閃き

面接の「答えにくい質問」は事前の対策が明暗を分ける!

就職や転職を実現するのに「面接」は絶対に避けて通れませんが、どんな人にも、面接で突っ込まれたくないキャリアの傷が一つや二つあるものです。

  • 学歴に留年した経緯がある
  • キャリアにブランクがある
  • 何度も転職を繰り返している
  • 短期間でグビになった(辞めた)会社がある
  • 飛ばされたと見える部署異動がある

基本的に、突っ込まれたくない部分というのはマイナスの印象を与えるものであり、求職者からすると聞かれたくない(答えにくい)質問に分類されます。で、「お願いだから聞かないで!」と祈る気持ちで面接に臨むんですが、大抵の場合は祈りもむなしく高い確率で聞かれます。

これは、あなたが気にしているポイントは、面接官も気になるポイントだからです。

これが面接の実態ですから、答えにくいと感じている質問については、目を背けるのではなく、逆にしっかりと対策を立て、どう答えるかを明確にしておくことが大切なんですね。

 

 

答えにくいネガティブな出来事も、ポジティブに変換して伝える!

聞かれたくない、答えにくい、そんなネガティブな出来事も、言いようによってはポジティブな話に変換することができます。

たとえば、入社以来ずっと経理として働いていたのに、突然営業に異動になった過去があったとしましょう。会社からは「能力の問題で異動させた」と直接は言われなかったとしても、実際には「飛ばされた」と薄々感じています。

この状態で面接に臨むと、面接官も、求職者のキャリアに一貫性のない異動があるので気になります。だから、必ず面接で問うことになります。何故なら、面接官は「能力不足で不本意な異動させられたのでは?」「だから転職を決意したのでは?」と疑ってかかるからです。

こんな場合でも、異動の経緯を別角度から説明することで「ポジティブ方向」に持っていくことが可能です。

たとえば、「顧客の視点を知りたいと上司に相談したところ、営業経験も積んだ方が良いのではとアドバイスをもらった」「営業部に空きがあったので、自ら手を挙げて営業経験を積ませてもらった」「会社の最前線の仕事を肌で感じれば、今後の管理部門の仕事に活きると考え、1年間だけ営業部にヘルプに行った」などと語ればいい訳です。

あなたにとってはマイナスの出来事だったかもしれませんが、面接でこのように語ることで、「プロ意識の高いビジネスパーソンである」といった解釈をされ、プラスに転じる可能性があります。

 

面接は本音と建前が入り混じった探り合いの場である!

前述したポジティブへの言い換えは、「嘘も方便」といったところがあるかもしれませんが、明らかな「嘘」とも言い切れません。というのも、本当に能力不足で飛ばされたのかどうかは、自分にも分からないからです。となれば、異動をどう捉えるか、それは自分次第ということになりますよね。

面接なんてのは、本音と建前が入り混じった探り合いの場です。
何でも馬鹿正直に本音で語っても内定は取れません。

だから、ポジティブ返還は必要不可欠なんですね。
結局、前向きな発想の人は、採用の現場でも高い評価が得られますからね。

それ故に、答えにくい質問に関しては、聞かれないことを祈るのではなく、「面接で必ず聞かれる質問」だという発想を持ち、模範解答を準備しておくことが大切です。

この対策の是非が、面接の明暗を分けます!

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  2. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  3. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  4. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  5. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  6. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  7. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  8. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!