>
私は将来的に御社の経営を担う人物になりたいと考えています。年代別に考えてみますと、20代は何事においても一所懸命に取り組む時期で、将来に向けての下積みの時期と捉えています。そして、30代で自分のコアスキルを確立、40代にはマネジメントスキルを習得、50代では会社を引っ張っていく立場に就く、このように考えています。
それゆえ、常に、目の前にある仕事に無駄なことはなく、経営側に立つための有意義な経験である。そう自分に言い聞かせて業務を遂行しています。
 
<あなたの夢は何ですか?>
私の夢は、今までにない新しい価値を持った製品を企画し、世界規模でヒットする商品を創り上げることです。御社の高い技術力とネットワークを活かせば、それが可能だと確信しています。
その為に、まずはしっかりと与えられた仕事を着実に遂行して実績を残し、同僚や会社に自分の存在を認めて頂くことが大切だと考えています。そうすれば、この夢の実現に近づけれのではと考えております。
 
<5年後、どうなっていたいですか?>
5年後には私も〇〇歳で、社会人として10年目になります。ですから、自分のことだけではなく、会社、部下、後輩にも気を配り、組織・チーム全体で業績を上げていく立場に就いていたいと考えております。
具体的に言いますと、前職では入社10年前後の方が20名前後のメンバーを率いるリーダー職に就いていましたので、御社でもそのような類似するポジションがあれば、同様の要職に就いていたいと思います。
そして、自分とチーム両方の業績に責任を持つプレイングマネージャー的な職位で活躍し、次のステップであるマネジメント職への足掛かりをつかめればと思います。

キャリアプランの回答例は、プランを年代別に落とし込むことで、相手に伝わりやすい内容になっていることが分かります。また、プランを実現する為に「どう仕事に向き合っていくか」もアピールされているので、質の高い回答となっています。

夢についての回答例は、少し大きすぎる印象もありますが、「夢」ですから応募企業の仕事内容と合致していれば問題はありません。また、これに関しても「実現に向けての仕事の取り組み」がアピールされていることで回答として適切です。

最後の回答例は、時間軸を意識しつつ実現したいポジションについて言及できていますから、具体的で分かり易い構成となっています。企業からしても、応募者の将来像を想像しやすく、求めている人物像であれば高評価を得られるでしょう。

この質問の回答は「何を実現したいのか ⇒ どう実現させていくのか」の順で語るのがベストです。あくまでもプラン(計画)ですから、実現方法まで語ることが求められています。

最後に

この「キャリアプラン」に関する質問は、基本的にあなたの実現したいことを素直に語ればOKです。

ただ、向上心が感じられない回答(今はまだ考えていない、取り敢えず与えられた職務をこなすだけ的な回答)は避けるべきで、採用側に「長きに渡って貢献してくれるだろう(長期的貢献)」を連想させることが大切です。

特に、最終面接を担当する経営陣(社長・役員)は、間近の配属先や即戦力性よりも、長期的な貢献度を重視する傾向があるので、担当者として出てきた際は力を入れて語りましょう。

この質問は重要度の高い質問ですから、適切な回答を示せば評価は上がります。また、質問意図を理解せず、残念な回答を示す人が多い質問でもあるので、他の候補者と差別化する大きなチャンスも秘めています。

適切な回答を準備して評価アップを勝ち取りましょう!

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 入学卒業年月早見表

    履歴書, 職務経歴書

    履歴書作成!入学・卒業年月早見表(年号・西暦対応)
  2. チームワーク

    面接

    面接で「チームワークを発揮した経験」を問われた時の答え方!
  3. 嘘本当

    面接

    転職の面接で付いて良い嘘と付いてはいけない嘘
  4. 仕事の弱み

    面接

    転職面接「あなたの仕事上の弱みは?」の質問意図と回答例!
  5. 転職サイト

    リクナビネクスト「応募歓迎」の真意と内定の得やすさを考察!
  6. 面接

    中途採用の最終面接は顔合わせの場ではない!勝ち抜くための4つの施策!
  7. 覚悟

    心得, 転職の考え方

    転職したいけど怖い、それは覚悟を決めていないからかもしれない
  8. 給料下げる

    転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!