マイナビジョブ20s

マイナビジョブ20’sは既卒未就職者も使えるのか?

マイナビジョブ20’sは既卒者も支援してくれるエージェントなんでしょうか?

既卒未就職の状態から正社員を目指している人は気になりますよね。
この実態について調査してみました。

 

 

マイナビジョブ20’sは既卒者の利用を不可とはしていないが・・・

マイナビジョブ20sの公式サイトでは以下のように回答されています。

マナナビジョブ20既卒

言葉を濁さず要約すると、「正社員としての就業経験がない既卒者の方は、サポートを断らせてもらう可能性があります!」ということですね。

実際のところ「既卒者として登録してみたが、利用できない主旨のメールが届いた・・・」となる人が多いようですね。マイナビジョブは、20代専門の若年層の支援に強いエージェントですが、「転職」を支援するサービスなのでこれが現実なんだと思います。

それ故に、「可能性はゼロではないが、既卒者の利用は厳しい面が多い(利用を断られる可能性が高い)」というのが表題の答えになります。

 

登録できたとしても利用価値は低い!?

前述した通り、既卒者でも支援してくれる可能性はゼロではありません。アルバイトなど、これまでの就業経験から「正社員として通用するような経験・スキルを有している」と判断されれば利用できる可能性はあります。

ただ、利用できたとしても、以下の条件を持った「就職希望者」として扱われるため、優先順位を低く設定される可能性があるんですね。

  • 紹介できる求人が極端に少ない
  • 社会人経験がないので市場価値が低い
  • 未経験への応募となるので、年収が低く、支援しても対価が低い

優先順位を低く設定されてしまうと、希望通りの支援を受けることが難しくなります。
結果的にこれが「就職を実現できない・・・」に繋がってしまうんですね。
全ての人がそうだとは言えませんが、可能性が高いことは否めません。

つまり、既卒者に最適なエージェントではないので利用価値も低いんですね。

 

既卒者を優先対応してくれるエージェントを利用しよう!

昨今、転職(就職)支援サービスは充実の一途を辿っており、
既卒者やフリーターの支援に力を入れている会社も増えています。

これらの会社を利用すれば、既卒者もメインターゲットとなるので、優先順位を低く設定されることによる不利益を防ぐことができます。また、紹介される全ての求人が「社会人経験を問わない未経験可」となりますから、就職を実現しやすいのは言うまでもありません。

それ故に、利用できる可能性が低いマイナビジョブ20’sに登録するよりも、「既卒者を確実に優先対応してくれるエージェント」を選ぶことがベターな選択ではないでしょうか。

当サイトでも既卒者の支援に強みを持ったエージェントをご紹介しています。
⇒「既卒者におすすめのエージェント【厳選3社】
最適なエージェント選びの参考にご利用下さい。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  2. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  3. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  4. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  5. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  6. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  7. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  8. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!