マイナビエージェント

マイナビエージェントの年齢層からターゲットを探る!

転職エージェントは取扱い求人の関係から、会社ごとに得意とする「年齢層」を持っています。それ故に、利用価値を最大化するには「自分の年齢に適したエージェントを使うこと」が重要となるんですね。

マイナビエージェントはどの「年齢層」に強みを持っているのでしょうか?

この点を探ってみました。
あなたの年齢にマッチする会社なのかを確認して下さい!

 

マイナビエージェントが強みとする年齢層!

マイナビエージェント利用者の年齢層からターゲットを探ってみましょう。

<マイナビエージェント利用者の年齢層>
マイナビ年齢層

  • 25歳以下 : 17%
  • 25歳~35歳 : 59%
  • 36歳~45歳 : 18%
  • 46歳~55歳 : 5%
  • 56歳以上 : 1%

マイナビエージェントは、25歳以下の若年層~50代以上の高年齢層まで幅広く利用されていますが、20代前半~35歳の利用者が約8割を占めているのが実情です。

このデータから考察すると、マイナビエージェントのメインターゲットは「若年層~転職コア年齢層(20代前半から35歳まで)」と推測できます。現に、マイナビグループは新卒採用や若年層の転職に強いことをアピールしていますし、エージェントに関してもその傾向が如実に出ていると考えらます。

それ故に、この認識で間違いはないでしょう。

<マイナビエージェントのターゲット年齢>

  • 第二新卒(社会人経験3年前後の20代前半)
  • 転職コア年齢(20代中盤~30代中盤)

転職エージェント利用者の年齢層の傾向は、取り扱う求人の傾向とイコールになります。つまり、マイナビエージェントは「35歳までの人材を求める企業の求人」を豊富に抱えていることが分かります。

それ故に、あなたがターゲット年齢に該当するのならば利用価値は高いです。逆に、36歳以上の方にとっては、「利用は可能だが最適だとは言えない」というのが結論になります。

年齢がマッチする方は利用を前向きに検討しましょう。
ご登録は「マイナビエージェント」公式サイトよりどうぞ!
 
35歳以上の方は「DODA」or「リクルートエージェント」の利用をおすすめします。(DODAの35歳以上の割合は約38%、リクルートエージェントは約21%となります。)

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 転勤

    面接

    転職面接「転勤は可能ですか?」の質問に対するOK・NG回答例
  2. 転職書類選考

    履歴書, 職務経歴書

    転職の書類選考!こんな書類は読んですらもらえない
  3. 面接

    中途採用の最終面接は顔合わせの場ではない!勝ち抜くための4つの施策!
  4. 休日出勤

    面接

    面接質問「緊急的な休日出勤に対応できますか?」のOK・NG回答例
  5. 大企業

    転職の現実

    有名企業への「転職」が難しいとされる3つの理由!
  6. ライバル

    転職活動

    ライバルが少なくて弱い!そんな有利な時期を狙って転職を成功させよう!
  7. 階層

    転職活動

    転職のアピールポイントがない・・・を解決する3階層方式!
  8. ヘッドハンティング

    転職の考え方

    ヘッドハント転職とは?意味を知らずして成功は得られない!