日程変更

転職面接の日程は変更しない方が良いのか?

一度はOKを出して決定していた面接の日程を変更すること。

ここはまず結論をお伝えしますが、これ絶対にNGです。

転職において、面接が重要だということは分かっているはずで、その重要決定事項に対してスケジュールを調整するのは社会人として当然だからです。「仕事が忙しくて」というのも理由になりませんし、面接担当者も忙しい仕事の合間にあなたとの面接を組み込んでいます。

もし逆に、面接担当者から「仕事が忙しいので、面接の日程を変えて下さい」と言われたとしたらどうでしょう。「こっちはその日程で調整しているのに有り得ない」と感じませんか。その担当者や企業に不信感を抱きませんか。つまり、決定事項を変更するということはそういうことです。

セット

それ故に、面接の日程変更を要求すると「約束を守れない人」という烙印を押されてしまいます。スケジュール管理能力の低い人を採用したい会社はありませんから、それは確実にマイナスに作用します。何よりも、あなたに対する心証(第一印象)が悪化し、面接がマイナスを探すように行われるので「高い確率で不採用」となってしまいます。

ですから、志望度の高い会社だったら、何が何でも休むぐらいはしないといけませんし、そうならないように余裕を持って日程を調整する必要があります。「日程変更は構わない」というニュアンスの情報が散見されますが、はっきり言ってその考えは甘い。

面接は「如何にマイナスを避け、プラスを加点できるか」が明暗を分けます。その結果、ライバルよりも持ち点が多ければ採用となるわけです。その競争の中で、マイナスにしかなり得ない日程変更は、「自ら不採用の確率を高める行為」をしていることに他なりません。

これが、決定していた面接の日程を変更することが絶対にNGな理由です。

何とかなるのなら一度決定した日程は守りましょう。
志望度が高い会社であるならば、その面接を最重要事項として他を調整することです。

どうしても無理な場合は、変更をお願いするしかありませんが、最善を尽くしましょう。
そして、面接の際は「日程変更したことに対するお詫び」を最初に行い、マイナスを少しでも和らげることが大切です。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  2. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  3. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  4. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  5. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  6. 2016.11.03 | 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  7. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  8. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説