大手企業

転職における大手企業出身者のメリットとデメリット

転職市場において「大手企業出身者」は注目されており、転職活動を有利に進める要素を一つ持っているとも言えます。ただ、それだけを頼りに転職活動に手を抜いては内定を勝ち取ることはできません。そこには大手企業出身者が陥り易い落とし穴やデメリットも存在するからです。

つまり、そのメリット・デメリットを把握し、その武器を最大限活かすことが転職を成功に導くのに必要となります。ここでは、大手企業出身者のメリット・デメリットと共に、その武器をどう活かせば良いかをお伝えしていきます。

大手企業出身者のメリット

この大手企業出身者のメリットは、もちろん評価が上がる要素であり、採用する企業が期待している部分でもあります。ただ、裏を返せばこれらの要素が全く見られないと「ん!?」となるわけです。そう考えるとデメリットと表裏一体とも言えますから油断しないようにしましょう。

  • 基礎能力が高い
  • 大手ならではのスキルやノウハウを持っている
  • 大手企業の内部事情を把握している
  • コンプライアンスに関する知識を持ち意識が高い

まず、人気があり競争率の高い大手企業に採用された経緯があるので、それを勝ち抜いただけの高い素質や能力があると期待されています。また、充実した研修や教育体制が整った環境を経験してきた経緯から、基本的なビジネススキルも持ち併せていると見られます。ですから、履歴書・職務経歴書など一つとっても、ビジネス文書として高いレベルを示したいですね。

また、大手ならではの優れたスキルやノウハウを求めており、それを取り入れたい企業に重宝される側面も持っています。特に「事業拡大中の企業」や「上場を目指している企業」などにその傾向が見られますね。また、企業によっては大手企業との取引や業務提携を目指して業績向上を考えているところもあります。その際、大手企業の組織形態や意思決定プロセスを理解している大手出身者の経験が優遇されます。

コンプライアンスに関しては、大手と中小企業では実に大きな格差があります。大手企業では当然として行われていたことが、中小企業ではそれが整備すらされていことも多いです。大手企業は総務・法務が機能しているため法令順守の基本が身に付けている人材としても期待されます。その整備を目指したり、認証取得を目指している企業からの評価も高くなります。

大手企業出身者のデメリット

ここで取り上げるのは、大手出身者であるからこそのデメリットで、採用側から以下の様に見られてしまうことがあります。採用過程ではこの点に注意したいですね。

  • 経験の幅が狭く、幅広い業務に対応できない
  • 実績が評価されにくい

大手企業は基本的に部門分けがきっちりとされており、従業員の数も多いので業務が細分化されています。つまり、業務範囲が限定されていることが多いということです。逆に中小企業はそれができないので各個人が幅広く様々な業務をこなさなければなりません。仮に大手出身者で一部の業務しか担当してこなかった場合、幅広い業務を任せたいと採用側が考えている場合に不安を抱かれてしまいます。
また、転職では実績をアピールすることが必要ですが、その実績も大手企業のブランド力・商品力・宣伝力・販売システムがあるからこそと思われるケースもあります。

大手出身者の場合はこの二つの点に注意しておいた方が良いでしょう。仮に職務経験が短く限定的な業務経験しかない場合は、職務経歴書を少し細かめに記載して、業務の幅を広く見せる工夫が必要です。
また、実績に関しては、独自の取り組みや工夫によって実績を上げたことをアピールすることが大切です。例えば「目標に対して何%達成した」という事実だけでなく、「目標があり、その目標達成に向けて独自に工夫し、それが故に目標を達成した」と伝えたいですね。

大手企業出身者の採用過程での注意点

大手出身者が特に注意したいことをお伝えします。これを理解して転職活動をしないと、望み通りの結果を得る確率を下げるばかりか、後悔する転職にもなり兼ねません。

  • プライドが可能性を狭める
  • エゴが採用活動を疎かにする
  • 給料や環境が悪化するケースが多い
  • 転職理由に「なぜ?」が加わる

このプライドとは「自分は大企業出身者だから転職先も大企業しか考えられない」というものです。そこに明確な理由があれば問題ありませんが、それがない場合は可能性を狭めるだけの無意味なプライドになります。
日本の社会は99%以上が中小企業で成り立っています。つまり、大企業しか検討しないならば99%の企業を捨てることになります。中小企業でも優良企業は幾らでも存在しますし、あなたの経験がより活かされる可能性もあります。また、今は大企業でなくても、10年後に大企業となっている会社もあるはずです。ですから、企業規模だけで候補を絞るのは非常にもったいない行為と言えます。

次に、大企業出身者は企業に興味を持たれることが多いので、それだけで書類選考の通過確立が上がります。この事実を理解せずに自分の力だと過信するのは危険です。その結果、企業研究や面接対策を疎かにし、大企業出身だから大丈夫だろというエゴを持ち、採用確率を下げてしまうことがあります。優秀であるにも関わらず採用を見送られるのは「入社したいという意思や意欲が感じられない」といったケースが多いようです。この点は気を付けたいところですね。

また、大企業からの転職は給料・福利厚生・職場環境がマイナスになることが多いです。そうであるにも関わらず「なぜ、辞めるのか」という転職理由により注目されることも認識しておきましょう。そこに正当な理由がなければ、ただ単に「仕事ができずついていけなかった人」とレッテルを張られてしまいます。この部分は特に注意してい対策を練りましょう。
 

 
大企業出身者の様々な面を見てきましたが、メリットだけでないことが理解いただけたと思います。逆に期待されている分、求められるレベルも上がると言えます。ただ、期待通りのものをしっかりと示せれば、大企業出身という武器が大いに有利に働くことは間違いありません。

あなたがこの武器を持っているのなら、それを有効に使って転職を成功に導きましょう。


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  2. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  3. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  4. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  5. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  6. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  7. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  8. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説